パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 海からカナダ西海岸を探索パドリングレポート:トップページ奥会津リバーツーリング »

庵治の島々シーカヤックツーリング

May.26, 2001 庵治で島巡り

翌週は牛窓で盛大なシーカヤックイベントが開催される。Gofieldスタッフとして、「いやぁ、今年初めての海なんですよー」というわけにもいかないので、スタッフの稲毛君と近場の庵治町で今年最初のシーカヤックを楽しむことにした。というか、練習ですね。R11を県道36号庵治方面に入り、石材屋さんの並ぶ道を北進。やがて庵治町の中心街になり、そのまままっすぐ。庵治温泉を越えると江の浜海水浴場にいたる。四国最北端の竹居観音岬はこの先だが、浜の終点のところの路肩に車を止めてここから海に出る。夏場は通行量もそこそこあるので、車の運転は注意が必要だ。

広い路肩でシーカヤックを降ろして準備を整える。ついついビールなんかも積み込んでしまいます。目の前には小豆島を背景に島々が点々としている。シーカヤックのフィールドとしてはすこぶるそそる眺めだ。僕らは時計と反対周りに稲毛島から目指すことにした。奇しくも同行する稲毛君と同じ名称。今年最初のパドルを漕ぎ出した。と、けっこう船が多い。フェリーなんかが島と島の間を通っている。多少の波もあって、僕はちょっと緊張する。いや、かなり緊張。波に揺られることが快感になるまで時間がかかった。稲毛島は地図では1,200mほどなんだが、どうにも姿勢が悪いのか腕の動きが悪い。感を思い出しつつ進む。

庵治の島々シーカヤックツーリング:イメージ1

晴天のぎらぎら太陽の中をやっとの思いで稲毛島到着。ペットボトルのお茶を飲む。2リットルだが無くなりそうな気がしてきた。稲毛島は2つの岩場があってその間は壁一枚という感じの土手。標高も高くない。周辺には釣り舟や渡船で渡った釣り客がいて迷惑そうにこちらを見ている。遠慮して沖を進んで今度は兜島へ渡る。徐々に潮の流れが速くなるが、慣れてきた僕らは軽快に波を超えていく。浅い岩場などでは海草が茂っていて海が黒い。姿勢を倒して気をつけて海の底を覗き込む。太陽光線の中で魚が岩の間の砂の上に寝ている。コチとかいう魚だ。釣られないようにね。

庵治の島々シーカヤックツーリング:イメージ2

兜島を後にして、鎧島へ。途中、白波が立っているところを通り抜ける。スリルを味わいつつ注意して進む。正直言うと僕はそろそろばててきていて、稲毛君にペースを合わせることを辞めている。マイペースでのんびり行くことにした。すると離されるわ離されるわ。運動不足はいかんですね。鎧島で「大島まで行くかどうか?」考えたがここまで来たら全部周ることにする。大島は無人島でなく、国立の療養所などもあって、定期船が就航している。それだけに船には注意だ。汗たらして大島神社の社を見ながら、なんとか浜が近づいてきた。

庵治の島々シーカヤックツーリング:イメージ3

浜に上陸。時間も早いのでビールを飲んで休憩にした。木陰でライフジャケットを脱いで寝転ぶ。山でも海でもこの瞬間が一番好きだ。って、当たり前ですよね。寝転ぶと青い空が広がっていて、波の音がリズムを刻んでいく。青と黄のシーカヤック以外、人工物は何も見えない。大きな流木と僕らだけの浜でしばらく目を閉じた。

-DATA-

場所:
香川県木田郡庵治町
交通:
R11から県道36を庵治方面。海沿いに走って、江の浜。
駐車場:
路肩が広い部分に駐車する。
トイレ:
浜辺には無いので気をつけましょう。
キャンプ:
ちょっと危険です。
携帯電話:
ほぼ通話圏内です。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る