スノーレポート

サブナビゲーションをスキップ



« 谷川岳穴熊沢スキースノーレポート:トップページ八幡平の樹氷 »

たんばら高原・夜後沢

Feb.16, 2004 シークレットパウダーへ レッツゴー!

アスピリンスノーとブナ林で有名なたんばら。バックカントリーは一見なさそうだけど、「たんばらにもバックカントリーは存在するよ!」と知り合いのたんばらでテレーマークのガイドをしているOさんが言うので連れてってもらいました。しかも、機動力のあるテレマーク向きで、景色も最高だそうです。そんなわけで、ガイドブックにも載った事のないシークレットスポットへ。

Aさんとは朝9時にたんばらスキーエリアの駐車場で待ち合わせ。少し前に到着。天気は晴れ間はあるものの薄曇というところ。しかも風がチョイ強め。Oさんとすぐに合流する。さすがに平日と言うことで駐車場は、すいている。すぐに準備をして出発する。

たんばら高原・夜後沢:イメージ1

まずは、リフトを2本乗り継いでゲレンデトップへ。リフトを降りた正面の尾根を登る。ここからは雪も深いのでシール歩行だ。シールに換えて登り始める。尾根筋はさらに風が強いようだ。ゲレンデから離れると、音楽も聞こえてこなくなって最高! 尾根筋をエッコラ、エッコラ上っていきます。風が左側からきつく吹きつけ左側だけ死ぬほど寒い。途中2つほど急斜面を越えるとアツトいうまに鹿又山山頂へ到着。だいたい上り始めて30分。山頂は展望抜群で、たんばらスキーエリア、武尊、谷川岳も一望できますが、この日は谷川は雲の中。

たんばら高原・夜後沢:イメージ2

ここからさらに今日は、夜後沢まで滑り稜線をつめます。この日は風が大変強くて稜線上はせっぴが大成長中。ちょっとビビりながら登る。今日の到着ポイントの無銘のピークが見えてきたが、その手前にもう一つのピークが有り、そのピークを左側からゆっくり巻いていく。樹林帯をゆっくりトラーバス気味に登っていくと先ほど見えたピークに到着。今日はココも風が強くせっぴが発達している。上り始めて約1.5時間ってところだ。標高1,700mぐらいだ。

たんばら高原・夜後沢:イメージ3

曇りがちだが、正面に武尊山がドカーンと見える。良い景色だ。休憩後滑走だ。ピークから先ほど登ってきた沢の方が夜後沢だ。いい感じのツリーが、大きな沢が広がっている。今日は20~30cmのノートラックのパウダーバーンが広がっている。雪質は少しウインドクラスト気味だが、風がのおかげで沢には良い雪がたまってそうで、よさそうだ!まずはOさんがスタート。パウダーが舞い上がって気持ちよさそうだ。次は自分の番だ。滑り出すと意外と深くてかるい! 顔にドサドサ雪がかかってくる。この沢は上部は広大な沢で、後半は方斜面になるので、滑ってはトラバース、滑ってはトラバースを繰り返すとあっという間に沢の下部に着くこのまま下りてしまうとたんばらスキー場には戻れないので、ここからはトラバース気味に小さな沢をいくつか越えなければならない。いくつか沢を越えると登りやすそうな木々のまばらな斜面が見えてきた。上り口には大きなサルノコシカケというキノコがはえていた。噂ではがんに聞くとか言われている漢方薬のキノコだ。Oさんによるとこの斜面を約200mぐらい登るとたんばらのブナ林に戻れるらしいのでとりあえずシールを貼りつつ休息を取る。

たんばら高原・夜後沢:イメージ4

休息後、目の前の適度な登りをクリアーすると視界が開けブナの林に到着した。さらにブナ林もトラバース気味に行くとたんばらスキー場の音楽が聞こえてきて、あと少し登るとたんばらスキー場の中間地点のレストハウス横に到着。

約3時間パウダー有で景色がめぐるめく変わるこのコースはかなり旅をした気分になりテレマークスキーにはもってこいのコースでした。

-DATA-

場所:
群馬県沼田市
交通:
車のみ、JR・バスはありません
駐車場:
玉原スキー場駐車場(平日無料、休日有料)
トイレ:
玉原スキー場レストハウス内に有

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る