トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 城山245mトレッキングレポート:トップページ大川山1043m再び »

二子山

Apr.24, 1997 散策気分で登れる山

公渕森林公園に属する二子山はその名のとおり二つの整った形の頂を持つ小山です。森林公園の遊歩道に全山指定され、整備が進んでいますので誰でも手軽に登れる山として人気があります。この二子山に新緑の4月に登ってきました。

二子山:イメージ1

二子山は公渕森林公園の南端に位置しバスで行く場合は築港発のコトデンバス東植田線で終点の回転場下車徒歩15分、車の場合は公園の第7駐車場に車を置いてすぐです。登り口はいくつかありますが、今回は最も駐車場から便利な登り口を選択します。駐車場から少し来た道を戻り右折するとすぐに標識があり、ここが登り口です。この付近にはつつじが多く、嫌がおうにもハイキング気分を盛り上げてくれます。

すこし登っていくとカエデやクヌギの木のトンネルになっており晴れた日には黄緑色がとてもきれいです。道が二股に分かれていますがここは上りを選択します。もう一方の道は別の登山口から来ているものです。南斜面の開けたところにくると讃岐山脈が一望できとてものどかな眺めです。耳をすますと、ウグイスやメジロのさえずりが聞こえ心休まる時間です。気分よく歩き続けると二子山の鞍部に出ます。ここは登山道の交差点になっており南に行くともと来た道、西に行くと二子山西嶺(180m)、東に行くと東嶺(190m)、北に行くと別の登山口(北口)に続いています。ここには消火栓が配置され、さすがに公園の中であると感心させられます。

二子山:イメージ2

まず、西嶺に行ってみましょう。3分ぐらい登ると、展望台が見えてきます。この付近はちょっと開けた場所で、お弁当を持参していればここで食べるのが最もよろしいかと思われます。展望台はとてもりっぱで香川県の意気込みが伝わってきます。眺望は極めてよろしく、公渕の全容、上佐山、屋島、白山、讃岐山脈とすばらしいの一言に尽きます。公渕公園からちょっとの時間で讃岐平野を一望出来ることを考えれば登らないと損、といった感じさえします。ここまでのコースタイム15分。休憩の後に、いったん下って今度は東嶺に登ります。こちらも3分程度で鞍部から登れますのでまったく手ごろです。こちらも整備されています。特に数の多いつつじの奇麗さには公渕芝生広場の花々と比べても見劣りしない感動を覚えました。こちらにはちょっとした芝生もあり休息するのには悪くありません。ただし眺望は西嶺の方がややよいようです。

二子山:イメージ3

下りは鞍部まで行って北におりて中腹を西にまいて登ってきた登山口に降りました。全行程45分といったところでしょうか。二子山は登山というよりも遊歩道の一部といった方が的確で、ほとんどの方が息も上がらずに登れるはずです。それだけにゆっくり自然観察でもしながら散策気分で登って欲しい山です。

-DATA-

場所:
香川県高松市東植田町
周辺:
公渕森林公園
ビール:
公園口に上原酒店。
食事:
公渕公園口「カフェナッツ」でホットサンドなどどうぞ。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る