パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 多良間島シーカヤック一周敗退パドリングレポート:トップページ庵治の島々シーカヤックツーリング »

海からカナダ西海岸を探索

May.25-26, 2001 Indian Armのシーカヤッキング

海からカナダ西海岸を探索:イメージ1

カヤックでキャンプに出かけよう。ブリティッシュコロンビア州海岸を探求するにはこの方法が最適だ。海岸を静かに滑走すると、好奇心いっぱいのアザラシ、遊び好きのカワウソが視察に訪れる。まれにはイルカやオルカさえもが偵察に来る。ビーチ沿いでは、餌を探す熊や狼に出くわすだろう。ごつごつした枝の上から彼らの領地を見渡している鷲を見るだろう。その昔、カヤックはイヌイット族のアザラシ猟のために発明された。その頃のものと比べると、近代的なシーカヤックは長くそして強化された。アザラシやカリブなどの材料はファイバーグラスとプラスチックへと変わった。この用途の広く頑丈なクラフトでならブリティッシュコロンビア州沿岸のどこへ行くことも可能だ。カヤックでのキャンプは楽しいものだが、写真のような光景を見るとやりきれなくなる。生きた木々はキャンプファイヤーの犠牲となったあげく、燃やしきられてもいない。ごみを次の人の為に残していってくれたのだろうか。せめてこの人達が、蚊に刺されぼこぼこになったとでも思いたい。

海からカナダ西海岸を探索:イメージ2

入江に囲まれ海上交通の盛んなこの場所、Indian Armは処女航海にもってこいだ。Indian Armは1日または1泊旅行に最適だ。Deep Cove Canoe and Kayakでカヤックを借り、カヤックの前と後に荷物をバランスよく積め込んだらDeep Coveから北へと向かう。緊急時に海上交通の激しさは好都合だが、入江ではレジャーを楽しむ船が一番危険だ。なぜなら、ブリティッシュコロンビア州では原動付きボートの操縦にライセンスは不要だ。ということで技術レベルにはびっくりさせられる。このような理由からも、カヤッカーは特に目立つように明るい色の服の着用をお勧めしたい。さらに海岸沿いを滑走するとき、あなたのグループがばらばらにならないようにすることが賢明だ。かたまっているグループは見えやすく、大海原で一人一人ばらばらに広がることは避けたい。必要なとき以外、海上交通路を横切ったり海の真中でだらだらしないようにしよう。

北側に向かうとすぐにDeep CoveのビーチとWoodlandsの裏を離れて行く。右手にIndian Arm州立海洋公園の一部であるRacoon島そしてTwin島が見えてくる。Twin島では島の北側に小さな水源があるだけだが、飾り気のない2、3個所でキャンプが可能だ。北にこぎ続けると、いくつかの町を通りすぎる。点在する小さなビーチは入り江に垂直に落ち込む急でごつごつした崖へと続き、これがブリティッシュコロンビア州沿岸でよく見られるフィヨルドを作り出している。事実、Indian Armは北アメリカの西海岸で見られるこのような入江の最南端に位置する。8kmほどカヤックをこいで行ったところの西岸でコンクリートの工作物に気づくだろう。1903年に作られ、1914年に拡張されたこの発電所は、バンクーバー最初の水力発電施設だ。崖の上のBuntzen湖から排水される。この二つの小さな発電所は、今もなお76,700kwを送り出す街の重要な力を備えている。Buntzen湖への二つ目の発電施設からのサービス路は、半時間の快適な散歩となるだろう。カヤックの中でむずむずしていた足を思いきり伸ばしてやろう。

発電所をすぎ文明を後にする。4kmほど後、西岸の崖へと流れる滝、Silver Fallsを見る。滝の前の水中に注目しよう。なんとも奇妙な生き物、クラゲの産卵が見られるはずだ。2.5kmほど進むとBishop's Creek州立海洋公園につく。その反対側には急な崖のためキャンプ、陸に降りることが禁止されているGroker島がある。Granite Fallsの北、短いトレイルは入江入り口の景色を望むことのできる場所へと続く。Indian川の河口域の左にWigwam Innがある。国際的なお金持ち達のための贅沢なリゾートとして1910年に建てられたWigwam Innは今現在、Royal Vancouverヨットクラブの出港地になっている。ロッジから歩いて2、3分のところの滝、Spray of Pearl Fallsを訪ねてみよう。キャンプサイトは炭坑があるIndian Armの先を渡ったところに見つけられる。チャーミングな場所とはいえないが値段はお手頃で放棄された道具を散策するのは興味深いものだ。ぎざぎざした金属、取り残された錆び付いたケーブルで足を切ったりしないように底の分厚い靴をはいておこう。Indian川の入江は、満潮時には散策に適した場となる。手釣り糸またはカニの仕掛けを持って行くつもりなら、晩御飯にカレイ、たら、カニを試してみよう。海水の釣りのライセンスを必ず持参しよう。Indian Armでは汚染、赤潮などで危険なので貝類は避けたい。

-DATA-

場所:
ノースバンクーバーから北へ
交通:
SkyTrainのBurrard駅の隣のDunsmuir Streetから210番Upper Lynn Valleyのバスに乗り、Phibbs Exchangeで211番、212番または290番に乗り換えDeep Coveの道の最後まで行く。カヤックの会社は、ウォーターフロントを下りて行ったところにある。
駐車場:
ノースバンクーバー
トイレ:
Twin島とIndian Arm州立公園Bishop's Creekにトイレあり
難易度:
容易
距離:
36km
時間:
6時間
注意事項:
海上交通多し

-DATA-

◆Indian Arm Kayaking◆
■Deep Cove Canoe and Kaya Deep Cove, North Vancouver
・(604)929-2268
・レンタル 10ドル(時間)
・一泊60ドル
・赤潮ホットライン 666-2828

海からカナダ西海岸を探索:map

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る