ツーリングレポート

サブナビゲーションをスキップ



« 2001年05月ツーリングレポート:トップページ2001年09月 »

浅間山湯ノ平マウンテンバイク

新緑を走る Jun.03, 2001

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ1

浅間山山頂西面の湯ノ平は旧カルデラ火口にあたり、外輪山とに挟まれたそこは何処か外国の山のような雰囲気がある。火山岩の堆積した山頂部、切り立った壁の外輪山、その間の緩やかに広がる草原大地、さらにその向こうにはまだ雪の残る八ヶ岳が遠望できる。また浅間山は比較的水はけの良い山なので雨が降った直後でも快適に登ることができる。来週はいよいよ梅雨入り、そんな予報を耳にして貴重な週末の晴れ間、自転車を積み込み登山口の天狗温泉「浅間山荘」に向かった。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ2

R18を西走し小諸市街の手前で浅間サンルートに入る。これは浅間山南面を更埴まで走るバイパスとして使える道路だ。およそ10kmで「高峰高原・車坂峠」の標識がある。この標識はトンネルとトンネルの狭い間に出てくるのでうっかりすると見落としてしまう。ここを左折するとすぐに、かつては有料道路だった浅間チェリーラインにぶつかり右折。直進しつづら折れをしばらく行くと「浅間山荘」の看板がある。そこを右折し、ダート道を4km行くと樹林が開け浅間山荘の赤い屋根が見えてくる。駐車場の一番手前が登山者用の駐車スペースとして無料開放されている。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ3

山荘の東側に付けられた林道から自転車を漕ぎ出した。しかしすぐに道は平行した蛇堀川を渡り大きくカーブする。このあたりから斜度が増すので無理して漕がずに自転車を押して歩く。登山道は林道と別れ再び大きく左にカーブした。ルートはあくまでも蛇堀川に沿っている。道は細く塹壕状になり沢山の石が転がっていて押し上がるにもうっとうしい。しかし新緑が眩しいくらいに輝いて疲れも忘れさせてくれる。道が緩やかに下りだすとすぐに「一の鳥居」に着いた。ここからルートは二つに分かれ、沢沿いに不動の滝を経て「二の鳥居」に行くコースと、対岸に渡りササ原の植林地を抜けてやはり「二の鳥居」に出るコースがある。マウンテンバイク隊(2名)はなだらかな植林地コースを選び、トレッキング隊(1名)は滝コースを進み二の鳥居で合流した。あまり展望は効かないが、ベンチもあり沢から吹き上がる風が心地よい。ここまでおよそ1時間。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ4

二の鳥居からつづら折れ(国土地理院地形図1/25000には「長坂」の表記)をしばらく頑張るとササ原の尾根上に出る。振り返ると八ヶ岳やその向こうには御嶽山まで見通せる。風も通り抜けて清々しい。対岸の山肌でギョージャニンニクの群生が風にひらひら揺れていた。思わずそれを採りに行きかけたがここは国立公園内で採集禁止である。おひたしや油炒めにするとうまいのだが。やがてトーミの頭と牙山に挟まれた谷の喉にあたる付近で硫黄臭がしてきた。湯ノ平までもうすぐだ。黄色に噴き上がる蒸気を横に見て対岸に渡った台地に「浅間火山館」がある。去年リニューアルした避難小屋で管理人が常駐し、1階部分は噴火の際のシェルターにもなっている。トイレや水場もあり重宝する。ここに「四の鳥居」「五の鳥居」があった。すると「三の鳥居」はどこだったのだろうか。ここからほんのひと登りで湯ノ平の平原に出る。ここで植生が一気に変わりハイマツやカンバ、シラビソの高層樹林になる。その中を縫って行くと昨年までは通行止めを表した標識がある。ここを左折して「草すべり」と呼ばれる急斜面を登り上がると外輪山の黒斑山に行く。我々はさらに奥に進む。シラビソの林の中に時折山頂部のガレた斜面がのぞく。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ5 浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ6

真新しい標識があった。まだ覆いが掛かってなんと書かれているか読みとれないがきっとJバンド方面への分岐を表しているのだろう。案の定以前は苦労したルートがしっかりヤブ払いしてあった。樹林は突然切れて浅間山頂部から崩れ落ちた溶岩の広がる風景になりそこだけ荒涼としている。まるでアリゾナの砂漠に付けられたような踏み跡を辿ってJバンド下に到着。歩き出して3時間。ここからひと登りで黒斑から続く外輪山、阿弥陀岳に行くことができる。しかし我々の今日の目的地はここJバンド下。両手を外輪山と山頂にふさがれた湯ノ平の緑の平原を眺めビールを開けた。山頂への巻き道を行くたくさんの登山者も見えた。Jバンドから下ってきた登山者から声をかけられた。それは対馬~釜山・日韓友好対馬海峡横断カヌーの参加仲間、東京のH氏だった。釜山で別れて以来だから14 年ぶりになる。お互い今だにこんなふうに遊んでいられることに嬉しくなる。

浅間山湯ノ平マウンテンバイク:イメージ7

下りの乗車率は80%、上級者ならそれ以上だろう。火山館からは快適に下り降りることができる。「二の鳥居」の上部で二つに別れるルートは手前を左折した方がよい。「二の鳥居」からは乗車率の高い「植林コース」を行くことを勧める。カラマツ林の中のササ原をぐんぐん下って行くとアッという間に「一の鳥居」、再び塹壕状の道から林道に出て浅間山荘まで1時間ほどだった。後は山荘の温泉で汗を流して生ビールに突入だ。

-DATA-

場所:
長野県小諸市
交通:
JR小諸駅よりバス「浅間山荘」行き
駐車場:
数台可(無料) 浅間山荘の駐車場は一日500円
トイレ:
登山口と火山館に有り
温泉:
浅間山荘 500円
水場:
火山館に有り
備考:
現在、浅間山は峰の茶屋からは火口より2kmまでで立入禁止、湯ノ平コースは詳しくは不明だがやはり湯ノ平より上部は立入禁止のようだ。しかし両コースとも沢山の登山者が山頂まで登っていることも事実だ。個人の責任において行動を。また、詳しくは現地に問い合わせを。あくまでも登山道なのであるから自転車乗車には注意し、「登山者優先」を心がけること。「二の鳥居」で自転車をデポして不動滝を眺めに行くことも勧める。往復20分ほど。

ヤビツ峠&相模湖ルートコース全長約59km

Jun.02, 2001 手軽に自然を満喫できる東京近郊の日帰りコース

窓から差し込む日差しが夏を感じさせる6月上旬。いよいよバイクツーリングシーズン到来。このところ休日になると、どこへ行こうかと地図に手が伸びている。しかし今日は思い立ったのが昼近くなので、そう遠くへは行けない。日帰りで気軽に行ける距離はどこの辺りか…人差し指で地図をなぞって行く。そしてたどり着いたのが神奈川の西部の丹沢大山国定公園、というわけでヤビツ峠へ向かうことにした。

ヤビツ峠&相模湖ルートコース全長約59km:イメージ1

今回のコースのスタート地点は中央高速自動車道路「相模湖インターチェンジ」。まずは甲州街道に出て、八王子方面へ向かう。それにしてもこの辺りはいつ来てもトラックが多い。交通量が多い割に道幅が狭くカーブが連続するので慎重にバイクを走らせた。相模湖駅前を右折して坂道を下ると、右側に相模湖公園が現れる。ここが相模湖観光の中心。観光船や貸しボートが湖畔に停泊している。駐車場にバイクを止めて公園を散策、軒を連ねるおみやげ屋を覗くと何とその一角に昔懐かしい「射的屋」があるではないか。まるで20年位タイムスリップしたような光景に、懐かしさがジーンと込み上げてくる。最近はめっきり見かけなくなった射的でしばしノスタルジーに浸る。相模湖はバスフィッシングが盛んなので、釣りが好きな人ならさらに楽しめるだろう。

ヤビツ峠&相模湖ルートコース全長約59km:イメージ2

相模湖を右手に見ながらグルッと回り込み、次なる目的地「宮ヶ瀬湖」へ向かう。道は対向2車線、週末は交通量が多くお世辞にも快適とはいえないが、裾野から県道64号に入るとグッと車が減り自然も豊かになる。この辺りからツーリング気分がググッと盛り上がってくる。「宮の瀬虹の大橋」を渡り、少し走ると左手に「宮の瀬ビジターセンター」が姿を現す。ビジターセンターの前は整備されたきれいな公園が広がっているので、ここが2つ目の休憩ポイントとなる。ここにはレストラン、ギフトシップ、温泉など充実した設備が揃っているので、たっぷり時間を取ろう。

ヤビツ峠&相模湖ルートコース全長約59km:イメージ3

宮ヶ瀬湖を離れるといよいよ周囲は山深くなる。緑がググッと道へ迫り出してきて、道幅も狭くなる。見通しの利かないブラインドのコーナーや、車がすれ違えない狭い所が続くので、カーブミラーをしっかり確認しながらゆっくり進む。キープレフトを忘れずに走るが、時々対向車が道の真ん中を我が物顔で走ってくるのでビックリする。林道を走り慣れていない週末ドライバーなのか。何度も肝を冷やした。

カーブを曲がると縦列駐車の群が現れる。「何だろう?」と人のいる方へ視線を移すと、大きなポリタンクを抱えた人が集まっている。どうやらそれは「護摩屋敷の水」なる名水を汲みに来ている人達のようだった。都市に住む人にとって自然の湧き水は貴重品、みんな一心不乱にタンクに水を注いでいる。持ち帰り家庭で使うのだろう。ここまで来ればヤビツ峠はもう目と鼻の先。ノドを潤し一休みして、再びエンジンに火を入れた。

ヤビツ峠&相模湖ルートコース全長約59km:イメージ4

相模湖からゆっくりと寄り道をしながら約2時間で標高761mの「ヤビツ峠」に到着した。ここがこのコースの最高地点。日陰に入り腰を下ろすと風がヒンヤリと冷たく気持ちが良い。初夏の峠は言葉にならないほど爽快な空気に包まれていた。峠は展望が開けていないため、3.5kmほど先の「菜の花台」へ向かう。

ヤビツ峠&相模湖ルートコース全長約59km:イメージ5

峠を下り始めると「おおっ」と思わず叫び声を上げたくなるような、展望が眼下に広がった。街が手に取るように見渡せる。峠の北側は視界の狭い谷間の道なのに対して、南側は山の斜面をジグザグに駆け上がる開放的な峠道。予想以上に「菜の花台」の眺めはバツグンで、快晴の日には展望塔から富士山と太平洋が望めるらしい。僕が訪れたときはあいにく薄曇りだったので見ることはできなかったが、広大な秦野の街並みを満喫することができた。ランチタイムのいち押しは「菜の花台」。雄大な風景を眺めながらお弁当を広げたら最高だろう。できればカップルで来ることをおすすめする。

 峠の南側の方がカーブがきつく急傾斜だが、道幅が広い分北側よりも走りやすかった。ここから国道246号まで30分とかからない。国道246号から東名高速自動車道路の秦野中井インターチェンジまでは3.5kmと近いので、その日の交通事情によって使い分けよう。東京から半日で気軽に楽しめるおすすめのツーリングコース、ふと思い立った休日の午後にでも是非足を運んで欲しい。

-DATA-

コース
●相模湖インターチェンジ START
 3.0km↓国道20号
●相模湖駅前・交差点《相模原方面へ右折》
 0.3km↓国道412号
●相模湖公園 ※県立有料駐車場8:00~20:00、平日は無料
 6.6km↓国道412号
●三ヶ木・交差点《厚着方面へ右折》
 0.9km↓国道412・413号
●青山《信号を山中湖方面へ右折》
 4.5km↓国道413号
●梶野《標識を宮ヶ瀬方面へ左折》
 7.2km↓県道64号
●宮ヶ瀬北原《信号をヤビツ峠方面へ右折》
 5.6km↓県道70号
●清川村立金沢キャンプ場 ※ジュース自動販売機あり
11.9km↓県道70号
●「護摩屋敷の水」 ※名水の水汲み場あり。近くに食事のできる富士見山荘
 1.8km↓県道70号
●ヤビツ峠(標高761m) ※駐車場、売店、公衆トイレあり
 3.5km↓県道70号
●菜の花台 ※駐車場、展望台、公衆トイレあり
 8.9km↓県道70号
●名古木・交差点《直進》 ※国道246号にぶつかる
 0.3km↓県道407号
●落合・交差点《二宮方面へ左折》
 3.2km↓県道71号
●秦野中井インターチェンジ GOAL

ヤビツ峠&相模湖ルートコース全長約59km:map1

ヤビツ峠&相模湖ルートコース全長約59km:map2

ページのトップに戻る