スノーレポート

サブナビゲーションをスキップ



« 2001年02月スノーレポート:トップページ2001年04月 »

尾瀬冬路沢スキー

Mar.25, 2001 尾瀬スキーハイク

尾瀬冬路沢スキー:イメージ1

片品村は8つのスキー場を抱えメインルートのR120は大混雑、スキーシーズンには近寄りたくないところだ。しかし3月末になればそれもなくなり、これからが我々のスキーシーズンだ。勿論尾瀬にアプローチするルートは深い雪の中で簡単ではない。そんな中、富士見峠への冬路沢は比較的楽に尾瀬を味わうことができる。林道を少しはずれさえすればさらに感動は大きくなること間違いない。

尾瀬冬路沢スキー:イメージ2

寝坊した朝、今日も穏やかな天気という予報に急かされ慌てて関越道に乗る。沼田で降り、県道平川線からR120を北上する。鎌田で左折、後は道なりに車を走らせればよい。尾瀬戸倉スキー場に車を止めるには1000円かかる。高いがこれは仕方なく払った。

尾瀬冬路沢スキー:イメージ3

メンバーはI夫妻と元国際線スッチーのD嬢、このおとぼけD嬢がまたまたやってくれた。シールを忘れたのだ。仕方なく私のを貸し、私はスッテプソール板で行くことに。しかし本当はこの方が機動力があって尾瀬には良いのだ。スキー場から県道富士見線を行く。前日のスノーモービルのトレイルがあった。最近どこの山でも目にする目障りなヤツだ。スキー場を過ぎると右の崖から雪崩れ落ちたシュカブラが道を塞ぐようにあった。これが融けるとフキノトウが一面に咲く。1 時間ほどで富士見下着。水場はまだ深い穴のそこで近寄りがたい。ここまでかと思ったスノモのトレイルはまだ先に行っている。

尾瀬冬路沢スキー:イメージ4

田代原までの急斜面にも林道がジグザグに延びている。適当にショートカットしてぐんぐん高度を稼ぐとすぐに田代原に到着した。白尾山や大きな雪庇が張り出したアヤメ平の稜線が見えた。原のすぐ左手には大行山がある。まだ延びるスノモのトレイルに沿って行くと凍りついて雪を被った馬洗い渕を横断していた。このルートは冬路沢を経て富士見峠へ行く最短ルートだ。ここを通っているということは、このトレイルは尾瀬ヶ原の見晴や竜宮の小屋支度に行く山小屋関係者のものだろう。積雪期はこのまま林道を行くより冬路沢を行った方がアヤメ平の雪崩の危険が小さくなり安全だ。シール隊はそのままトレースし、私は馬洗い渕の北を巻きブナが二本並んだ尾根から冬路沢に滑り込んだ。

尾瀬冬路沢スキー:イメージ5

冬路沢まで降りると空が開け、白尾山の稜線づたいに荷鞍山まで見えだした。沢に沿って北上し枝尾根を巻くとアヤメ平が大きく立ちふさがるようにそびえた。雪庇が今にも落ちてきそうだ。その雪庇を見上げながら林道まで登り返す。大きなカンバの下を今日のゴールと決めすぐに滑り出す。このあたりはなだらかだが複雑に尾根襞が走っていてコース取りを間違うとすぐに行き止まってしまう。樹林がうるさくなったらなるべく等高線沿いに進み、適当なところで沢に降りると良い。

尾瀬冬路沢スキー:イメージ6

登路に合流し馬洗い渕に登り上げた。渕の周囲は雪が高く積もって壁のようになっている。そこから湖面に向かってジャンプターンを決める。大きなブナの枝も雪の重みに折れ曲がっていた。田代原の手前から雪が融けると小さな池塘となる、愛称ピン湖に滑降。ブナに囲まれたピン湖の真ん中は風もなく暖かい最適のランチサイトだ。

尾瀬冬路沢スキー:イメージ7

再び登路に登り返し田代原からカラマツの植林地を横切る。大行山からの沢を滑り小さな雪田に出る。ここにもカンバの木の下に隠された池塘がある。ここには千絵湖と名付けてある。雪解けの頃にはミズバショウが咲く。しかしその頃は深いブッシュに隠されてしまって滅多に近づくことはできない。ここも休憩には良いポイントだ。このまま沢の中を行けばすぐに登路の林道に合流する。

-DATA-

場所:
群馬県片品村戸倉
交通:
マイカーもしくはJR沼田駅からバスで尾瀬戸倉スキー場へ。ただしバスは便が少ない。
駐車場:
尾瀬戸倉スキー場:1000円(平日は無料)詳しくは現地に問い合わせを。
トイレ:
スキー場に有り。駐車料金を払ったのだからどんどん利用しよう!他は無し。
備考:
アヤメ平の雪崩に注意。ピン湖、千絵湖は私だけの愛称で、勿論地図にそんな名前はない。田代原までのクロカンも楽しい。温泉:木賊山荘(川場村 500円)

熊倉尾根クロカンスキー

Mar.24, 2001 春ののんびりスキーハイク

熊倉尾根クロカンスキー:イメージ1

群馬、長野の県境に位置する渋峠から六合村の熊倉集落に向かって長くなだらかな尾根が延びている。上部はブナやシラビソのいかにも高山の樹林帯、下部はカラマツの植林地で里山の雰囲気だ。ぽかぽか陽気の早春の日射しに誘われてのスキーハイキングを楽しんだ。

熊倉尾根クロカンスキー:イメージ2

もうこの時期になるとスキーを積んだ車もぐっと減り、高速も空いていて嬉しい。例によって渋川で降りR292を西に走る。長野原で今日の相棒D嬢を拾い六合村に入る。激しく上り下りする道を標識に従い最奥の集落「熊倉」に着いた。途中、道路工事もあり田んぼのようになった泥道を長野原分岐から1時間は充分にかかった。

熊倉尾根クロカンスキー:イメージ3

車を降りても暖かく大高山や八間山、野反の山々がきれいに見えた。こんな時は早く支度して出発したい気持ちに急かされる。しかしそんな時D嬢がやってくれた。ストックを忘れたのだ。それも歩きだして気がつくとはそうとうなものだ。これで元国際線のスッチーというのだから、その時に乗り合わせなかった幸運に感謝しなければいけない。仕方なく熊倉集落を一軒一軒あたりストックを借りることに。しかしどの家も留守で中には代わりにカモシカが出てきた家さえあった。それでも何とか子供用ストックを借りることが出来た。

熊倉尾根クロカンスキー:イメージ4

目の前の熊倉尾根に向かって畑の中を行く。もうかなり雪解けが進みブッシュがうるさい。沢山のタラの木やイラクサが行く手をじゃまする。カラマツの植林地に入ると作業道が尾根の上部まで続いている。シール登行のD嬢は直登の近道、ステップソールの私は道に沿って登り尾根上で合流した。そこにも真っ直ぐに切り開かれた道が付けられている。ここを一段目とすると渋峠までは三段、各ステップは非常に長くたいらで、それをわずかな急登が繋いでいる。

熊倉尾根クロカンスキー:イメージ5

一段目のカラマツ林は時たまミズナラやシラカバが現れる。すぐ脇のミズナラの上部にクマ棚があった。ほんの集落まで数100メートルというところだ。幹にはしっかり爪痕もあった。1時間ほど歩くとカラマツ林も終わりそれに連れて切り開きも終わる。二段目に上がるちょっとした急登と広い雪田。急に視界が開け右手に野反、左手に草津の山々が見通せる。野反弁天山とエビ山の鞍部でキラッと光が反射した。あの深い山中にも入山者がいるのだ。今頃、我々「のろげんげ」の仲間もさらに奥深い白砂山に向かってラッセルの最中だろう。

熊倉尾根クロカンスキー:イメージ6

雪田はこのコースでは少ない滑降を楽しめるところなのでなるべく荒らさないように登る。しかし我々二人だけのトレイルではそんな心配も必要ないか。二段目からはシラビソやカンバ、ブナの林になる。樹林が濃く、すっかり崩れてしまったモンスターを縫って進む。この季節しか味わうことのできないコースを目一杯堪能し、三段目の手前で大休止。青空の下でビールとサンドイッチが美味い。時間も遅いので今日はこれまで、渋峠までは後一時間はかかる。いよいよ滑降、といっても樹林の中はほとんど歩き。先ほどの雪田の頭から気合いを入れ滑り込むが雪が腐って重い。時折スキーが深く沈み思うにならない。振り返ると真っ白な雪田に二本、あまり美しくないシュプールが描かれていた。しかしこの景色中に飛び込んで滑る幸せは何物にも代えられない。後は切り開きを一直線に走る抜けるだけだ。

帰りは草津温泉の無料公衆浴場に寄った。数軒有るうちでD嬢お勧めの「千代の湯」、熱湯の草津としてはここはぬるい方で泉質も硫黄分が弱い。中で一緒になった人の話では草津でもここは仕上げ湯だそうだ。

-DATA-

場所:
群馬県吾妻郡六合村熊倉
交通:
マイカーもしくはJR長野原草津温泉口からタクシー。
駐車場:
集落の路肩に数台。道が狭いので迷惑にならない場所に。
トイレ:
なし。
備考:
熊倉~渋峠およそ4時間。広く視界の効かない尾根歩きがほとんどなので地図、コンパス必携。温泉:草津温泉千代の湯(無料)この他にも数軒無料公共浴場あり。

尼ヶ禿山スキー

Mar.20, 2001 ブナ林を滑り湿原を歩く

尼ヶ禿山スキー:イメージ1

2日前のパルコール嬬恋スキー場~万座スキー場縦走で身体はぼろぼろ、しかし天気は快晴という予報。リハビリを兼ねてブナ林をのんびりと散策し、あとはビールとつまみを沢山用意してひなたぼっこを楽しもう。そんな時にお勧めなのが玉原(たんばら)湿原だ。小さいが尾瀬に匹敵する高層湿原で花の時期には大勢の人で賑わう。勿論、今はすべて雪の下だがもう其処此処に春の息吹が感じられる。また湿原を囲む山々はブナが豊富で、新緑や紅葉の季節はそれを目当てにやって来る人も多い。

尼ヶ禿山スキー:イメージ2

関越道を走り出すと上州武尊や谷川は霞越しの遠くにあった。もう春なのだ。私のスキーシーズンも後2ヶ月、心残りの無いよう今日も楽しまなくては。沼田インターで降り、標識に沿って玉原スキーパークへ向かう。誰が走っても間違えようがない道だ。スキー場のひとつ手前のカーブに林道入り口と駐車スペースがある。今日はそこに赤い車が一台止まっていた。見覚えのある車だと思っていたら、我々「スキー歩きニズム研究会・のろげんげ」の仲間I夫妻だった。せっかく一人でのんびりしようと思っていたのにショックだった。仕方なく同行することにした。

尼ヶ禿山スキー:イメージ3

雪に埋もれた林道には沢山のスノーシューやスキーのトレイルがあった。しかし今日のものはない。週末に入ったらしい。しばらく行くと広い場所に出る。ここは無雪季には散策広場になっている。点在する東屋の屋根の雪もだいぶ融けている。上州武尊山の剣ヶ峰が樹幹越しに見えた。さらに行くとレストハウスの大きな建物、窓は板が打ち付けられまだ閉鎖されている。ここから下り坂になり勢いを付けて滑り出すが雪が腐っていてすぐに止まってしまった。湿原の入り口あたりに鳥居が頭だけ出していた。玉原湖畔に出て橋を渡ると緩やかな登りになって朝日の森ビジターセンターに着く。ログの立派な造りだ。この西側から尼ヶ禿山の尾根に取り付く。

尼ヶ禿山スキー:イメージ4

ここにもスノーシューやスキーのトレイルがあった。これに沿って登って行くとブナも次第に立派になってきた。山が深く人の手が入りづらかったのだろう。灌木の枝の赤テープが膝下あたりにあった。夏道用だろうが、それがこの高さということはまだ積雪はたっぷりということだ。右手の枝尾根からもう一つの夏道が合流することを示す標識があった。適度な斜度で尾根は続いている。そして送電線の鉄塔が現れると、それは左に折れた。山頂はもうすぐそこだ。

最後の急登をひと登りで山頂部、南面は雪がこそげ落ち黒い山肌が覗いていた。クラックに注意しながら開けた場所に立つと谷川岳の双耳峰が真っ白に見えた。上州武尊の山並みは迫力を見せていた。足下には玉原湖の水が青く光っていた。

尼ヶ禿山スキー:イメージ5

いよいよ滑降、登路の尾根を行かずにその一つ南の尾根に入り込む。ここは玉原湖の湖畔近くまで滑り降りることが出来る。ブナを縫って自由にシュプールを描くと言いたいが、雪質が悪くて苦労する。重い雪にステップソールが引っかかりターンの度にスキーを取られる。しかしこの斜面は我々だけのものだと思うと嬉しくもある。谷を渡ってカモシカの足跡が続いていた。木がうるさくなったところで登路の尾根に登り返した。直滑降で朝日の森まで一気に滑り降りた。

尼ヶ禿山スキー:イメージ6

小さな沢の脇でビールを飲んで大休止。雪が日射しに融け木々を伝ってぽとぽとと音をたてている。ヤナギはもうつぼみが開き、白い花が覗いていた。湿原を散策する。これもこの時期を外すと木道の上しか歩けないが、今は自由に散策できる。ブナやカンバはまだ冬眠中のようだが、その代わりをするかのようにヤドリギが幅を利かせている。ふくらんだ芽を着けた低木もある。春を感じるスキーハイキングの一日だった。

-DATA-

場所:
群馬県沼田市玉原
交通:
マイカーもしくはJR沼田駅より玉原スキーパーク行きバス
駐車場:
路肩に2台ほど可。しかし積雪量によって異なる。また降雪時は除雪の妨げに なるので駐車しないこと。
トイレ:
冬季閉鎖。
備考:
山頂までおよそ2時間。玉原湿原を歩くだけでも楽しいクロカンコースになる。上発知にはナメコ汁、マイタケ汁、こんにゃく田楽と無料サービスの店が3軒ある。温泉:昭和村温泉センター500円。

パルコール嬬恋スキー場~万座スキー場

Mar.18, 2001 二つのスキー場を結ぶ国境稜線を行く

パルコール嬬恋スキー場~万座スキー場:イメージ1

最近、我々の中ではエクストリーム・クロカンなる言葉が流行っている。それは限りなくシンプルな道具で野山を滑り歩くという行為だ。板は細く柔らかく、靴は歩きやすい革製、そんな道具だから当然滑りは難しくなり、転ぶために滑るようなものである。しかしその中に遊びの本質が隠れているような気がする。パルコール嬬恋スキー場と万座スキー場を結ぶ国境稜線上には浦倉山、土鍋山、御飯岳がある。これらを一日で繋げようと仲間からの誘い。また荒涼とした風景の閉山された小串硫黄鉱山跡にも興味ある。二つ返事でOKしたが、その距離が問題だ。半端ではきかないロングディスタンス・エクストリーム・クロスカントリースキーだった。

パルコール嬬恋スキー場~万座スキー場:イメージ2

メンバーはリーダーで我々「スキー歩きニズム研究会・のろげんげ」の仲間、「山雨海風」(http://www5.wind.ne.jp/masatomi/index.htm/index.htm)夫妻、スキーアルピニズム研究会の「雪兎」(http://member.nifty.ne.jp/YukiUsagi/)、それに私の4人。早朝6時、JR吾妻線「万座鹿沢口」駅に集合し車一台をゴールの万座スキー場にデポに向かう。晴れかかった空も高度を増すと供に雲が厚くなり、風も強く不安に駆られる。再び駅に戻り今度はバスに乗り換えてパルコール嬬恋スキー場へ。風で大きく揺れるゴンドラに冷や冷やしながら山頂駅に降り立った。

パルコール嬬恋スキー場~万座スキー場:イメージ3

気温は高いが風は強く、またガスで視界が悪い。浦倉山山頂まではほんの数分で着く。ここから東に尾根を下らなくてはいけない。しかし樹林が濃く思うようにならない。進みやすいルートを取ると次第に尾根を外れてしまう。視界が効けば後からどうにでも出来るがこのガスでは一度ルートを失うと大変だ。おまけに雪質は前日の雨のせいで最悪のモナカ雪。ターンも思うに任せず、狭い樹林の間で全員悪戦苦闘している。稜線上の最低鞍部を探して左右に大きく取りながら進む。わずかな雲の切れ間にそれが見えた。そこにたどり着くだけでヘトヘトになった。

パルコール嬬恋スキー場~万座スキー場:イメージ4

鞍部の吹きっさらしにスキーの古いトレイルがあった。土鍋山への登りになる。斜度たいして無いが木々と間の雪襞がうっとうしい。晴れ間が覗くようになった。霧氷が美しい。木もまばらになり、振り返ると浦倉山の背に四阿山が見えた。ルートはなだらかにアップダウンを繰り返して土鍋山に続いていた。土鍋山頂までおよそ3時間。御飯岳とを隔てる谷底には閉山された小串硫黄鉱山が荒涼とした姿を見せていた。

パルコール嬬恋スキー場~万座スキー場:イメージ5

のんびりとはしていられない。そそくさと行動食を口に詰め込み先を急ぐ。鉱山跡めがけて本格的な滑降が始まった。急斜面をジャンプでかわしながら少しずつ降りていく。谷底まで続くように霧氷の林が美しい。私の板だけ他のメンバーより幅広なので有利だ。加速もつきやすいのでモナカ雪を砕いて滑る。しかし斜度が緩むとそれも難しくなり、派手に転んで鼻の頭を硬い雪に切り裂かれた。細い尾根を途中まで降り、等高線沿いに沢を巻いて渡る。鉱山跡の所々は強風に雪が飛ばされ地肌が黒く覗いていた。

パルコール嬬恋スキー場~万座スキー場:イメージ6

御飯岳に登り出すと土鍋山の肩から浅間山が見えだした。今日も白い煙を威勢良く上げている。小山を乗っ越すと最後のピーク御飯岳山頂部が見えた。しかしここからも長かった。時間もどんどん過ぎていき気持ちは焦るのだが、身体が言うことを聞かない。ここもモンスターや霧氷がきれいだが見とれている暇はない。ピークに立てたときは4時近かった。万座スキー場のプリンスホテルはまだまだ遠くにあった。
急斜面の下降となる。もう滑りなどどうでもイイ。遙か下に見える林道に取り付き、安心したい。樹林を縫って滑り、等高線沿いに左にトラバース、やっとの事で林道(県道鹿沢~高山線)に取り付いた。一安心と思ったがそう甘くはなかった。陽はすぐにも沈もうとしている。西日を背に受け進むが、林道はカリカリのクラストとなっている。片斜面に足を取られながらさらに2時間。今日はステップソールの板で無いので少しの登りも苦労する。かといって下りもあるのでシールを付けるわけにも行かない。たどり着いた万座スキー場はカクテル光も眩しいナイターゲレンデになっていた。

-DATA-

場所:
群馬県吾妻郡嬬恋村
交通:
万座鹿沢口駅よりバス30分、670円+スキー持ち込み料金50円。
パルコール嬬恋スキー場ゴンドラ1100円。万座有料道路片道1020円。
駐車場:
万座鹿沢口駅駐車場無料
トイレ:
スキー場、駅にあり。
備考:
行動時間9時間+車の迂回+バスで12時間は必要。コースは長くエスケープルートはない。地図、コンパス、ビーコン、ビバーク用品必携。万座スキー場から御飯岳かパルコール嬬恋スキー場から土鍋山が日帰りコースとしてはお手頃。
1/25000地形図:「四阿山」「御飯岳」
温泉:JRやまだ屋温泉旅館(万座鹿沢口駅より車5分 500円)

ページのトップに戻る