パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« エイベル・タズマンカヤックツアーパドリングレポート:トップページお花見パドリング »

ファラリキ・ビーチ

Feb.27, 2001 とっておきのサーフィン・スポット

ファラリキ・ビーチ:イメージ1

我がホーム・フィールド、エイベル・タズマン国立公園は大変穏やかな海域。それがニュージーランド(以下NZ)No.1シーカヤック・フィールドの一因であるのだが、サーフィンに関してはかなり絶望的な状況だ。私のもう1つのお気に入りフィールドであるマルボロ・サウンドもまた同じ。やはりサーフは外洋に出ないとダメだ。というわけで、我々はサーフィンと言えば、たいていファラリキ・ビーチ(以下ファラリキ)に出かける。今回も社員旅行でファラリキにサーフィンに出かけた。サーフィンと言ってもそこは『パドリングレポート』のこと、普通のサーフボードを使ったものではなく、勿論パドル・サーフィンである。

ファラリキ・ビーチ:イメージ2

ファラリキは、南島北端に横たわる三日月型の長大な砂丘、フェアウェル・スピットの付け根付近にある、それはそれは美しい海岸。文字通り地の果てにあるシークレットビーチなのだが、見事なアーチを持つ岩山が海面からニョキニョキとそそり立ち、この上なく細かい砂は目を奪うような不思議な風紋や波紋を砂丘や波打ち際に残してくれる。この奇景は絵葉書でもよく目にするので、最近人気が高まっている隠れ観光スポットだ。その上、外洋タズマン海に面する西海岸なので、常に素晴らしいサーフが打ち寄せているというのだから堪えられない。『パドリングレポート』でオットセイと共にサーフィンをした経験をご紹介したが、実はあれもここでの出来事。あの忘れがたい経験から1年以上経ってしまったが、今回もオットセイと共に波に乗れるだろうか?期待に胸を膨らませつつ、車を飛ばした。

ファラリキ・ビーチ:イメージ3

しかし、何度来てもこの山道だけは辛い。実は駐車場からビーチまでは1km以上の道程、しかもご覧の通り急な牧場の中を人1人がやっと通れるだけの細い小道を踏んで歩かなくてはならない。最新の軽いロデオ艇を持つ体力自慢のキウィ(NZ人)の同僚達はまだしも、古くてデカクて重い艇を駆る小さな日本人の私には、この行程はとてつもなくキツイ。私がビーチに着いた頃には皆スッカリ支度を整えて今しも漕ぎ出そうという状態。私はといえば、完全にグロッキーだ。それでもこうしてやってくるのは、前述の通りここがとてつもなく美しく、そしてとんでもなく素敵な波の立つビーチだから。こんな贅沢なサーフィンスポットは、なかなかないだろう。ここがあまり混雑していないのも、この山道のお蔭に他ならないわけだから、文句を言ってはバチが当たるかもしれない。

ファラリキ・ビーチ:イメージ4

ともあれ、一休みしたらいざ出撃。季節が日本とは逆転するここNZのこと、ここ数ヶ月は忙しくてサーフィンは4ヶ月ぶりだ。しかも前回はシーカヤックを使ったので、リヴァー艇で波に乗るのはほぼ1年ぶりの事。身体がちゃんと動いてくれるかどうか、一抹の不安がよぎる。久しぶりにドライスーツを着てヘルメットを被り、普段使わないごついスプレースカートをウンウン言いつつ艇に装着すると、気持ちが一気に引き締まる。普段呑気な装備でパドリングしているシーカヤッカーは、たったこれだけの事でも緊張感が高まってしまうのだ。深く一発深呼吸をかまして、突撃!久しぶりのリヴァー艇や、リヴァー用のパドルの感触を確認しつつ、正面から迫り来る白いサーフを1つずつ乗り越えて沖に向かう。イヤハヤ、艇の軽い事!逆にパドルの重くてフェザー角の大きい事!そうそう、シーカヤックじゃないんだから、パドルはしっかり立てて漕がないと。段々と身体が思い出して来てくれるのが、なんとも楽しい。よし、そろそろ乗ってみるか。折りしも大きなセットが入って来始めたらしい。いち早く沖に出ている同僚たちが乗っていない波を見つけて180°ターン、タイミングを見計らって前傾気味の姿勢で短く速いピッチのパドリングを始めると、直にスターンがスッと浮き上がる。それに合わせてこちらも弱冠の後傾に姿勢を切り替えた瞬間、背中に蹴飛ばされたかのようなショックを受けて艇は一気に加速し始めた。シーカヤックだと艇が長いので波を直接背中に食らうことは少ないが、短いリヴァー艇だと背中を文字通り蹴り飛ばされる。これをすっかり忘れていたので、久々に背中に受けるショックに面食らう。と、そんな事に気を取られているうちに、すぐに艇は右に向き始める。右にリーンしつつ、左にスターンラダーを入れる。効かない!ちょっとタイミングが遅れた。ならばと、右のフォワード・スィープを入れようとするがこれも効かない。やはり身体の反応が鈍くて後手後手に回ってしまう。横を向かされてブローチングの態勢になりそうになった瞬間にヤケクソでかました右のリヴァース・スィープは、3度目の正直だかなんだか知らないが、上手く決まってしまってバックサーフィンに持ち込めた。が、悪あがきもそこまで。そこからもう半回転させようと試みる暇もなく、波は消えてしまった。う~ん、悔しい!でも面白い!!もう一丁!!!

ファラリキ・ビーチ:イメージ5

2発目の波はさらに強力で、乗った瞬間に完全に横を向かされ、足掻き続けたにもかかわらず結局ブローチング状態を脱する事が出来ないまま100m近くサイドサーフィンで持って行かれた。くそぉ、勿体無い・・・。そして3発目の波でやっと艇の向きをコントロール出来た!と思った瞬間、チューブに呑まれて本日初沈。クゥ~、爽快!そうそう、これぞサーフィン。スピード感、波のパワーに対する小さな恐怖感、「やった!」という達成感、そして水の中に叩き込まれる爽快感、そしてロールで起き上がって来た瞬間の次の波に対する警戒感。そうした感情が綯い交ぜになってドンドン交感神経を刺激し、脳内は合法ドラッグでハチ切れんばかりになる。ふと回りを見渡せば、同僚だけじゃなく、ボス達も波を切ったり、沈してロールしたりして奇声をあげている。

ファラリキ・ビーチ:イメージ6

結局丸々1日波と戯れ続けた。沈&ロールも20回以上やっただろうか。同僚の駆る最新のロデオ艇を借りて、その操作性のあまりの良さに仰天したりもした。波乗りの醍醐味を、心行くまでタップリと堪能。他のサーフスポーツと違ってパドル・サーフィンの場合は水に浸かっている時間が短いので、体力の消耗が少なく、より長く楽しめるという利点もあるのだ。でも残念ながら今回はオットセイは遠くからこちらを眺めているだけで、結局一緒に波に乗ってくれなかった。

-DATA-

場所:
・プポンガ・ファーム・パーク - ニュージーランド南島北端部の35kmにも及ぶ長大な細い三日月型の砂洲、フェアウェル・スピットの付け根に位置する。NZでは珍しくDOC(NZ自然保護局)が経営する牧場公園である。
・ファラリキ・ビーチ - 上記パーク内にある、美しいビーチ。外洋タズマン海に面する西海岸のビーチゆえ、いつも素晴らしいサーフが立っている。もちろん海水浴ビーチとしても申し分ない。(ただしサーファーには要注意)
交通:
ネルソンより国道6号線、60号線を経てゴールデン・ベイ地方の中心の町、タカカへ。タカカからさらに北上し、コリンウッドの町の手前をフェアウェル・スピット方面に左折。次に現れる道をやはりフェアウェルスピット方面に右折。プポンガの集落を過ぎると、フェアウェル・スピットは右折となるが、ファラリキへは直進の未舗装路をそのまま進む。駐車場で行き止まりになるので、あとは道標の通り、牧場の中の山道をビーチまで歩く。ネルソンから車で約3.5~4時間。
駐車場:
あり(無料)。
ただし本分中に記した通り、駐車場からビーチまでは遠いので、カヤックの運搬には相当な体力と覚悟が必要。
トイレ:
駐車場にある。ビーチには無い。
ビーチでのキャンプは禁止されている。
ちなみにビーチには海の家なども無いので、食料、飲料水などもすべて持参のこと。
サーフィンに関する諸注意:
・ヘルメットは必ず着用のこと
・トウライン、ナイフ、パドルリーシュなど、サーフゾーン内での怪我の元になりそうなものは極力もたない。持つ場合はサーフに巻かれて揉みくちゃにされても大丈夫なようにシッカリと仕舞っておくこと。
・言うまでもないが、沈脱対策のためにカヤックの中には十分な浮力体を入れておくこと。別に高い専用のものを買わなくても、ペットボトルでも構わない。
・他のサーファーの動きには要注意。実は先日同僚がサーフィン中に、同じくサーフィン中の他のカヤックの直撃を食らって肝臓破裂の大重傷を負い、危うく命を落としかけた。その直後の社員旅行だったため、今回は皆衝突にはいつも以上に神経を遣い、進路が交差しそうな時はかなり早めにワザと沈して衝突を避けていた。内臓破裂は稀な例だろうが、皆さんも十分に気をつけていただきたい。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る