トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 前山643mトレッキングレポート:トップページ大滝山946m »

ランプロファイアー岩脈

Feb.20, 1997 ランプロファイアー!?

みなさん。ランプロファイアーとは何かご存じですか?ランプロファイアー岩脈などといわれるので、地学の用語であることは想像がつくのですが言葉が怪しいだけに謎を呼びます。場所は大川郡の白鳥町の海岸にあるそうです。ファイアー?炎?僕は何度もこの辺りを通ってるんですが行ってみたことは無かったんです。それで、平日の午後なんですが急遽行ってみることにしました。

国道11号線をまずは走ります。高松方面からですと、途中でモスバーガー三本松店にでも立ち寄って、テイクアウトしていきましょう。白鳥町もそろそろ終わりかな?というところで、「白鳥どうぶつ園」の看板が出ています。そこを左に入ります。いや、正直に言いますと、「ホテルはくちょう」の看板を目印にした方がいいです。なんといってもランプロファイアーは「ホテルはくちょう」の隣なんですから。というわけで、以降、「ホテルはくちょう」の非常に細かい、丁寧な誘導看板に従い、海に向かいます。で、いよいよ海!というところにホテルがあります。昼間に来ると誤解を受けそうです。夜こそですが。(彼女彼氏に誤解されぬよう。)駐車場が奥に3台分ぐらいありますので、そこに止めて出発しましょう。レンタルのニッケンですが公衆トイレもあります。

ランプロファイアー岩脈:イメージ1

遊歩道が整備されています。まずは、ドーンと階段があります。これが金を相当かけている遊歩道で、階段が丸太でできてるんですが、その丸太にすべり止めのラバーまで貼っています。すごい。ふーふー登ると道は二手に分かれていて、左側の下る道を行くとランプロファイアー岩脈、右に行くと展望台です。気になっているランプロファイアーに先に行くことにします。階段を下ると海岸沿いのきれいなコースで、山側にはツバキやウバメガシが植えられていて、整然としています。少し行くと休憩所があり、海を見ながらお弁当など最高でしょう。但し、本日は強風波浪注意報発令中で厳しい環境です。

ランプロファイアー岩脈:イメージ2

さて、いよいよ問題のランプロファイアー岩脈です。あまり期待しすぎるのもなんだな、という気分で落ち着いて臨みました。案内板に解説文がありましたので要約させていただきます。「黒と白のストライプ模様の岩脈のうち、白色が黒雲母花崗岩で黒色がランプロファイアー。煌斑岩と訳し、Lamprophyre と書きます。花崗岩の隙間にこのランプロファイアーが入り込んでこのシマシマ模様ができた。」とのことです。しかし、どうやって入り込んだかまでは書かれてません。取りあえず実物を見てみます。海の端の岩場というか磯というかをしばらく進むと、ありました。おおーっ、見事なストライプ。ふむふむ、この真っ黒いのがランプロファイアーなんだな。これは世界的にもとてもめずらしいものだそうで、国の天然記念物に指定されています。この縞模様が全体で20ぐらいあり、沖の一子島、双子島にもあるそうです。まぁ、とにかくめずらしい黒い岩なのでした。一見の価値ありますよ。

ランプロファイアー岩脈:イメージ3

トレッキングコースはまだ続きます。途中の分かれ道まで戻って、展望台へのコースを取ります。ウバメガシの林間コースで、クスノキなんかもあります。高いところをトンビが飛んでいます。道はなだらかに登っていて、階段の所をえいと登ると三角点のある見晴らしの良いところに出ます。そこから展望台まではわずかです。もうひとふんばりして展望台までくると最高の景色です。御影石の方位版があり、小豆島などがよく分かります。そこにも休憩所がありお弁当によいでしょう。

-DATA-

場所:
香川県大川郡白鳥町

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る