トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


小佐渡小木町矢島・経島小佐渡小木町矢島・経島

Nov.2, 2003 乗ってみようたらい舟

小佐渡小木町矢島・経島:イメージ1

佐渡といえば荒海!荒海と言えばおけさ!たらい舟には観光客相手だろうと恥ずかしがらずに、騙されたと思って乗ってみることをオススメします!!というわけで、たらい舟おすすめスポットの御紹介です。佐渡では、あちこちでたらい舟に乗れますが、小木町の矢島・経島の美しさには眼を疑います。かく言う私は、実は佐渡の言い伝えや歴史をひも解いてみた時に矢島・経島が大変興味深かったので足を運んでみたのですが、偶然にたらい舟を試してみて二度びっくり!というグリコのおまけ状態だったので御紹介させていただくことにしました。

続きを読む "小佐渡小木町矢島・経島小佐渡小木町矢島・経島" »

お酒とお水と貉の話し

Nov.02, 2003 真野貉解析

お酒とお水と貉の話し:イメージ1

突然ですが何を隠そう、佐渡島の真野は「アルコ~ル共和国」(←「~」がポイントっぽい)という名前がついてるのです。始めはその意味が理解できなくて悩みましたが、酒蔵が三つもあり、そのうちの一つは新潟県で初めて酒蔵見学を始めたらしく、アルコ~ル共和国として独立(?)したとか・・・。実際、町の境界には「アルコ~ル共和国国境」と書かれた看板もあるし、大統領もいるという徹底ブリ。真野は、佐渡島のおおよそ西のくびれちょっと下に位置している町です。平成16年3月に佐渡市になってから真野町という名前は消えてしまいましたが、車で佐和田の海から350号を南下してゆくと、自然に真野の市街地に出るので道は簡単です。

続きを読む "お酒とお水と貉の話し" »

金山の町 相川

Nov.01, 2003 日本の縮図佐渡を歩こう!

金山の町 相川:イメージ1

江戸時代、金山によって爆発的な隆盛を誇った佐渡島の相川を御紹介したいと思います。相川の町は金山と港、羽田城を結んだ一辺が1程の三角地帯に広がります。この小さな土地に一時期二万人もの人々が夢を抱いて集まっており、その賑わいは地鳴りを引き起こしたという話しさえ聞きました。明治時代には一時相川県でさえあったとか・・・。佐渡ガ島はあらゆる意味で日本の縮図と呼ばれていますが、さしずめこの町は江戸にあたるのではないでしょうか。昔の人々の記憶を探しに今回はこの相川の町をくるりとまわります。

続きを読む "金山の町 相川" »

名勝天然記念物笹川流れ

Oct.21, 2003 日本海探訪

名勝天然記念物笹川流れ:イメージ1

「日本海」という「日本海」は一体どんな顔をしているのか?!気になって少し赴いてみることにしました。目的地は上越は国の天然記念物笹川流れ。もうお隣は山形県という場所に位置する浜辺です。笹川流れは全長約10キロメートル。これを海に沿って移動し、場所によって表情を変える日本海を楽しむのが今回のテーマでした。

続きを読む "名勝天然記念物笹川流れ" »

越後駒ヶ岳

Jun.11, 2003 越後三山の盟主へ

越後駒ヶ岳は、八海山・中ノ岳とあわせて越後三山(または魚沼三山)と呼ばれている。山容のすばらしさと豊かな高山植物で三山の中では最も人気の山である。豊富な雪は谷を削り、水無川や佐梨川にはV字谷や岩壁群があります。また、山頂からの眺望はすばらしく、飯豊連峰から弥彦山、尾瀬方面まで見渡すことができる。

続きを読む "越後駒ヶ岳" »

小佐渡小木町宿根木集落

Nov.02, 2002 歩いてみよう佐渡

小佐渡小木町宿根木集落:イメージ1

佐渡を訪れる時にお薦めしたいのがここ小木の宿根木です。相川が佐渡の江戸ならば、こちらは・・・なんでしょう?港町です。エンジンのついた船が出る前に隆盛を誇った千石舟の歴史がつまっています。金山の隆盛時、佐渡の財宝の三分の一がこの宿根木にあったと言われています。国定街づくり(重要伝統的建造物郡保存地区)に指定されていると聞き、その船大工の技が活かされた建築物と町並みを是非訪れなければならんと小木に車を走らせました。

続きを読む "小佐渡小木町宿根木集落" »

巻機山

Oct.21, 2001 紅葉の山でのんびりする

巻機山:イメージ1

巻機山の米子沢というところへ沢登りに行かないか?と誘われたのだが、沢登りをしたことがない私は沢用の靴を持っていなかった。しかし、上越の山々は今ごろ紅葉でキレイだろうなあ、と思い、山岳会の仲間達とは別行動でハイキングコースをたどることにした。前日、関越自動車道を走り、塩沢石打ICで高速を降りる。国道291号線を30分ほど清水を目指して走れば、巻機山の登山口だ。国道291号線から「巻機山登山口」の看板を目印に、林道を上がっていく。やがて駐車場が見えるが、1日1台500円となっている。水洗トイレに水場、近くにはキャンプ場も用意されている。土日は警察官が登山道入り口で指導を行っているので、ここで登山届を提出していこう。

続きを読む "巻機山" »

湯沢高原

Jun.17, 2001 珍しい高山植物咲く高原を歩く

湯沢高原:イメージ1

新潟県の湯沢町は苗場やガーラ湯沢がある町で、スキーヤーには説明の必要がないところであるが、雪の無い季節に訪れたことが無い方も多いと思う。しかし、夏にガーラ湯沢手前のロープウェイで湯沢の街や上越国境の山々を眺めながら登ると、そこには国内外の珍しい高山植物を楽しみながら歩くことが出来る場所がある。ヒマラヤでしか見られない青いケシが咲き始めたということで訪ねることになった。

続きを読む "湯沢高原" »

ページのトップに戻る