スノーレポート

サブナビゲーションをスキップ



八幡平の樹氷

Feb.21, 2004 初めての単独冬山スキーツアー

八幡平の樹氷:イメージ1

樹氷原を見たいと思っていたが、なかなかその機会に恵まれていなかった。しかし、2月下旬の休日、天気予報に「雪」の文字が出てこない。このタイミングを逃すと樹氷はもう来年以降のものになってしまうだろう・・・。いざ盛岡の自宅を出発すると八幡平へは東北道を使えば1時間もかからないでついてしまう。三つ目の松尾八幡平インターを降り、急勾配のアスピーテラインを登山口の八幡平スキー場まで上る。薄く掛かっていた雲もとれて空は真っ青になっていた。ここから第二第三リフトを2本乗り継いで大黒森へ高度を上げてもらう。「今日は山、いいべな」リフト係りのおじさんにニコニコしながら話しかけられた。「そうですね。」確かにいいかもしんないなー、そう思いながらザックを手前に抱え搬機に腰をおろした。途中、強風でリフトが何度か止められた。晴れているとは言えそこは樹氷の出来る冬山、油断してはいけない。リフトの終着からコースの入り口は1の標識を目印にして左に進路をとる、いざここからが冬山ツアーの始まりだ。

続きを読む "八幡平の樹氷" »

ページのトップに戻る