トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


秋の尾瀬沼・大清水平 後編

Sep.22, 2002 クサモミジと紅葉の静かな湿原を歩く

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ1

『秋の気配近づく道を登り尾瀬沼を目指す』に続いて、秋の尾瀬沼周辺を歩くルートを紹介する。三平下からは尾瀬沼の南側のほとりを西へと向かう。最初は水辺に近い所を歩く。燧ヶ岳が沼の向こうに見え、東北東の方角に大江湿原が見える。木々は緑の葉が多いが、ところどころで黄色く染まりはじめ、ナナカマドの赤い実も見られる。木道の脇では、夏に白い花を咲かせていたゴゼンタチバナが赤い小さな実を結んでいる。ただ、尾瀬沼南岸の木道は沼側が低く傾いている箇所が多く、転んで木道をはずれると沼まで落ちていってしまいそうなところもあるのでまわりの景色に見とれて踏み外したりしない注意が必要だ。木道は1列になっている箇所が多く、ところどころですれ違いのために、2列になっている。左は富士見峠方面と示す道標が現れる。ここが目的地のひとつ、大清水平への道の入り口となる。

続きを読む "秋の尾瀬沼・大清水平 後編" »

秋の尾瀬沼・大清水平 前編

Sep.22, 2002 秋の気配近づく道を登り尾瀬沼を目指す

秋の尾瀬沼・大清水平 前編:イメージ1

秋の尾瀬の湿原がクサモミジに彩られる頃、尾瀬の中でもあまり人が立ち寄らない、静かな山歩きを楽しめるコースを歩いてみようと思い立った。今回は、尾瀬沼の群馬県側の入山口である大清水から入って、尾瀬沼の南側の三平下からは西へと向かう尾瀬沼南岸道を通り、途中で南へ少し登って大清水平という小さな湿原へ行き、戻って再び西へ向かい、小沼湿原を経て沼尻へと出ようというコースである。大清水からの道は尾瀬へ入る主要3ルートの内、もっとも利用者が少なく、また尾瀬沼の南岸コースも利用者が少ない。湿原の植物が木々の紅葉と同じように色づく”クサモミジ”が見頃になり、木々も紅葉を始めていると聞いて出かけることとした。

続きを読む "秋の尾瀬沼・大清水平 前編" »

秋の尾瀬ヶ原 前編

Sep.21, 2002 リンドウ咲きクサモミジに彩られる湿原

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ1

秋の花々が終わりに近付く、9月中旬から下旬の頃、尾瀬ヶ原の湿原はクサモミジが見頃となる。クサモミジを見ても山歩きを始めたばかりの方は、湿原の草が枯れているだけじゃないかと思ったりするようだが、木々の紅葉とおもむきが異なるクサモミジの微妙な色合いは美しい。そのクサモミジの中にエゾリンドウがつつましく紫の色を添える。湿原の奥にはヤマドリゼンマイが緑から鮮やかな色を付け、小さなナナカマドの木が赤く染まり始める。この湿原の印象は、文章で読むより、見て頂かないと分かってもらえないかも知れない。私はこの時期の連休に数年前から照準を合わせて計画を練っていて、ようやく今年、クサモミジ真っ盛りの尾瀬ヶ原を訪れる機会を持つことが出来た。

続きを読む "秋の尾瀬ヶ原 前編" »

秋の尾瀬ヶ原 後編

Sep.21, 2002 青空に映える至仏山を見ながら湿原と紅葉し始めた林を歩く

秋の尾瀬ヶ原 後編:イメージ1

『リンドウ咲きクサモミジに彩られる湿原』に続いて、秋の尾瀬ヶ原を歩くルートを紹介する。山の鼻から東へ進んで最初のあたりの湿原は、東に川上川の拠水林があるので視界をさえぎられている。木道の両側にクサモミジが広がり、エゾリンドウがあちこちに咲いている。林の中では小梨の赤い実や、植物の名前は分からないが赤い実があって秋を感じる。林を抜けると視界が広がり、目指す東の方向に燧ヶ岳が見える。木道の両側にいくつも池塘がある。池塘に浮かぶヒツジグサの葉はまだ紅葉を始めないようだ。上田代から中田代に掛けては、池塘のそばにレンゲツツジやナナカマドの低い木があって、葉っぱが赤く紅葉を始めている。ナナカマドの葉はまだ緑のままの葉も多いが、オレンジや赤に染まり始め、ナナカマドの実はいち早く赤くなっている。牛首三叉路では直進する道と、左斜めへ向かう道があるが、直進を選ぶ。初夏に至仏山を背景にミズバショウが群落を作る下の大堀川の水辺ではコナシが赤い実をいっぱいに付けている。来た道を振り返るとクサモミジの湿原が続く向こうにゆったりと裾野を広げた至仏山が見える。

続きを読む "秋の尾瀬ヶ原 後編" »

裏妙義 丁須岩~三方境

Oct.20, 2001 奇岩、奇形の日本三大奇勝の妙義山

裏妙義 丁須岩~三方境:イメージ1

群馬県と長野県の境にある妙義荒船佐久高原国定公園には日本三大奇勝の妙義山がある。安山岩質の集塊岩や溶岩が侵食によって形成された山々は、奇岩、怪石の不思議な場所で、赤城山、榛名山と共に上州三山の一つとして名を通している。妙義山には表妙義と裏妙義があり、表妙義には中之岳神社付近の石門めぐりや、関東ふれあいの道、稜線縦走コースなどがある。裏妙義のシンボルは、丁須岩にある丁須の頭で、見た目が漢字の丁の形をしているので丁須岩と呼ばれるようになったようです。裏妙義の丁須岩に登る登山ルートは国民宿舎裏妙義の駐車場を利用して、丁須岩、もしくは裏妙義を縦走して国民宿舎に戻る人が多いのですが、体力や岩登りの技術が無い人にはお勧めできません。

続きを読む "裏妙義 丁須岩~三方境" »

照葉峡

Oct.14, 2001 錦繍に染まる滝と渓谷を巡る

照葉峡:イメージ1

照葉峡(てりはきょう)は利根川の支流の源流近くの渓谷であり、いくつもの滝がある。秋には渓流沿いの木々が紅葉し赤や黄の鮮やかな錦模様を織りなす。照葉峡の位置としては尾瀬の西端の至仏山の南側で、水上から尾瀬の玄関口である鳩待峠に至る道筋と言うとわかりやすいかも知れない。県道水上片品線に沿って、木の根沢が流れ、潜龍の滝と名付けられた滝から、上流のひぐらしの滝までが照葉峡と呼ばれている。今回はこの照葉峡をさかのぼって歩き、更に上流部の奥利根水源の森に至るコースを紹介する。

続きを読む "照葉峡" »

二ヶ岳トレッキング

Sep.29, 2001 読書向きの低山

二ヶ岳トレッキング:イメージ1

最寒気が流れ込んで涼しい日が続いている。久しぶりの天気、しかも明日の日曜はまた崩れるという。どこかへ行かなければ。急なことなのでまだ目的地が決まっていない。夜には仕事もあるので手軽に行けてなおかつ景色の良い山、山頂でビールを飲んで本を読む。過去の山行記録の中から十二ヶ岳を選んで出かけることにした。ザックには勿論ビールと辻まことの本を入れた。

続きを読む "二ヶ岳トレッキング" »

芳ヶ平

Sep.24, 2001 リンドウ咲く草津白根山の麓の湿原

芳ヶ平:イメージ1

芳ヶ平は草津白根山の北側のふもとに広がる湿原地帯である。群馬県の北西部の長野県に近いところになり、標高は1830mである。スノーレポート「六合村~芳ヶ平スキー行」にもあるように、冬はクロスカントリーで知られる所だ。春から秋にかけては、300種ほどの高山植物が咲く。最も花が多く咲くのは秋のリンドウらしく、背の低いオヤマリンドウと、背が高めで、花が上下に連なって咲くエゾリンドウの2種があるという。湿原の草紅葉(クサモミジ)が見頃になり、リンドウはピークは過ぎかけているがまだ見られるということなので、出かけてみることとした。

続きを読む "芳ヶ平" »

鍋割山トレッキング

Sep.08, 2001 秋の花歩き

鍋割山トレッキング:イメージ1

八ヶ岳がそうであるように、赤城山という山はない。関東平野の北部に位置し火口湖である大沼、小沼を囲む山塊の総称を赤城という。最高峰の黒檜山やスキー場のある地蔵岳が有名である。赤城南部にはレンゲツツジの咲き誇る荒山高原があり、春にはたくさんのハイカーが訪れる。その荒山高原を南北から挟む山が荒山と鍋割山である。特に鍋割山は前橋市街地からも良く見渡せるので親しみのある山である。おそらく鍋をかぶせたような形からこの名前が付いたと思うが、獅子ヶ鼻と呼ばれる台地と合わせ見るとライオンやイヌの横顔にも見える。

続きを読む "鍋割山トレッキング" »

本白根山トレッキング

Aug.25, 2001 火口跡を巡る

白根山は日本百名山でもあり草津、万座、志賀の温泉郷に囲まれた人気の山である。そのため新緑やお盆、また紅葉の季節には沢山の観光客で賑わう。冬には芳ヶ平を基点に良く遊び回っている地域だが夏はあまり近づいたことがなかった。この冬パルコール嬬恋スキー場からこの本白根山に登り火口湖のひとつ鏡池に滑り込んだ。その時に見た何処か外国の砂漠地帯のような荒涼とした火口跡の連なりを確かめたく、またさらにルート開拓するための参考に、ある程度の混雑は覚悟して草津へ向かった。

続きを読む "本白根山トレッキング" »

一ツ石山

Jul.14, 2001

一ツ石山:イメージ1

梅雨が10日も早く明けてしまい、連日35℃以上の日が続き身体は茹だりそうでまいっている。どこか涼しいところでキャンプと思い野反に出かけた。志賀高原から野反湖までの群馬~長野県境は数年前から長野県山ノ内町と群馬県六合村とで登山道の整備が行われ立派な縦走コースとなった。私も六合村山岳会と供に野反湖~大高山の草刈りに参加したことがあり親しみをもっている。

続きを読む "一ツ石山" »

浅間隠山トレッキング

Jul.08, 2001 梅雨の晴れ間の山歩き

梅雨の合間の晴天、まして週末といえば何よりも貴重な一日となる。アプローチタイム、行動時間、ロケーション、温泉等々含めどこに行こうかと思案する。悩んだ末、雄大な浅間山の裾野に広がる高原を眺め、登山口に温泉もあり2時間ほどで登ることのできる浅間隠山に決めた。アプローチも家から1時間半程だ。

続きを読む "浅間隠山トレッキング" »

ミズバショウの尾瀬ヶ原

Jun.08, 2001 尾瀬の代表的な花の時期を訪ねる

ミズバショウの尾瀬ヶ原:イメージ1

尾瀬と聞いてほとんどの方が思い浮かべるのはミズバショウであろう。”夏が来れば思い出す・・・”の歌い出しで始まる「夏の思い出」の印象や、尾瀬の観光ポスターが至仏山を背景としたミズバショウの写真が多いこともあるようだ。ミズバショウ(水芭蕉)は主に中部地方以北の日本海側に分布しているが、やせた土壌や気候のため、尾瀬のミズバショウは葉が大きくならず、花が特に美しいという特徴があるらしい。今年もほぼ例年と同じ時期にミズバショウが見頃になっていると聞いて出かけた。

続きを読む "ミズバショウの尾瀬ヶ原" »

残雪の尾瀬ヶ原

May.01, 2001 雪多く残る尾瀬を歩く

残雪の尾瀬ヶ原:イメージ1

尾瀬の5月下旬から9月は、様々な高山植物や湿地性の植物が花を咲かせ、9月下旬から10月頃の湿原の草紅葉、木々の紅葉と、私達の目を楽しませてくれる。しかし、11月から4月は雪に閉ざされ、人を寄せ付けない。積雪は3m以上になり、気温は-30度以下になるという。ようやく4月の末頃には、雪解けが進んで、雪は1m~1.5mとなり、ゴールデンウィークを前にして、鳩待峠への道も除雪され、一部のの山小屋も営業を開始する。そしてゴールデンウィークに入ると、一面雪の尾瀬ヶ原でクロスカントリースキーや、雪原歩きを楽しむ人が入山してくる。雪が無くなれば、湿原の保護のため木道以外は歩けないが、雪が1m以上残り、堅く締まっていれば、雪原をどこでも歩くことが出来るのがこの時期の魅力である。今回はゴールデンウィークに、アプローチの短い尾瀬ヶ原へ行ってみることとした。

続きを読む "残雪の尾瀬ヶ原" »

暮坂峠~川原湯温泉縦走

Jan.13, 2001 暮坂峠~川原湯温泉縦走

六合村に住む友人から暮坂峠から川原湯温泉まで稜線を縦走しようとの誘い。こんな事は地元の人間しか思いつかない。二つ返事でOKした。

暮坂峠~川原湯温泉縦走:イメージ1

中之条と六合村を隔てる暮坂峠。往時は草津温泉を結ぶ表街道にあり、ここの茶屋も賑わっていたことだろう。中之条から四万温泉方面に右折しさらに沢渡温泉に左折する。市街地を抜け30分ほどで暮坂峠に着く。土産屋を兼ねた休憩所があるが勿論この季節は閉っている。駐車スペースは充分にある。ここから尾根を忠実に南にとり1204m峰と1282m峰を結ぶ稜線を目指す。しかし私は友人宅にから歩き出したので暮坂峠を六合村方面に少し下った牧場からのルートをとった。

続きを読む "暮坂峠~川原湯温泉縦走" »

尾瀬ヶ原

Jul. 15, 2000 尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原:イメージ1

尾瀬ヶ原は尾瀬と呼ばれる地域の西に位置し、盆地状の広い湿原で標高は1400mである。湿原は東西に長く西に至仏山、東に燧ヶ岳の2つの美しい山がそびえており、季節ごとに咲く湿原の花々と山の景色が多くの人の心をとらえている。日光国立公園に含まれ、特に貴重な自然を持つことから特別保護地域に指定されている。尾瀬の地域に行こうと思い立ったら、行く前に湿原とそこに生育する植物がどれだけ貴重なものなのか、そして人が踏み込んだり、ゴミなどをすてたりすると、湿原の土壌・植物・動物に大きな影響が及ぶことをしっかり学んでから訪れたい。そうすれば、訪れたときの感動もより大きなものとなるであろう。

続きを読む "尾瀬ヶ原" »

至仏山

Jul. 14, 2000 優美な裾野を広げる、尾瀬の花の名山

至仏山:イメージ1

尾瀬ヶ原の西に見える至仏山は優美な裾野を広げ、女性的な山である。百名山の一つに数えられ、日光国立公園の最西端に当たる。標高は2228mとさほど高くないが、北に位置し積雪も多いため、頂上付近は高山帯にはいる。尾瀬ヶ原の水芭蕉やニッコウキスゲを前景とした至仏山の姿は美しい。そして、至仏山も多くの高山植物の咲く、花の山である。特に土が蛇紋岩という珍しい地質のものであり、この地質に適合した独特の植物も多い。ホソバヒナウスユキソウやジョウシュウアズマギクがそれに当たる。

続きを読む "至仏山" »

秋の草津白根山・志賀高原

Oct. 10, 1999 白根山湯釜と数々の湿原を巡る

秋の草津白根山・志賀高原:イメージ1

草津白根山は白根山、本白根山、逢ノ峰の三山の総称で、日光の白根山と区別するため、頭に草津を付けて呼ばれている。白根山は標高2138mの山で白い岩石で出来ており、現在も火山活動をしているので、山腹から白煙を上げているところがある。白根山山頂付近は危険なため立入禁止になっているが、白根山の象徴といえる湯釜には近付くことが出来る。湯釜のそばには弓池湿原という湿原があり、周辺の紅葉も美しい。志賀高原は関東から見ると、草津白根山の裏側に当たる。志賀高原には池や湿原が点在し、湿原のクサモミジや池の水生植物の紅葉、まわりの林の紅葉が池に映る様も美しい。草津白根山と志賀高原は違う県になるため、別に紹介されることが多いが、距離的に近いので今回は秋のトレッキングに適した所を合わせて紹介したい。できれば車を利用した方が時間的にはよい。

続きを読む "秋の草津白根山・志賀高原" »

谷川岳一ノ倉沢

May. 2, 1999 谷川岳一ノ倉沢

谷川岳一ノ倉沢:イメージ1

谷川岳の一ノ倉沢は、クライマーあこがれの岩壁で、黒くそそり立つその姿は圧倒的である。ゴールデンウィークの頃には、一ノ倉沢の下の一ノ倉沢出合には雪が多く残るが、そこまでの道には雪はなく、安心して歩ける。また木々の新緑は美しく、足元に咲く早春の花が多い。トレッキングを楽しんだ後、ロープウェイを使うと、天神平まで登ることができ、標高1963mの谷川岳の雪多い姿を目の前にすることが出来る。ここでは首都圏から日帰りでトレッキングを楽しみ、早春の花を見ながら、一ノ倉沢や谷川岳を眺めに行くコースを紹介する。

続きを読む "谷川岳一ノ倉沢" »

赤城山夜間登頂

Jul.25, 1998 雨中のナイトトレック

我々が中高生の頃、夜間に前橋から歩いて赤城山に登るというのが夏休みのイベントのひとつだった。部活動の仲間や友達同士誘い合って良く通ったものだ。しかし今はそんなことをする子供たちはいない。そこで高校受験に疲れた生徒たちを誘ってみると全員が「行ってみたい」と目を輝かせた。そしてこのイベントは現在も受け継がれている。ここでは記念すべき第一回の記録と供に子供たちの感想なども紹介したい。

続きを読む "赤城山夜間登頂" »

谷川岳平標山縦走

Aug. 23-24, 1997 晴れた空の下、手に食パン。幸せな時間。

谷川岳平標山縦走:イメージ0

もう夏もおわり... 毎年一度は泊まりで山に入るように心掛けておる小生ですが,今年は何処に行こうか迷っておりました.すると,勤務先に生息する謎の和猿・T氏が今まで一度も行った事がないのでこの機会に一時里帰りがしたい(注:これは作りネタです)と申し出,そんなに望むならと承諾.今回はにわかガイドとして山に入ることになりました.当初は北アルプスの秘境・高天が原温泉に行ってお猿と一緒に♪ババンババンバンバン... と,やってみたかったのであるが,東京からじゃアプローチが遠いし(富山まで行かないといけない)日程が長すぎるというので止めました.比較的近場の,二泊くらいのルートはないものか... となにげにエアリアマップを見ておると谷川に良さそうなコースを見つけました.これが今回行った谷川~平標コースであります.

続きを読む "谷川岳平標山縦走" »

ページのトップに戻る