スノーレポート

サブナビゲーションをスキップ



« 2002年01月スノーレポート:トップページ

八幡平の樹氷

Feb.21, 2004 初めての単独冬山スキーツアー

八幡平の樹氷:イメージ1

樹氷原を見たいと思っていたが、なかなかその機会に恵まれていなかった。しかし、2月下旬の休日、天気予報に「雪」の文字が出てこない。このタイミングを逃すと樹氷はもう来年以降のものになってしまうだろう・・・。いざ盛岡の自宅を出発すると八幡平へは東北道を使えば1時間もかからないでついてしまう。三つ目の松尾八幡平インターを降り、急勾配のアスピーテラインを登山口の八幡平スキー場まで上る。薄く掛かっていた雲もとれて空は真っ青になっていた。ここから第二第三リフトを2本乗り継いで大黒森へ高度を上げてもらう。「今日は山、いいべな」リフト係りのおじさんにニコニコしながら話しかけられた。「そうですね。」確かにいいかもしんないなー、そう思いながらザックを手前に抱え搬機に腰をおろした。途中、強風でリフトが何度か止められた。晴れているとは言えそこは樹氷の出来る冬山、油断してはいけない。リフトの終着からコースの入り口は1の標識を目印にして左に進路をとる、いざここからが冬山ツアーの始まりだ。

八幡平の樹氷:イメージ2

大黒森の鞍部まで下った所ででスキーにシールをつけ、なだらかな切通の斜面を「茶臼山荘」目指してゆっくり登りはじめる。数人の先行者の背中が遠方に見え、彼らの跡を快適にトレースすることが出来た。この辺りの木々は樹氷には程遠いが透かして右側に安比森、左側に岩手山を望みながらの雪中散歩は、そこが「雪山」であることの不安を忘れさせてくれるに充分だ。しかし一度稜線に出ると強風で息が出来ないほどだ。辺りが次第に白一色の世界になって来る。スキー場から約1時間半、茶臼山荘では3名の先行者が休憩していた。山荘内の寒暖計は-5℃、風をさえぎってくれるだけでも、むしろ暖かくさえ感じる。「こんにちは」3名はそれぞれが単独行氏、みんな一人で来るんだな。「風、強いですよね。皆さんどこまで行かれるんですか?」「うーん、皆、今それを話していたところですよ。」茶臼山荘の周りではまだ樹氷は見られない。現在10時40分、私は12時までは頂上目指して進むことにしよう。

八幡平の樹氷:イメージ3

山荘からは黒谷地へ下り、源太森ピークへ登り、八幡沼畔の陵雲荘まで下り、八幡平頂上まで登る。アップダウンではあるものの、台形のようなアスピーテ地形の上辺、そもそも気になるような高度差はほとんど無い。なだらかな丘の大きなうねりの中を小舟に乗って越えていくかのごとくである。

八幡平の樹氷:イメージ4

源太森ピークまでで、ほぼ12時になっていた。そして「ここからが核心部なのかー!」見渡す限りの樹氷原がそこに拡がっていた。小高いピークから望むアイシングブルーの大海原!色と言えば「雪の白」と「空の青」だけだが、地形のアンギュレーションはその陰影自体が実に巧みに描写している。まずはカメラ付携帯で上さんにメールでもしようと電話を取り出すが、先ほど受けた顧客からのコールで、もう電池が残り少なくなっている。仕方が無いので、持ってきた機材で撮影開始。マミヤ67、ニコンF100、カシオGV10。沢山もってきたつもりだが望遠系レンズの無いのが悔やまれた。

八幡平の樹氷:イメージ5

八幡平に関して松尾村の山岳会は実にきめ細やかな整備をしている。夏の観光客の多い時期も、この季節の樹氷原へのルートにしても、監察官の方が随時見回りをしている。本当に頭が下がる思いである。雪山が初めての私がこうして問題なくここへたどり着けたのも、しっかりとした目印、切通しの管理がなされていたためだ。この源太森から頂上への雪原ルートにも赤リボンの付いた竹の目印が見え、私をその先へ誘っている。しかし、風が強い。それにもしもガスでも出てきたら、知識経験の無い私が帰りのルートを外してしまうのは非を見るより明らかだ。この先へは次回の楽しみにして、ここから帰路につこう。

八幡平の樹氷:イメージ6

茶臼山荘に戻ると、10人ほどのボーダーグループが談笑していた。大学のサークルか何かなのか就職活動の話などが聞こえてくる。ここからは往路をトレースせず、スキー場の駐車場までの広大なゲレンデを一気に滑り降りることが出来る。陽もだいぶ傾いてきた、ダケカンバの影が長く伸びている。標高を下げるにしたがってどんどん雪の感触が変わってきた。このルートは最後の最後に急斜面が待っている、ここを慎重に下り。初めての単独冬山樹氷探訪ツアーを無事終える事が出来た。

-DATA-

場所:
岩手県岩手郡松尾村八幡平スキー場基点
交通:
東北自動車道、松尾八幡平インターよりアスピーテライン
駐車場:
スキー場利用
トイレ:
スキー場以外は原則携帯トイレ持参

たんばら高原・夜後沢

Feb.16, 2004 シークレットパウダーへ レッツゴー!

アスピリンスノーとブナ林で有名なたんばら。バックカントリーは一見なさそうだけど、「たんばらにもバックカントリーは存在するよ!」と知り合いのたんばらでテレーマークのガイドをしているOさんが言うので連れてってもらいました。しかも、機動力のあるテレマーク向きで、景色も最高だそうです。そんなわけで、ガイドブックにも載った事のないシークレットスポットへ。

Aさんとは朝9時にたんばらスキーエリアの駐車場で待ち合わせ。少し前に到着。天気は晴れ間はあるものの薄曇というところ。しかも風がチョイ強め。Oさんとすぐに合流する。さすがに平日と言うことで駐車場は、すいている。すぐに準備をして出発する。

たんばら高原・夜後沢:イメージ1

まずは、リフトを2本乗り継いでゲレンデトップへ。リフトを降りた正面の尾根を登る。ここからは雪も深いのでシール歩行だ。シールに換えて登り始める。尾根筋はさらに風が強いようだ。ゲレンデから離れると、音楽も聞こえてこなくなって最高! 尾根筋をエッコラ、エッコラ上っていきます。風が左側からきつく吹きつけ左側だけ死ぬほど寒い。途中2つほど急斜面を越えるとアツトいうまに鹿又山山頂へ到着。だいたい上り始めて30分。山頂は展望抜群で、たんばらスキーエリア、武尊、谷川岳も一望できますが、この日は谷川は雲の中。

たんばら高原・夜後沢:イメージ2

ここからさらに今日は、夜後沢まで滑り稜線をつめます。この日は風が大変強くて稜線上はせっぴが大成長中。ちょっとビビりながら登る。今日の到着ポイントの無銘のピークが見えてきたが、その手前にもう一つのピークが有り、そのピークを左側からゆっくり巻いていく。樹林帯をゆっくりトラーバス気味に登っていくと先ほど見えたピークに到着。今日はココも風が強くせっぴが発達している。上り始めて約1.5時間ってところだ。標高1,700mぐらいだ。

たんばら高原・夜後沢:イメージ3

曇りがちだが、正面に武尊山がドカーンと見える。良い景色だ。休憩後滑走だ。ピークから先ほど登ってきた沢の方が夜後沢だ。いい感じのツリーが、大きな沢が広がっている。今日は20~30cmのノートラックのパウダーバーンが広がっている。雪質は少しウインドクラスト気味だが、風がのおかげで沢には良い雪がたまってそうで、よさそうだ!まずはOさんがスタート。パウダーが舞い上がって気持ちよさそうだ。次は自分の番だ。滑り出すと意外と深くてかるい! 顔にドサドサ雪がかかってくる。この沢は上部は広大な沢で、後半は方斜面になるので、滑ってはトラバース、滑ってはトラバースを繰り返すとあっという間に沢の下部に着くこのまま下りてしまうとたんばらスキー場には戻れないので、ここからはトラバース気味に小さな沢をいくつか越えなければならない。いくつか沢を越えると登りやすそうな木々のまばらな斜面が見えてきた。上り口には大きなサルノコシカケというキノコがはえていた。噂ではがんに聞くとか言われている漢方薬のキノコだ。Oさんによるとこの斜面を約200mぐらい登るとたんばらのブナ林に戻れるらしいのでとりあえずシールを貼りつつ休息を取る。

たんばら高原・夜後沢:イメージ4

休息後、目の前の適度な登りをクリアーすると視界が開けブナの林に到着した。さらにブナ林もトラバース気味に行くとたんばらスキー場の音楽が聞こえてきて、あと少し登るとたんばらスキー場の中間地点のレストハウス横に到着。

約3時間パウダー有で景色がめぐるめく変わるこのコースはかなり旅をした気分になりテレマークスキーにはもってこいのコースでした。

-DATA-

場所:
群馬県沼田市
交通:
車のみ、JR・バスはありません
駐車場:
玉原スキー場駐車場(平日無料、休日有料)
トイレ:
玉原スキー場レストハウス内に有

谷川岳穴熊沢スキー

Feb.6, 2004 ディープパウダーラン

谷川岳穴熊沢スキー:イメージ1

谷川岳穴熊沢は良くガイドブックにのっているが、ほとんどが3月、4月の春スキーのザラメ雪のガイドばかり。谷川岳は1月、2月は雪の質、量とも日本でも有数のパウダーエリアとなるが、斜度が急で雪崩もハンパじゃなく多い。だけど日さえ選べば最高のパウダーを堪能できると言うわけで、2月の谷川岳のパウダーを食いに行ってきました。

谷川岳穴熊沢スキー:イメージ2

谷川岳には天神平スキー場があって天神尾根までゴンドラ・リフトを乗り継ぐと20分ぐらいで1,300mぐらいまで一気に運んでくれる。というわけで、ゴンドラ開始時間の8時45分。少し遅れて、9時ぐらいに到着。

そそくさと準備をしてゴンドラに飛び乗ると約10分ぐらいで天神平スキー場に到着。雪もたくさんあなるし、いい天気だ!もう1本、天神尾根までのリフトがまだ動いていない。降雪のためアパランチェックが遅れてまだ動かせないようだ!しばし休息しながら待つ。約1時間後にオープンしたので最後のリフトに乗って尾根を目指す。リフトを降りた時点でもう天神尾根に到着。ここから迫力満天の谷川岳がどうだーと言う感じでそびえている。まずはスキー場を脱出し尾根の取り付きまで100mばかり、滑走。ココから尾根の登りとなるが雪がしまればツボ足も可能だが2月のこのシーズンは雪も深いのでシール歩行がベスト。2-3 のアップダウンを繰り返すと穴熊沢の避難小屋のある広尾根に到着する。冬は避難小屋は雪の下でそのかけらも見当たらない。

谷川岳穴熊沢スキー:イメージ3

ここから待ちに待った滑走ですが、すぐには滑れない。なぜならココ2、3日の降雪で40-60ぐらいの降雪があるのでやはり雪崩が心配だ。雪を掘ってアパランチチックをおこなう。今日はこの降雪にもかかわらずなかんかの接合力で、気持ちよく降りられそうだ!

谷川岳穴熊沢スキー:イメージ4

さあ、ここからは谷川岳の懐、穴熊沢に飛び込む。最初は結構急な斜面だ。やはり雪崩が心配なので、できるだけツリーの中をロングターンで降りる。ロングターンでも顔にかかるぐらいのディプパウダーだ!斜度がだんだんゆるくなってきたあたりが、西黒沢との合流だ。このあたりで一息入れたいところだが、雪崩の通り道でもあるのですばやく抜ける!ふと後ろを振り返るとくっきりとシュプールが見える。ここまで来れば、とりあえず雪崩の心配も安心だ。この後は斜度もゆるくなり緩斜面を快適に滑っていくとロープウェイが見えてくるともうすぐ田尻沢だ。田尻沢からは天神平スキー場のスキーエリアとなるので、快適なピステバーンを滑って降りるとあつというまに今日朝にスタートしたゴンドラ乗り場となる。

さすがに豪雪地帯でディープパウーを堪能できる谷川岳だか、降雪シーズンは非常に雪崩が多いポイントなので慎重に行動し、雪を選んで滑りましょう!

-DATA-

場所:
群馬県利根郡水上町
交通:
マイカー、JR土合駅から徒歩20分、又はJR水上駅からバス有り
駐車場:
天神平ゴンドラ乗り場駐車場に可。(平日無料、休日有料)
トイレ:
ゴンドラステーションと天神平スキー場に有り

ページのトップに戻る