トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


比良山トレッキング CoursⅣ

Jan.13-14, 2001 イン谷~大山口~ロープウエィ比良山頂駅~八雲ヶ原~武奈ヶ岳~ワサビ峠~ワサビ谷~中峠~奥の深谷~金糞峠~青ガレ~大山口~イン谷

比良山トレッキング CoursⅣ:イメージ1

今日は雪山のミニ縦走。無雪期ならば少し行動時間が長い程度で別段なんでもない気持ちの良い日帰りコースだが、もう比良は雪山シーズンに入っている。ヴィバークの準備から服装まで完全な雪山装備で山には入らなければいけない。いつもの如くイン谷に車を止め装備を調えて出発。イン谷の出合いを左に進みゆるやかな坂を登ること20分。大山口へ到着。ここでアウターの中に着ているフリースを脱ぎこれからの急登に備え一休み。大山口からダケ道へ。ダケ道はイン谷から出発のルートとしては、もっともメジャーなルートではないだろうか。歩く人も比較的多く、踏み後もしっかり付いているし標識も多く見かけるので比良山を始めて歩く人はこのコースを歩いてみれば良いだろう。ロープウエイ山上駅へは最短コースで、比良山系の特徴が良く判るコースだ。今日の一番の狙いは比良山系最高峰である武奈ヶ岳。天気は下り坂との事なので天気が崩れる前に武奈頂上まで登っておきたい。

続きを読む "比良山トレッキング CoursⅣ" »

比良山トレッキング CoursⅢ(スノーシュートレッキング)

Jan.07, 2001 八雲ヶ原~奥の深谷~金糞峠~シャクナゲ尾根~ロープウェイ山頂駅

比良山トレッキング CoursⅢ:イメージ1

ようやく比良にも結構な雪が積もったと比良山の対岸の彦根に住むM子から嬉しいメールが入ったのは昨日だ。山頂のスキー場も全面滑走OKとの事。居ても立っても居られず比良山へと出掛けた。さ~、スノートレックのシーズン突入だ。いつもならばロープウェイなど使う事は無いのだけれど、今日の目的は何が何でもスノーシュー。リフトとゴンドラを乗り継ぎ、あっという間にロープウェイ山頂駅到着。成る程、5,60センチの降雪量。これならば充分に楽しめるだろう。早速今日のパートナーM子にスノーシューの履き方を教え二人して雪の中に飛び出した。

続きを読む "比良山トレッキング CoursⅢ(スノーシュートレッキング)" »

比良山トレッキング CoursⅡ

Dec.23-24, 2000 堂満岳~金糞峠~比良ロープウエィ山上駅~カラ岳~釈迦岳~イン谷

比良山トレッキング CoursⅡ:イメージ1

今日はテントを背負っての比良山系のミニ縦走。世の中はミレニアムクリスマスだと浮かれている言うのに、我々と言えばいつもの代わり映えしないメンバーでの野遊びである・・・・・・

続きを読む "比良山トレッキング CoursⅡ" »

比良山トレッキング CoursⅠ

Dec.12, 2000 イン谷~釈迦岳~カラ岳~比良ロープウエイ山上駅

比良山トレッキング CoursⅠ:イメージ1

比良山とは琵琶湖の西岸に位置する南北20数キロにわたってのびる山脈の総称である。1000メートルを超える峰を15峰擁し、滝や渓流、湿原、ガレ、ブナの原生林など地形の変化に富んだ各コースは、リフトやゴンドラを乗り継ぐと手軽に山頂に向かう事が出来る事もあり誰もが体力や好みに応じて存分に四季折々の自然を楽しむ事が出来る素晴らしい山である。僕などは夏は沢、冬は雪、ある時は縦走を楽しんだりと一年を通じて比良山を存分に楽しんでいる。

続きを読む "比良山トレッキング CoursⅠ" »

霊仙山1083.5m

Sep. 20, 2000 遭難注意!霊仙山歩きの巻

06:30 頃に家を出る。最近は真面目に早起きしてますが、どっこいここは帝都23区内、今回の目的地は何故か滋賀は琵琶湖の西の霊仙であります。本当は前夜発の大垣行き夜行列車に乗り込んで 07:00 辺りからのんびり行こうと思っていましたが、職場でトラブルによる居残りを命ぜられ久々の午前様。しかも 05:00 起床のつもりがやっぱり寝坊で 06:00 にようやく活動開始。名古屋までの新幹線は爆睡した次第。

続きを読む "霊仙山1083.5m" »

ページのトップに戻る