トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 八丁山532.9mトレッキングレポート:トップページ壇特山631m »

雨滝山253m

Feb.9, 1997 昼寝とビールは雨滝山

雨滝山253m:イメージ0

天気がいい。こんな日はビールを飲んで昼寝に限る。ビール、ビールと冷蔵庫へ。あっ、ないやん。しもた話や。しゃーないんで買いに行くことにする。しかしまぁ、外に出るなら飲むのも昼寝もお日さんの下でと思いはじめる。今日の予想最高気温は13度。2月としては気持ち悪いぐらいの温かさだ。よっしゃ、手身近なところで雨滝山や。ということで、津田、大川、寒川の三町にまたがる独立峰、雨滝山に出向くことにした。

雨滝山の登山口は各町から1ルートづつ、計3ルートあるが、今回はもっとも登山道らしいとされる津田町からのルートを取ることにした。寒川町から津田川沿いに北に向かい、津田町に入ってしばらく行くと城北橋が見えてくる。そこで酒屋さん発見!1本でいいので自動販売機で買う。目に止まったのが「ファーストレディー」。CMに出ている女の人が最近気になっていたので、関係はないけどこれにする。プリティーウーマンの曲のあれですよ。ビールも調達できたのでいよいよ登ることとして、車を橋を渡って右に行ったところの道の脇に停車する。いや、駐車する。

雨滝山253m:イメージ1

最初登り口がわからなかったが、「雨滝石鎚参拝案内」のしろい案内板があるので助かった。民家の中の車道をいくと、「雨滝山登山口」の案内がある。さて登りだ。しかし、コンクリート舗装路を登って驚いた。雨滝山のふもとは、高松東道路かなんかのルートになっていてすさまじい工事中だ。山谷の肌が剥ぎ取られて、赤土を見せている。幸い、日曜日の今日は工事をしていないので静かだが、平日は通れないかもしれない。どうしても必要な道路なのかなーと工事現場を横切る。登山道は工事の都合で作った「安全道路」になる。傾斜のきついコンクリートの道で歩きづらい。それをこえるとやっと登山道らしい道に出る。

雨滝山253m:イメージ2

しばらく登るとベンチがひとつ。休憩をする。お腹があんまり減ったので、オールレーズンを3枚食べる。おいしいですよね、これ。ファンが多いのもうなずける満足感だ。続いて登るとぐねぐねとした登りが続く。飽きたころに金毘羅大権現に到着。その横をパスしてひたすら登る。登山口から20分ぐらいだろうか、周りがうっそうとしてくる。アラカシかなにかの樹林帯だ。ウバメガシ、いわゆるバベも目立つ。道のわきの林には岩がいくつか目に付く。昔、城跡だったとかでそのなごりだろうか。それにしてもカラスが多い。グギャーグアーという汚い声なのでハシボソガラスだろうか。30羽ぐらいいる。その横を「うっとしいのー」といった感じでトンビがくるりと飛んでいるのが印象的だ。

雨滝山253m:イメージ3

しばらく急坂を歩く。やがてお堂が見えてくる。おっ、これが頂上か?と見るとまだ奥に道がある。ここは信者の方が護摩だきをする神聖な場所だ。奥に進むと、怪しいものを発見。レールがある。ふもとから伸びてきているらしい。みかん畑にあるあれだ。お猿の電車みたいなのが走るのだろう。モノレールですな。しかし、これはなんのために・・・護摩をたくときの修験者の人がどっかと座ってやってくるのだろうか?いかん。神聖な場所なのだここは。けど、「はんにゃはら・・」と言いながらこのモノレールで登ってくるのなら僕は絶対見に来るぞ。

雨滝山253m:イメージ4

山頂まではもうすぐだ。おじぞうさんのお堂があり、その横に白い椿が咲いている。山頂はけっこうゆったりとしている。看板が立っていてよく読むとここは、雨滝城跡でその昔、安富氏が支配していた山城らしい。津田湾を一望できる、天然の要害だったようだ。看板を眺めていると、寒川町側から登ってこられたご夫婦が登場。話を聞くとそのルートは途中まで車が入れるため10分ぐらいしか登らないとのこと。それにしてもお二人で楽しそうだ。里山ハイクはこうありたい。というわけで写真を撮らせていただく。

雨滝山253m:イメージ5

さて、いよいよビールを飲もう。あっ、予想以上の暑さにビールが温かい!あちゃー。残念であるがファーストレディーを飲む。うん。それなりに旨いぞ。つまみは、「カライーカ」と津田湾の眺めだ。こうしてみると津田の松原も、そう広くないことが分かる。かつては遠海漁業で栄えた津田港もなんかひっそりしている。酔いがまわってきて昼寝をすることにした。芝生が生えているので地べたにごろり。んー、日差しが暖かいよ。気持ちいい・・・気が付いたのは1時間後、ふたりっこに出てくるような小学生の姉妹の「人がねてるよー、おかあーさーん!」の声であった。

-DATA-

場所:
香川県さぬき市津田町・寒川町・大川町
タイム:
登山口 -(15分)- 金比羅 -(20分)- 頂上
周辺:
津田の松原
ビール:
城北橋の近く酒屋あり
温泉:
津田の松原に温泉あり。タラソテラピーもできるぞ。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る