スノーレポート

サブナビゲーションをスキップ



« 本白根山スキースノーレポート:トップページパルコール嬬恋スキー場~万座スキー場 »

高手山

Feb.25, 2001 吹雪の日はてきぱきと

高手山:イメージ1

高手山は日本百名山「上州武尊山」の前衛峰にあたり、その東山麓は川場スキー場としてにぎわっている。しかし山頂は隔絶された自分だけの世界だ。川場村と沼田市の境界を為す緩やかな尾根を軽やかに辿る。天気のあまり優れぬ日は、低山てきぱきスノーハイキング。

高手山:イメージ2

関越道を沼田インターで降り標識に従って玉原スキーパークを目指す。山に向かうに従って吹雪になった。上発地(かみほっち)集落のはずれで「21世紀の森」へ右折し林道に沿って行くと戸数5~6件の上発地開拓に着く。そのまま集落を通り抜け、除雪されてはいないので道が不安になったら路肩に駐車する。年によって何処まで車が入れるかは判らない。しかし大抵集落を過ぎたあたりだ。

高手山:イメージ3

こんな天気の日は素早く行動することが大切だ。てきぱきと用意をしてきぱきと歩く。休憩は最小限、てきぱきと下山して温泉でのんびりするのだ。前日山間部は雨、そして寒気が流れ込んでいるのできっと今日の雪はクラストだろう。そう思ってやって来たが車から出ると意外に暖かい。雪も粉雪、これならもっと滑降の楽しめる山にしておけば良かったか。そんなことを思いながら歩き出した。スキー板はステップソールのついたライトテレマーク、この半月状のムーンカットは登坂力抜群で、シールを着けなくても有効なてきぱき板なのだ。

高手山:イメージ4

この道も以前は畑の中のやっと車が一台通れる幅だったが、この先に「21世紀の森」という森林公園ができたので倍以上に拡幅された。今は一面の雪に覆われた畑に沿ってその広い道を行く。しばらくするとゲートが現れた。開いたままだ。どっちみちその手前で除雪されなくなるので関係ないのだ。それならゲートも必要ないだろうとつっこみたくもなる。「21世紀の森」の看板とともに道はなだらかな尾根に取り付くように大きく左にカーブした。カーブの内側には炭焼き釜があった。公園の付帯施設らしいが今はほとんど雪の中だ。もう一度右にカーブする。道の左手は、以前は作物の試験栽培場で自由にシュプールを描いて遊ぶことができたが、いまは駐車場になって長いスロープは寸断されてしまった。時計が寂しそうに立っていた。

高手山:イメージ5

立派な作りのログキャビンが2棟。管理棟と学習施設らしいが、勿論ここも閉まっている。展望台やトイレの広場を過ぎ再び道が左にカーブしだした頃、右のアカマツ林に入る。しばらく道に沿ったあと、林の中の切り開きを行く。初めてだと見つけづらいルートだ。前日のものらしいスノーモービルのトレイルがあった。こんなところまで入り込むスノモがいることにショックだった。しかしきっとこのすぐ先までだろう。アカマツ林を過ぎると細い尾根になり、またすぐに広い雑木林になる。風もなく休むのには最適な場所だが今日はてきぱきスキーなのでそれも無し。ここは木が濃く、間をくぐったり手で枝を分けたりしながら進む。方向を北にとればやがてまた細い尾根になる。

高手山:イメージ6

ここまで来れば後は忠実に尾根に沿って北へ向かうだけだ。ほとんどカラマツの植林で、尾根上だけは川場と沼田を分けるようにカンバやミズナラが見られる。天気は相変わらずだが、カラマツ林が強風から守ってくれる。頭だけ雪から出して祠があった。昔は東西の集落を結ぶ山道が通っていたのだろう。尾根の鞍部は風の通り道で雪が襞状に削られている。ほとんど似たような景色の連続だが、時折聞こえてくる川場スキー場の音楽が次第に大きくなる。

高手山:イメージ7

もう少しで高間山というときに後からスノモがやってきた。ブンブンとエンジンを噴かしてうるさい。狭い樹林の尾根なのでどうしてもコース取りが同じになる。すぐ後に着かれたが譲る気はない。せっかく静かな山を楽しみに来たのに冗談じゃない。先を越されたら、うるさくそしてオイル臭い中を荒らされた雪面に沿って行かなければならない。しばらく追いつ追われつを繰り返したが、そのうち諦めたのか引き返していった。山頂は林の中に小さな祠と標識があるだけで、尾根の一部のようだ。尾根はさらに川場スキー場から剣ヶ峰、沖武尊と続いている。吹雪は結局止むことはなかった。てきぱきと下山する。雪はパウダーで最高だ。しかし途中からは例のスノモに汚された山肌が悲しい。往復3時間。車に着いてミラーを見ると髪も髭も雪で白くバリバリに凍っていた。

-DATA-

場所:
群馬県沼田市上発地
交通:
上発地開拓までマイカーもしくは上発地バス停から徒歩1時間。
駐車場:
なし。路肩に駐車可。
トイレ:
冬季閉鎖。
温泉:
白沢村「望郷の湯」500円他
備考:
1世紀の森はクロカンコースとしてお手軽。公園を過ぎた最初の尾根の取り付きが判りづらい。バリエーションルートとして奈女沢林道からのアプローチもある。上発知にはナメコ汁、マイタケ汁、こんにゃく田楽と無料サービスの店が3軒ある。ハシゴをすれば満腹。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る