パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2004年05月パドリングレポート:トップページ

釜石市両石湾

Nov.23, 2004 初めてのソロ・ツーリング

釜石市両石湾:イメージ1

釜石市両石湾は、天候の変わりやすい三陸エリアの中では、シーカヤック初級者にも比較的親しみやすいフィールドではないかと思います。この日は、誰も遊んでくれる人がいなかったので、私は一人ぼっちで愛艇ルクシャとともにプチ・ツーリングに出かけました。実はソロ・ツーリングは初めて。ちょっとドキドキです。

釜石市両石湾:イメージ2

国道45号線を釜石から山田町方面に向かって北上し、最初のトンネルを抜けた「両石」の信号を左折。さらにパチンコ屋さんに入るように左折すると見せかけてパチンコ屋さん左脇の細道へ入ります。すぐ砂利道になりますが、構わず突入。国道の高架下をくぐると野球場広場がありますので、その脇を水海川に沿って進み、一番海に近いほうに車を停めちゃいましょう。スタートは水海川河口水門です。乗艇場所は、潮の干満によって違いがあります。潮が満ちていれば、ラッキー!運ぶ距離が近い河川敷から乗艇できます。潮が引いていれば・・・残念!ちょっとだけ距離があるけれど、水門をくぐって海の入り口までがんばって運びましょう。でも、ちょっとだけだから心配しなくてもダイジョーブですよ。

釜石市両石湾:イメージ3

本日はラッキーデイ。潮が満ちていたので、川のほうから出発です。テトラポットの防波堤を越えたら南側の岸に寄っていくことをオススメします。なぜなら、ちょっと漕げばすぐにプチ三陸っぽい雰囲気を味わえるし、北側には両石漁港があるので、なるべく漁師さんたちのご迷惑にならないようにねっ。少し漕ぐと左前方、箱崎半島の向こうに島が見えてきます。海鳥の楽園、三貫島です。この島は、ウミツバメなどの繁殖地であり、人の上陸は禁止されています。禁止されているといっても、どうせものすごい岩肌の島で上陸できるようなポイントはほとんどないんですけどね。とにかく、とーってもダイナミックな島なので、一漕の価値あり。天候のよい日には、ぜひチャレンジしてみてください!

釜石市両石湾:イメージ4

そんな三貫島を涎をたらして見つめながら、南側チキンルートを漕いでいくと、こちら側もだんだん三陸らしい岩が出始めました。しばらくすると右側に大きな入り江が現れ、ここを入っていくと一番奥に休憩にちょうどよい浜があります。湾内のさらに入り江なので、風の影響を受けることもほとんどありません。でも、今回はとてもよい天気だったので、休憩はちょっと後回しにして、もう少しがんばって漕いでみることにしました。キンチョーぎみに漕ぎ進め、前にも来たことのある岩のトンネルに到着です。このトンネル、名前あるのかな~。ちょっとわかりません。でも、初めての一人トンネルくぐりは、大興奮でしたよ!

釜石市両石湾:イメージ5

そのままもう少し進むと、外海です。天候の変わりやすい三陸の外海に一人で行くのは、ちょっとためらわれましたが、その日は快晴、無風という最高のコンディションだったので、思い切ってもう少し漕いでみることにしました。岩の間をすりぬけると...なんとびっくり!すんごい景色が現れました。太陽にきらめく海には、まぶしいほど白さの際立つ白崎とそれに続く奇岩の数々、その向こうに馬田岬。さらに釜石湾を隔てひときわ突き出た尾崎半島が横たわっていたのです。ドキドキしながら岸づたいに少しずつ南下し、奇岩の隊列が終わると小さな湾があり、奥に浜が見えました。その浜は、ランチ休憩には最高の場所に見えたけれど、何しろ相手は三陸の外海。休んでいる間に風が吹いてきて出艇できなくなった、なんてオチはかなりありがたくありません。そんなわけで迷ったあげく、今回は上陸せずに引き返すことにしました。

釜石市両石湾:イメージ6

違う道を通りながら湾内に戻り、先ほど通過してしまった入り江に入って上陸。独り占めの浜でランチタイムです。贅沢な休憩を堪能した後、スタート地点へ戻りました。あとで確認すると、漕行距離約10キロ。興奮したわりには、さもない距離でしたが、私にとっては心に残る大アドベンチャーツーリングでした。外海はともかく、両石湾内はほとんどが静かなので、三陸の中では、わりとお気軽に艇を浮かべられるフィールドだと思います。お勧め度100%です。

-DATA-

場所:
釜石市両石湾
交通:
JR釜石線両石駅より車5分。
国道45号線を釜石から山田方面へ北上。「両石」信号左折してすぐ
駐車場:
あり(野球場脇の空き地)
トイレ:
あり(野球場の公衆トイレ)
その他:
詳しい情報は釜石のアウトドアショップMESA(釜石警察署前)へ。
TEL:0193-22-7005

紅葉の田沢湖・二人ぽっちツーリング

Nov.03, 2004

紅葉の田沢湖・二人ぽっちツーリング:イメージ1

紅葉真っ盛りの休日、仲間に誘われて秋田県玉川下りに・・・玉川は田沢湖の近くにある川で、ロデオパドラーには有名な生保内放水口を有しています。あまり知られていないのが、この生保内から下流のコース。一つ大きな瀬がありますが、それをクリアすると人口物のない深い渓谷に囲まれた静かな世界が広がります。玉川の水の色はなんだか不思議に深い青。とても不思議な、現実の世界をワープしたような世界が楽しめるので、ワタシも大好きなフィールドです。

紅葉の田沢湖・二人ぽっちツーリング:イメージ2

しかし、残念ながら当日は冷たい雨。集合した唯一の女性パドラーゆみさんとワタシは、即川下りは却下。だって、こんな寒い日は乳頭温泉あたりでたーっぷりぬくだまる(温まる)ほうがいいでしょ?そんなわけで、それでも下るという仲間を優雅に見送り、とりあえず乳頭温泉方面へ。ところが、ちょうどその頃、さっきまでの冷たい雨がやんだのです。うーむ・・・温泉には時間も早いし、とりあえず田沢湖でも漕ごうか?という話になり、ついでだから横断しとこうか?ということにあいなったのでした。

紅葉の田沢湖・二人ぽっちツーリング:イメージ3

今回は車を東端の田沢湖キャンプ場側とそのほぼ対岸、西側にある田沢湖プリンスホテル駐車場の両方に停め、キャンプ場からスタートすることにしました。田沢湖の周囲は約20キロ。コンディションがよく時間のあるときなら、1日かけてゆっくり一周することもできます。今回スタートとゴールに使った2箇所以外にも北側の御座石神社や南側のたつこ茶屋など上陸できるポイントがあります。ただし、神社のほうは観光船が大接近することとたつこ茶屋のほうはジェットスキーヤーたちの練習エリアになっていること、また今回スタート地点に使用した田沢湖キャンプ場の少し北側は観光船の発着所とスワン遊びエリアとなっていますので、邪魔にならないよう注意が必要です。

紅葉の田沢湖・二人ぽっちツーリング:イメージ4

田沢湖は、なんといってもその特有の青さが特徴。無風状態のときの湖面はまるで鏡のよう。カヤックで水を切っていくのに罪悪感さえ感じられるほどです。でも、そんなささやかな罪悪感と同時にワタシはワンパドルごとにできるベールのような美しい水のラインにみとれ、トランスパドリングに陥ってしまうこともしばしば。その見事な青さは、見ているだけで吸い込まれてしまいそうなのです。ところが反対に風の強いときは、海さながらに波が立ち、横断どころかちょっとした水遊び程度でさえ撃沈者が続出するほど。その様変わりのすごさは、同じ湖とは思えません。時間帯や場所によってもコンディションが異なる場合があります。静かなときは、ものすごい青さの包容力をもつ田沢湖ですが、その深さも日本一。艇を出すときは、くれぐれも注意してくださいね。

紅葉の田沢湖・二人ぽっちツーリング:イメージ5

今回の二人ぽっち横断は、少し追い風追い波ぎみでした。紅葉に囲まれた田沢湖を2人占めする時間は、緊張感と贅沢感に満ち溢れていました。ただ横断してもつまらないので、当初は紅葉が鮮やかに見える南側、たつこ茶屋方面を目指していたのですが、途中背後からだんだんと霧が濃くなり始めました。振り返ると、いつも雄大な姿で見守ってくれる秋田駒ヶ岳が霧ですっぽり隠れてしまっています。そこで、最初の計画を変更し、まっすぐゴールを目指すことにしました。

紅葉の田沢湖・二人ぽっちツーリング:イメージ6

幸い真っ白な霧に追いつかれることなく、無事田沢湖プリンスホテル横の岸辺にに到着。ゴール付近にあるたつこ像に立ち寄り、感謝の挨拶をささげてツーリング終了としました。紅葉ベストシーズン。100%キモチよく、満足感たっぷりのツーリングでした!

-DATA-

場所:
スタート地点・・・秋田県仙北郡田沢湖町 田沢湖町営田沢湖キャンプ場
ゴール地点・・・秋田県仙北郡西木村 田沢湖プリンスホテル
交通:
車:
東北自動車道盛岡 I.C.から国道46号線経由で約40km(平常時1時間15分)
秋田駅から国道13号線・46号線経由で85km(平常時1時間45分)
電車:
秋田新幹線田沢湖駅からバス35分、車25分(約\5,500)
角館駅からタクシーで30分(約\6,400)東北自動車道
駐車場:
2箇所ともあり(田沢湖キャンプ場の駐車場を利用されるときは、管理人さんへ一声かけましょう)
トイレ:
2箇所ともあり(田沢湖プリンスホテルに一声かけましょう)
営業期間:
2箇所とも4~11月上旬
その他:
田沢湖プリンスホテルでは、カヌー体験を実施しています。レンタルカヌーや講習会も実施していますので初心者でも安心。お気軽にお問い合わせください。

ページのトップに戻る