トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


全国に散らばるフィールドライターさん達が体験したトレッキングレポートをお送りします。
全国津々浦々、ありとあらゆる所のトレッキングを中心にお届けしていますが、続々と増殖中です。海外はニュージーランド、中国が熱いです。
また、Gofield.comではアウトドアライター、特派員を募集しています。あなたが体験したレポートをぜひ掲載させてください。国内、国外を問わず随時募集中です!詳しくはライター募集を参照ください。

グローサー・アーバー

Jun.23, 2006 バイエルンの森の王に会いに

グローサー・アーバー:イメージ1

グローサー・アーバー(Grosser Arber)はドイツはバイエルン州の北東部にあり、チェコとの国境近くに広がるバイエルンの森(Bayerischer Wald)の最高峰だ。別名「バイエルンの森の王」ともいわれている。標高1456mとそれほど高くはないが、冬はスキー場にもなる山。バイエルンの森にはハイキングコースが数多くあり、森の東部に位置する「国立公園バイエルンの森」に限らずどこでも歩き回ることができる。今回は標高671mのガスト・ハウス・アーバー・ヒュッテ(Gasthus Arber Huette)を出発地点に、グローサー・アーバー山頂を目指すコース。標高差は680m、3時間弱の行程。

続きを読む “グローサー・アーバー”>>

太田薬師お手軽スノーシュー登山

Jan.30, 2005 吹雪のときは無理しない!

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ1

本日は、本当は網張スキー場から三ツ石山へのスノーシュー&テレマークツアーの予定でした。ところが、盛岡方面から現地へ向かう途中、ふだんなら雄姿を見せてくれる岩手山がまったく見えません。すっぽりと雪雲に覆われてしまっていたのです。三ツ石山は、岩手山の南西。嫌な予感120%で網張スキー場に着いてみると、案の定猛烈な吹雪でした。視界も悪く、登山は危険ということで網張スキー場でのテレマーク練習、または高度の低い盛岡まで戻り、太田薬師お手軽登山というプランが出されました。アウトドアが好きといっても負けるのも得意な私は、もちろん太田薬師プランです。

続きを読む “太田薬師お手軽スノーシュー登山”>>

秋田県八塩山・冬山登山デビュー

Jan.09, 2005 和かんじきすと登場!

秋田県八塩山・冬山登山デビュー:イメージ1

ああ、雪ってホント山だけに降ってほしい!…と心の中で叫びながら毎日の除雪に汗を流す冬のある日、秋田市内にあるアウトドアショップ風天の主催する冬山登山に参加してまいりました。

続きを読む “秋田県八塩山・冬山登山デビュー”>>

王子ヶ岳縦走

Feb.12, 2004

王子ヶ岳縦走:イメージ1

王子ヶ岳縦走。タイトルを見たらなんとも大変そうであるが、何のことはない。倉敷市と玉野市の境にあるあの標高234mの山である。しかも上まで車で行くことができるまさに観光地。しかし、きちんとした登山道が整備されていて、しかもほぼ全線にわたり瀬戸内海の絶景を望むことが出来る僕の超おススメコースがあるのだ。

続きを読む “王子ヶ岳縦走”>>

マウント・イーデン

Sep.26, 2004 オークランドでいちばん高い山

マウント・イーデン:イメージ1

「Mt. Eden(マウント・イーデン/イーデン山)」はオークランドに約50カ所ある死火山のひとつで、標高196メートルの市内で最も高い山。市の中心部から Mt. Eden Roadをひたすら走るバス(バス番号274、275、277)で約15分、「Mt. Eden Shop」で下車する。バス停周辺には、その名の通り、カフェ、雑貨、パン屋、花屋など、こじんまりとした感じのいいお店が軒を連ね、地元の人気スポットになっている。

続きを読む “マウント・イーデン”>>

ニセコアンヌプリ

Sep.12, 2004

9月12日、この日は北海道に上陸して2日目だった。天気予報では文句なしの晴れとなっていたので、以前羊蹄山に登った時に、次はあの山に登ろうと思っていたニセコアンヌプリに登ることに決めて小樽の宿を出発した。小樽からは国道5号線で倶知安まで行き、そこから道道58号線で最も一般的な登山コースであろうニセコ五色温泉のところの登山口に向かう。しかし、さすがは北海道だ。小樽から1時間30分程で登山口まで着いてしまった。

続きを読む “ニセコアンヌプリ”>>

奥穂高岳

Aug.10, 2004 日本第三の高峰、岩の殿堂

奥穂高岳:イメージ1

富士山、北岳に続き、日本で三番目に高い山が奥穂高岳、標高3,190mである。もちろん北アルプスでは最高峰である。そのけわしさ、数々の岩峰を従える姿は、北アルプスの盟主と呼ばれるのにふさわしい。天候の安定した真夏に日本第三の高峰を目指すこととした。

続きを読む “奥穂高岳”>>

涸沢岳

Aug.09, 2004 奥穂高岳と槍ヶ岳の両方の勇姿が間近に迫る

涸沢岳:イメージ1

奥穂高岳のどっしりとした山容と、槍ヶ岳へと続く北方向の眺めが楽しめるのが涸沢岳である。涸沢岳(からさわだけ)の南に位置する奥穂高岳、前穂高岳、北に位置する北穂高岳にはさまれている。穂高連峰と称される山々の中にあって、他の峰はみな穂高の名前が付いているのに、この峰には名前に穂高が入っていない。少し仲間はずれ的なこの山だが、涸沢カールから望む涸沢岳は鋭く尖る涸沢槍を従え、独特で個性のある山である。高山植物の咲き誇る夏に、涸沢槍を眺めつつ登ろうと上高地から入ることにした。

続きを読む “涸沢岳”>>

ワン・ツリー・ヒル

Jul.26, 2004 オークランドでいちばん有名な丘

ワン・ツリー・ヒル:イメージ1

アイルランドのロックバンド「U2」のアルバム『Joshua Tree』の中に収録されている『One Tree Hill』という曲をご存知だろうか。これは、亡くなったニュージーランド出身のマネージャーを偲んで作られたといわれている。今回はその曲のタイトルにもなった「One Tree Hill(ワン・ツリー・ヒル)」を紹介しよう。

続きを読む “ワン・ツリー・ヒル”>>

熊野古道・ツヅラト峠を歩く

May.29, 2004 梅ヶ谷~紀伊長島

熊野古道・ツヅラト峠を歩く:イメージ1

2003年の5月に、はじめて熊野古道(小広峠~発心門王子)を歩いたときから、こんどは別の古道も歩いてみたいと思っていました。そこで今回は、日帰りということもあり、名古屋から手軽に行けるツヅラト峠へ行って参りました。名古屋よりJRワイドビュー南紀を利用し、途中、多気で普通列車に乗り換え、 JRの梅ヶ谷で下車しました。三重県は、鈴鹿を過ぎると、急にのどかな風景が広がります。水田は青々としており、5月下旬という今の時期は、ちょうど麦を刈り取る作業をしている人が目につきました。梅ヶ谷駅は、無人駅です。梅ヶ谷駅を出発点とし、まずはツヅラト峠の登山口を目指して約1時間ほど、歩きました。

続きを読む “熊野古道・ツヅラト峠を歩く”>>

ページのトップに戻る