トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 由良山洞窟探検登山トレッキングレポート:トップページ筑波山・最後の紅葉 »

大川山1043m

Autumn, 1996 お気楽度MAX。

香川県の最高峰は竜王山。これは有名。じゃあ二番目はとなると・・琴南町の大川山になる。(間違ってたら至急メールを) 数少ない1,000m峰の一つである。「だいせんさん」と読む。時間は昼前。地図を見るとどうも山頂の真下まで舗装されているようだ。ということで出動。竜王山にせよ、大滝山にせよ車で行こうと思えば行けちゃうのが阿讃山脈のつらいところ。いいところ。今回はオレンジジュースとポテトチップスとキャラメルコーンを持っての眺めのいい景色を求めてのハイキングだ。ついでに旨いうどんも食ってこよう。

大川山1043m:イメージ1

高松を11時半に出発。車は一路綾上方面へ。さぬき新道から中讃大規模農道に入って県道17号線へ。途中、首切峠という伝説のありそうな峠を越えて、国道の438号へ。ここが琴南町だ。うどん屋があるが閉まっている。残念。まだあるだろうと、目的の登山口へ向かう。美合方面へ南下すると「大川山キャンプ場入口、大川山登山口」の白い看板。うどん屋が気になりつつも細目の登り道に車を向ける。少しいくと、あららー、もう結構細い林道風の道。とてもこの先うどん屋がいや、何屋だろうがあるとは思えない。ポテトチップスとキャラメルコーンで飢えをしのぐと心に決め、ほぼ一本道の道を進む。けっこう坂は急め。凍結時は細心の注意が必要。4WDで臨みたい。何度かグネグネ行くとパッと平野方面の視界が開ける。道は尾根沿いに付けられていて、右に左に景色は良好。ただ、ガードレールが無いところもあるので夕方など視界の悪いときは危険だ。ずんずん行くとヘアピンカーブの内側に「大川山荘」の建物を発見。まだ建築中のようで誰もいない。ふと見上げると、山の上に天文台らしき建物が!近づいてみると・・・??。英語の草書体みたいなのでなんか書いてるけどわからん。すみません。そうこうしてるうちに車は「大川山キャンプ場」の駐車場に着いた。

大川山1043m:イメージ2

これまでの細い道の展開から誰がこんな施設の存在を想像しただろうか?ログハウスの展示会場のようである。琴南町の威信を賭けた施設であろうか。自然学習館もある。コテージは約10。ただし建設中のものがいくつもある。この日も棟上げをやっていた。当然だがもち投げはない。貸し出しの用具も豊富である。手ぶらできても大丈夫。キャンプ場は斜面にコテージ、テントサイトが設けられていて、夏場は杉やブナのなかで森林浴が楽しめる。キャンプ場の入口には立派な松が2本あり、小鳥達の憩いの場になっていた。山頂へはキャンプ場の真ん中をつっきると近道。

大川山1043m:イメージ3

んー、山頂は何処?と考えながら神社のほうへ。ん?なんと神社の社が建っているところが山頂らしい。確かに、そばに各登山サークルの「登りました看板」が密集している。となると、拝むとこが山頂なのだな。とりあえず登って(階段4つ)参拝する。が、賽銭を持っていない!千円札を入れるわけにもいかず、気持ちだけの参拝。どうもここは安産と雨ごいの神様のようだ。6月には念仏踊りもあるらしい。車で来た限りでは登山気分は出ないです。そうそう、途中下から犬と子供を連れて登っているグループを見ました。そうなるとけっこうハード登山だ。

大川山1043m:イメージ4

山頂付近を後にして、車で少し手前にあった「展望テラス」とやらに向かう。松茸が生えそうな林の中の遊歩道を行くと、ありました。「展望テラス」。おおーっ!讃岐平野の西部が一望。満濃池が地図で見たとおりの形で見える!!その隣には国立の建設中の満濃公園も。工事中とはいえちょっと地面が露出気味ではないかい?その向こうには象頭山の金比羅や讃岐富士が見える。水蒸気の量が少なければ瀬戸内海まで見渡せるだろう。景色を堪能して、また細い道を帰る。今日は塩江のカブト虫温泉に入って帰ろう。そして旨いうどんの代わりに「山かけそば」を食うのだ。

-DATA-

場所:
香川県仲多度郡琴南町
交通:
マイカーで行こう!
食事:
持参をお奨めします。美霞洞温泉付近に郷土料理あり。
温泉:
美霞洞温泉など

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る