トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


Bowen島 二つのトレイル

Mar.17, 2001 ファンキーな小島を探検

Bowen島 二つのトレイル :イメージ1

Bowen島
前回ご紹介したKillarney湖のハイキングに続き、今回は4Kmの短いDorman Pointトレイルと17Kmの長いうえに標高差もかなりあるMount Gardnerトレイルをご紹介していこう。まずは、Dorman Pointトレイルへ向かおう。入り江の先にあるSnugピクニックエリアへと進む。たくさんの小さな店の裏、Government Roadを少し上り、左に行ったところからアクセスできる。Dorman Pointトレイルはピクニックテーブルのある所をすぎ、2Km離れた岩の絶壁の急な坂へと続く。Whytecliffe公園は本土のまん前で、天気が良ければEdmowment Lands大学は、遠くからでも見えるはずだ。来た道を帰るのも良し、またRobinson RoadとDorman Roadで違った散歩を楽しむのも良し。

続きを読む "Bowen島 二つのトレイル" »

Bowen島 Killarney湖ハイキング

Mar.10, 2001 ファンキーな小島でハイキング

Bowen島 Killarney湖ハイキング:イメージ1

ウエストバンクーバーの先に浮かんだこのファンキーで小さな島、Bowen島を訪れるのはいつも楽しい。3,000人程の住人達は、この5,260ヘクタールの岩のかたまりを家と呼ぶ。バンクーバーから手軽に訪れることのできるBowen島にはカヤッキングの機会を加え、とても良い三つのハイキングトレイルがある。全てのハイキングはフェリー乗り場からスタートでき、ほとんど年中アクセスできる。ハイキングの後、惜しくもフェリーを見逃してしまった?!でも捨てたものじゃない。パブ、Bowen Island Neighbourhood Pub ((604)947-2782) があなたを歓迎してくれる。そしてカプチーノ、アイスクリームなどハイキングの後のご褒美はフェリー乗り場から少し歩いたところの店にある。ハイキングで疲れていてもそんな理由ならもうひとがんばりできるから不思議だ。

続きを読む "Bowen島 Killarney湖ハイキング" »

イーグルウォッチング

Dec.15, 2000 鷲の雄姿

北アメリカのほぼ半数に上る白頭鷲 (Bald Eagles) を魅了するのは1年ごとに産卵のために訪れるピンクサーモンだ。その白頭鷲に引きつけられるかのように人々はここSquamish川に集う。バードウォッチャーでなくともこの白頭鷲の雄姿、自然の厳しさと美しさに感動を覚える。かつてブリティッシュコロンビア州に住む白頭鷲は、絶滅の危機にさらされた。このブリティッシュコロンビア州に住む12,000の鷲に冬、アラスカ、ユーコン、アルバータ、遠くはワイオミングやアリゾナから訪れるものを含めると 30,000にも膨れ上がる。バンクーバーとウィスラーのちょうど真中に位置するSquamish川は特に多く、この孤独な鳥達を引きつけワンシーズンに 3,766もの数となる。

続きを読む "イーグルウォッチング" »

Newcastle島

Aug.29, 2000 夢のような島で週末を

全てのことを忘れてのんびりしたいなあ!というあなたにはNewcastle Island Marine公園がお薦めだ。Newcastle島はバンクーバーがある本土とビクトリアのあるバンクーバー島の間に浮かんでいる小さな島だ。バンクーバー島のダウンタウン、Nanaimoから沖合いに出たところ。306ヘクタールのこの島は、一泊旅行さらには日帰り旅行にも最適な場所だ。他の場所とは違い、車でくりだすより公共交通機関で向かう方が早く、しかも安上がりだ。

続きを読む "Newcastle島" »

Horne湖 洞窟探検

Jul.25, 2000 秘められた世界へ カナダ バンクーバー島 Horne湖洞窟

Horne湖 洞窟探検:イメージ1

これまで洞窟探検は秘められたスポーツだったが、近年アマチュア冒険家によって注目を浴び始めている。1,000以上の洞窟を誇るバンクーバー島は海岸洞窟探検家の舞台となっている。新米洞窟探検家達は、ここHorne湖の網状にはりめぐらされた洞窟をチェックしてみよう。1912年、地元の地質学者によって発見されたHorne湖の洞窟は12万年前のものと推測される。7つに分かれた洞窟を見ていくとしよう。Main洞窟とLower Main洞窟は1939年、アマチュア探検家によって再発見された。そして何千年もの月日を費やし育つ洞窟を傷つけ、お土産にと収集していった。一番最近発見されたRiverbend洞窟は同じようなおろかな行為から守り、傷ついていない部分をそのままに保存する為1971年に公開が打ちきられた。

続きを読む "Horne湖 洞窟探検" »

キャピラノキャニオン散策

Mar.04, 2000 二つの顔を持つキャピラノキャニオン

キャピラノキャニオン散策:イメージ1

バンクーバーの観光地として名の知られたキャピラノキャニオン。だが、そうした観光客で賑わうキャピラノキャニオンと地元の人達に知られ別の顔を持つキャピラノキャニオンがある。地元の人達は込み合い、下手をすると趣のない前者を避け、川に沿って歩いたり走ったり、峡谷を探検できる多雨林の中で楽しむことを好む。あなたも今日は、そんな地元の人と混じってキャピラノキャニオンの別の顔を楽しんでみよう。

続きを読む "キャピラノキャニオン散策" »

ページのトップに戻る