ツーリングレポート

サブナビゲーションをスキップ



« ヤビツ峠&相模湖ルートコース全長約59kmツーリングレポート:トップページ東京サイクリングサンデー »

浅間山湯ノ平マウンテンバイク

新緑を走る Jun.03, 2001

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ1

浅間山山頂西面の湯ノ平は旧カルデラ火口にあたり、外輪山とに挟まれたそこは何処か外国の山のような雰囲気がある。火山岩の堆積した山頂部、切り立った壁の外輪山、その間の緩やかに広がる草原大地、さらにその向こうにはまだ雪の残る八ヶ岳が遠望できる。また浅間山は比較的水はけの良い山なので雨が降った直後でも快適に登ることができる。来週はいよいよ梅雨入り、そんな予報を耳にして貴重な週末の晴れ間、自転車を積み込み登山口の天狗温泉「浅間山荘」に向かった。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ2

R18を西走し小諸市街の手前で浅間サンルートに入る。これは浅間山南面を更埴まで走るバイパスとして使える道路だ。およそ10kmで「高峰高原・車坂峠」の標識がある。この標識はトンネルとトンネルの狭い間に出てくるのでうっかりすると見落としてしまう。ここを左折するとすぐに、かつては有料道路だった浅間チェリーラインにぶつかり右折。直進しつづら折れをしばらく行くと「浅間山荘」の看板がある。そこを右折し、ダート道を4km行くと樹林が開け浅間山荘の赤い屋根が見えてくる。駐車場の一番手前が登山者用の駐車スペースとして無料開放されている。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ3

山荘の東側に付けられた林道から自転車を漕ぎ出した。しかしすぐに道は平行した蛇堀川を渡り大きくカーブする。このあたりから斜度が増すので無理して漕がずに自転車を押して歩く。登山道は林道と別れ再び大きく左にカーブした。ルートはあくまでも蛇堀川に沿っている。道は細く塹壕状になり沢山の石が転がっていて押し上がるにもうっとうしい。しかし新緑が眩しいくらいに輝いて疲れも忘れさせてくれる。道が緩やかに下りだすとすぐに「一の鳥居」に着いた。ここからルートは二つに分かれ、沢沿いに不動の滝を経て「二の鳥居」に行くコースと、対岸に渡りササ原の植林地を抜けてやはり「二の鳥居」に出るコースがある。マウンテンバイク隊(2名)はなだらかな植林地コースを選び、トレッキング隊(1名)は滝コースを進み二の鳥居で合流した。あまり展望は効かないが、ベンチもあり沢から吹き上がる風が心地よい。ここまでおよそ1時間。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ4

二の鳥居からつづら折れ(国土地理院地形図1/25000には「長坂」の表記)をしばらく頑張るとササ原の尾根上に出る。振り返ると八ヶ岳やその向こうには御嶽山まで見通せる。風も通り抜けて清々しい。対岸の山肌でギョージャニンニクの群生が風にひらひら揺れていた。思わずそれを採りに行きかけたがここは国立公園内で採集禁止である。おひたしや油炒めにするとうまいのだが。やがてトーミの頭と牙山に挟まれた谷の喉にあたる付近で硫黄臭がしてきた。湯ノ平までもうすぐだ。黄色に噴き上がる蒸気を横に見て対岸に渡った台地に「浅間火山館」がある。去年リニューアルした避難小屋で管理人が常駐し、1階部分は噴火の際のシェルターにもなっている。トイレや水場もあり重宝する。ここに「四の鳥居」「五の鳥居」があった。すると「三の鳥居」はどこだったのだろうか。ここからほんのひと登りで湯ノ平の平原に出る。ここで植生が一気に変わりハイマツやカンバ、シラビソの高層樹林になる。その中を縫って行くと昨年までは通行止めを表した標識がある。ここを左折して「草すべり」と呼ばれる急斜面を登り上がると外輪山の黒斑山に行く。我々はさらに奥に進む。シラビソの林の中に時折山頂部のガレた斜面がのぞく。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ5 浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ6

真新しい標識があった。まだ覆いが掛かってなんと書かれているか読みとれないがきっとJバンド方面への分岐を表しているのだろう。案の定以前は苦労したルートがしっかりヤブ払いしてあった。樹林は突然切れて浅間山頂部から崩れ落ちた溶岩の広がる風景になりそこだけ荒涼としている。まるでアリゾナの砂漠に付けられたような踏み跡を辿ってJバンド下に到着。歩き出して3時間。ここからひと登りで黒斑から続く外輪山、阿弥陀岳に行くことができる。しかし我々の今日の目的地はここJバンド下。両手を外輪山と山頂にふさがれた湯ノ平の緑の平原を眺めビールを開けた。山頂への巻き道を行くたくさんの登山者も見えた。Jバンドから下ってきた登山者から声をかけられた。それは対馬~釜山・日韓友好対馬海峡横断カヌーの参加仲間、東京のH氏だった。釜山で別れて以来だから14 年ぶりになる。お互い今だにこんなふうに遊んでいられることに嬉しくなる。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ7

下りの乗車率は80%、上級者ならそれ以上だろう。火山館からは快適に下り降りることができる。「二の鳥居」の上部で二つに別れるルートは手前を左折した方がよい。「二の鳥居」からは乗車率の高い「植林コース」を行くことを勧める。カラマツ林の中のササ原をぐんぐん下って行くとアッという間に「一の鳥居」、再び塹壕状の道から林道に出て浅間山荘まで1時間ほどだった。後は山荘の温泉で汗を流して生ビールに突入だ。

-DATA-

場所:
長野県小諸市
交通:
JR小諸駅よりバス「浅間山荘」行き
駐車場:
数台可(無料) 浅間山荘の駐車場は一日500円
トイレ:
登山口と火山館に有り
温泉:
浅間山荘 500円
水場:
火山館に有り
備考:
現在、浅間山は峰の茶屋からは火口より2kmまでで立入禁止、湯ノ平コースは詳しくは不明だがやはり湯ノ平より上部は立入禁止のようだ。しかし両コースとも沢山の登山者が山頂まで登っていることも事実だ。個人の責任において行動を。また、詳しくは現地に問い合わせを。あくまでも登山道なのであるから自転車乗車には注意し、「登山者優先」を心がけること。「二の鳥居」で自転車をデポして不動滝を眺めに行くことも勧める。往復20分ほど。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る