ツーリングレポート

サブナビゲーションをスキップ



« 赤沢峠マウンテンバイクツーリングレポート:トップページ広瀬ダム~クリスタルライン »

旧三国峠マウンテンバイク

Oct.14, 2001 錦秋の峠道を走る

旧三国峠マウンテンバイク:イメージ1

群馬県と新潟県を結ぶ国道17号線はかつて三国街道と呼ばれ越後と江戸を結ぶ主要道であった。国道の開通と供にそれはほとんど舗装道路に取って代わられたが、新潟県湯沢町と群馬県新治村の間にある三国峠は今もまだ当時の面影を残している。古碑や道祖心を巡るハイキング、三国山登山道として今も多くのハイカーが訪れている。峠から永井宿、法師温泉がそのメインコースとして親しまれているが、さらに長駆猿ケ京まで道が続いていることを6年前に発見した。その時はあまり人の歩かれていない道をヤブ漕ぎがあったり、なんと言っても道の真ん中に大きな熊の糞が落ちていてビクビクさせられた。しかし11kmものダウンヒルコースはそれにも増して魅力的だ。一人では心細いので仲間を誘い、車を利用した下りのみのお手軽自転車ツアーに出かけた。

旧三国峠マウンテンバイク:イメージ2

車利用の場合は非常に分かりやすいアプローチだ。関越道を月夜野インターで降り、そのまま月夜野バイパスから国道17号、新潟方面に北上し三国峠に着く。三国トンネルを挟んで群馬側、新潟側とも駐車場があるが、紅葉のこの時期すでに両方ともほとんど塞がっていた。峠を越えるということを意識して我々は新潟県側の駐車場に駐車した。

旧三国峠マウンテンバイク:イメージ3

登り口は大きな立て看板があり、迷うことはない。脇には馬頭観音もある。100年以上のものだ。階段状を少し上がると橋を渡り軽トラックなら通れそうなほど幅広の道となる。さすがかつての大動脈である。いくつもカーブを描きながら高度を稼いでいく。紅葉が美しい。途中細い分かれ道があるがこれは送電線巡視路である。道幅が異なるので間違えることはない。そろそろ休憩の欲しくなる頃三国峠最高所に着いた。

旧三国峠マウンテンバイク:イメージ4

峠には大きな鳥居と避難小屋、道祖心などがあり、これより三国山や峠を越えて永井宿に向かう道の交差点になっている。また最近国境稜線を辿り稲包山までの登山道も開かれた。一休みの後、登ってくる登山者がいないのを確認し、永井宿方面に下り出す。すぐに三国峠群馬側のルートと道を分ける。谷に沿って快適なダウンヒルを楽しめる。たまに登り返しも出てくるがそれはひとつのアクセントだ。そんな時こそゆっくり歩き紅葉の山々を眺め満足に浸る。

旧三国峠マウンテンバイク:イメージ5

2kmほど行くと数基の墓が並ぶ、長岡藩士が雪崩れ遭難した現場だ。今日は日射しもあり明るいが、曇天時には少々不気味さを憶える所だ。そこからすぐに木造の立派な休憩所があり、簡易トイレもある。立派なミズナラが屋根を覆うように立っている。さらに進むと谷から離れ広い場所に茶屋跡あった。再び谷に沿い4km 地点に大般若塚がある。これは戊辰戦争で官軍と会津藩の戦場跡だ。カンバやブナの広場は休憩には最適地だ。東屋もあり直進すれば永井宿、右折で法師温泉に出る。

旧三国峠マウンテンバイク:イメージ6

猿ヶ京へは左折する。いきなり急な登り返しでツライ。ここから以前はほとんど人の入った形跡のない道だったが、今回はしっかりササ刈りもされていた。さきほど広くはないが走りやすい道が唐沢山に向かって延びる。スギの植林地に猿の群がいた。20頭ほどが我々を見つけて谷に駆け下りて行く。逃げ遅れた小ザルが細いブナの間から覗いていた。唐沢山から尾根の反対側出る。塹壕状の道を一気に駆け下りクリの木の下で大休止、ビールが旨い。

1045mポイントの手前でケモノ道に入り込んでしまった。すぐに気がついたから良いが、本ルートが雨で削られていて見分けが着きにくい。しかしここ以外は分岐に標識もしっかり立ち難しい箇所はない。送電鉄塔まで来ると谷川岳が遠くに見える。もうゴールは近い。急な尾根を下り植林地のつづら折れ、さらにススキの原をまっしぐらに進むと猿ヶ京温泉の高台に出る。舗装道を右折すると温泉街だ。

-DATA-

場所:
群馬県利根郡新治村
交通:
JR上越線後閑駅よりバスで猿ヶ京温泉へ。そこからタクシーで三国峠。
もしくは上越新幹線湯沢駅よりタクシー。
どちらにしろマイカーが断然便利である。
駐車場:
三国トンネルの両側にあり。
トイレ:
簡易トイレが三国トンネルの両側にあり。
水:
登山口より大般若塚までは数カ所沢水あり。
温泉:
猿ヶ京「憩いの湯」/300円 猿ケ京温泉センター/1000円
1/25000地形図:
三国峠 四万 猿ヶ京
コース:
三国トンネル(1km:30分)-三国峠(4km:1時間半)-大般若塚(7km:2時間)-猿ヶ京
バリエーション:
大般若塚より永井宿へ、4km。マウンテンバイクガイドブック等ではこのルートが紹介されているが本ルートの方が長さや難易度から充実コースといえる。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る