スノーレポート

サブナビゲーションをスキップ



« 立山室堂山スキースノーレポート:トップページ毛勝山山スキー »

鳥海山湯ノ台スキー

スキーシーズン締めくくりの山 May.26-27, 2001

鳥海山湯ノ台スキー:イメージ1

スキーシーズン締めくくりはなんと言っても鳥海山だ。残雪に眩しく映えるブナの新緑山にシュプールを描き、下山後はイワナ釣り、山菜採り、温泉と春山を満喫できる。天気予報はあまり芳しく無かったがけじめを着けるためにもと長駆山形県の北端まで車を飛ばした。

鳥海山湯ノ台スキー:イメージ2

関越道をひた走りして新潟インターからR7へ、村上、新発田を過ぎると道は海岸沿いになる。通いはじめた10年ほど前にはこの道筋にほとんどコンビニなど無かったが、今はどこでも見かけ便利になった分だけ東北の遠い山にやって来たという気持ちが薄れる。酒田あたりでいつもなら雪面に朝焼けを映した鳥海山の長い裾野が眺められるのだが、今日は厚い雲の中で、小雨まで降ってきた。八幡町へ右折し鳥海山湯ノ台のつづら折れの道を雪が塞ぐまで詰めた。そこには4~5台の車が止まっていた。雨はまだ止まず、時折風も強く吹き付ける。待ちくたびれて下山する車もあり、我々もしばらく待ったが今日は無理と判断し翌日に期待しつつその他のお楽しみ、山菜採りやイワナ釣り、そして温泉を先に楽しむことにした。

鳥海山湯ノ台スキー:イメージ3

いつもなら秋田県側の象潟の海岸や鳥海町法岱の滝キャンプ場にテントを張るのだが、今回は湯ノ台コースを楽しみたく、また雨が降っていることもあって家族旅行村のツリーハウス(バンガロー)に泊まることにした。高床式の木造小屋、まだ木の香りがするほど新しく、8畳サイズで3000円は安い。ファンヒーターまで備えてあり雨中のテント泊に比べたら超極楽キャンプだ。雨に煙った山を眺め、採った山菜やイワナを天ぷらにし、地酒を飲む。スーパーで地元産の板状に固めた麩を見つけそれで作ったフーチャンプルーもうまかった。鳥海山荘の温泉に浸かりそこで見た予報では明日は回復するとのこと。

鳥海山湯ノ台スキー:イメージ4

前日と同じくつづら折れを詰める。昨日の雨でさらに雪が融け標高1200mまで上がることが出来た。もう数台の車が止まっていた。下では薄日が射していたがここまで来る頃にはまた霧雨が降り出した。しかし気温は高く気にならない。また午後には回復の予報なので出発することにした。まだ上に続くつづら折れの車道を串刺しするように雪渓を登っていく。時たま雨が強くなったり薄日がこぼれたりの定まらない天気だ。滝ノ小屋への登山口あたりで道路も完全に消えた。ここを左に行けば滝ノ小屋だ。しかしそれが確認できたのは実は下山時で、このときはガスの中でただひたすら上を目指して登っていた。小屋もまだ営業前で管理人は上がってきてはいないはずだ。

鳥海山湯ノ台スキー:イメージ5

時たま見せる晴れ間に確認すると鹿俣川右岸に沿って登っている。山頂(外輪山最高の七高山。内輪にある新山が鳥海山の最高地点)へはこの源頭部で東にトラバースしなければならない。このまま行くと伏拝岳に行ってしまう。しかし登路の雪渓は両端が濃いブッシュに遮れて容易に抜けられない。下山してくるスキーヤーに出会った。話を聞くとこの上部は1800m地点で雪が途切れという。山頂を目指すのなら早めにここを出て隣の雪渓へ移れというがそれをするにはもう遅いほど登って来てしまった。1800mまで後ほんの数10mだ。しかしここまで数100mの一枚バーンが続いていた。天気の回復はあまり期待できそうにない様子だし、ここを滑ればスキー納めとしては充分満足できるので、そのまま行けるところまで登り上がった。

鳥海山湯ノ台スキー:イメージ6

すぐにその地点に着きここまでとする。ビールで乾杯するが、風にかいた汗が冷やされて寒い。雨のような霧のような水分を含んで吹き付けてくるのでそうそうに下山する。いよいよシーズン最後の滑降、今年のスキー行のひとつひとつを思い出しながら滑った。行き損なった山の後悔が多いのも毎年のことだ。それでもスキーは良く滑り一気に滑り降り、車に着くとまた雨が降ってきた。終始山頂は深い雲の中にあった。

-DATA-

場所:
山形県飽海郡八幡町
交通:
国民宿舎鳥海山荘までは八幡町からバス有り、しかしさらに行くにはタクシーのみ。マイカーが圧倒的に便利。
駐車場:
路肩。
トイレ:
家族旅行村の手前に公衆トイレあり。
温泉:
国民宿舎鳥海山荘300円
宿泊:
鳥海山家族旅行村 ツリーハウス(バンガロー)8畳・3000円 そのほかトイレ、風呂、キッチン付きのコテージ12000円から
買物:
八幡町コープやわた 珍しい食材や格安お総菜が豊富 おすすめ「野菜メンチカツ100円」「ネギトロ巻き98円」
山菜:
タラノ芽、フキ、フキノトウ、ミズ、タケノコ、ミツバ、ウドなど。そのほかアイゴ(ミヤマイラクサ)、シドケ(ヤブレガサ)などが地元では珍重されている。
その他:
この時期の鳥海山スキーとしては秋田県側祓川登山口が一般的で雪も多い。そのほか今回の湯ノ台口、鉾立口、大清水口とあるが状況は現地に確認すること。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る