パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2000年12月パドリングレポート:トップページ2001年02月 »

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 後編

Jan. 6- 9, 2001 強風に出遭う

翌3日目。我々は山ヤさんのような早起きは苦手。キャンプの時も朝寝坊だ。だがこのキャンプサイトの場合は、朝8時の満潮以前にテントを撤収しておきたかったので、異例の早起き。撤収を済ませてから、ここで迎える2度目の満潮を眺めつつ朝食をとり、なんと9時前には水上の人となってしまった。こんなに早く漕ぎ出すのは生まれて初めてだ。この日は薄曇り。前日よりは少々風は強いものの、海面はいたって平静。今日は横断しないで岸沿いをベタベタに漕ぐ事にしよう。ミルズ・ベイを抜けたら艇をまた西に向け、反時計回りのツーリングを続ける。NZティートゥリーのマヌーカの小さな白い花が森中で満開。薄曇の彩度の乏しい光景の中で、森全体がぼぅと白く発光しているかのようだ。墨絵の美にこんな所で出逢えるのだから、世の中ホントに不思議で面白い。

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 後編:イメージ1

そのうちに、この日のメインディッシュ、沈没船が姿を現した。30m以上はあろうかという巨体がビーチに横たわり、真っ赤に錆びた骨格を白日の元にさらしている。在りし日にはその美しさや力強さを誇ったであろう彼女もその大きさが災いし、ここでこうしてカキやマッスルに覆われながら朽ち果てつつある。その巨体を、5mに満たない小さな艇が見上げる。なんと言う皮肉だろう。大きさ故に身動きが取れず自滅するのは、何も船に限ったことではないかもしれない。ちょっと哲学的な感傷に浸りつつ、沈没船を後にする。

さて、実は沈没船にアプローチする前から、北風が強くなり始めていた。サウンドの北岸沿いを漕いでいたためにその影響はほとんど受けていなかったのだが、沈没船と本日の目的地の間に横たわるテ・マタウ・ア・マウイ・ベイは、地形の関係で丁度北からの風が激しく吹きぬける場所だった。他の場所とは桁違いに風速が速い。目測で判断すれば、20ノット超。今まで通り岸沿いに漕ごうとすると、しばらくは完全に向かい風となる。目的地は沈没船から見て南西にあたる為、無理をして向かい風の中を北上するよりは、横風を受けつつフェリーグライド(*1)で直接南西に湾をトラバースした方が良いだろうと判断。初心者の妻の艇の風下側に陣取り、彼女を風沈させないように時折指示を与えつつトラバース。たったの5分間のパドリングながら、無事渡り終えてくれた時は私も流石にホッとした。やはりリアス式などの複雑な地形下では、局地的に状況が激変するので気が抜けない。

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 後編:イメージ2

結局この風は最終日の朝になっても吹き続けていた。ポーテージに戻るためには、再度この風の中を横断しなくてはならない。前日のルートを戻る訳ではなく、サウンド南側に横断するのだが、やはりテ・マタウ・ア・マウイ・ベイから吹きつける横風をモロに受けてしまうのだ。しかも今回は横断距離が長い。風速が上がる事を想定していくつかの退避ルートを考えた上で、気合を入れて出艇。左舷に受ける強風に向かってリーンしながら必死にパドリングする妻の右舷後方にピタリと張り付き、艇速と風速・風向を計算してフェリーグライド角を随時細かく修正し、彼女に指示を出す。幸い途中で風速が変わることはなかったので5km以上を一気に横断。これで彼女もすっかり横風のコンディションに慣れてしまったようだ。この日は前日と違ってサウンド南岸沿いを漕ぐため、北風の影響を受け続ける事になった。ただし、最初の横断ポイント以降はさほど風力も強くないので、比較的リラックスしたパドリングが楽しめた。むしろ閉口したのは、この南岸のビーチ。それらはことごとく豪華な別荘のプライベートビーチになっており、休憩の為に上陸するのが躊躇われるような所ばかりなのだ。北岸にはビーチがなく、南岸はプライベートビーチばかり。シーカヤッカーがあまり近付かないのは、こういう理由があってのことかもしれない。結局プライベートビーチの1つの隅っこにお邪魔して休憩したのだが、持ち主の犬が目ざとく我々を発見し、棒を咥えて走りよって来て遊べとせがむ。結局棒を投げ疲れて、何の為に上陸したのかわからない始末。そういえば2日目にも我々の艇を見つけてビーチを並走し、行き止まりになって走れなくなると海に飛び込んで艇を追っかけてきた犬もいた。NZの犬は本当に人懐っこくて可愛らしい。

旅もいよいよ終わりに近付いた頃、目的地ポーテージの対岸のグールター・ベイからも、強風が吹き抜けてきていた。これは2日目に泊まったミルズ・ベイのすぐ東の湾。ここを漕いだ時はベタ凪だったというのに、今日は一面の白兎のダンスパーティだ。地形図で予測してはいたものの、こういう悪い予測は当たってもちっとも嬉しくない。ま、文句を言っても始まらない。またちょいと気合を入れるか。とはいえ、妻ももう横風には随分慣れてしまったので、私も然程気を遣う必要はない。彼女はポーテージのホテルでフィッシュ&チップス(*2)を頬張る事だけに気持ちを集中して一心不乱のパドリング。見ていても安心感さえ出てきたので、私もちょっと遊ばせてもらう。風上に向かって少々コースアウトしておいてから追い波に乗り直してミニサーフィンごっこ。うねりはあまり大きくなく、普通なら乗るのが難しいサイズなのだが、強烈な追い風に後押しされて結構上手く乗れてしまう。嬌声を上げつつツーリング最期のパドリングを満喫した。

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 後編:イメージ3

リゾートホテルのプールではしゃぐ白人美女達を眺めつつ、妻念願のフィッシュ&チップスをつまむ。さっきまであれだけ気を遣わされた強風も、こうして陸上でのんびりしていれば気持ちのいい涼風だ。やはり風を読み、風を恐れ、風を利用し、そして風を楽しむならば、水の上に出てみるに限る。シーカヤックとは海を楽しむ道具であると同時に、我々が日頃忘れてしまっている風との付き合い方を思い出させてくれる道具でもある事を、改めて再認識しつつ、我々は魚のフライを頬張った。

-DATA-

注釈:
(*1)流れや強風の中を横断する時、流される分を計算に入れて上流(風上)側に艇を向けて漕ぐテクニック。
(*2)イギリス名物、魚のフライとフライドポテトがセットになったメニュー。日本でもアイリッシュパブでお馴染みのメニューだが、イギリス文化圏のNZでももっともポピュラーな軽食の1つ。軽食といってもこちらの1人前で我々夫婦2人が満腹になるのだが。
場所:
・マルボロ・サウンド海洋公園 - ニュージーランド南島北端部マルボロ地方のリアス式海岸線で構成される、非常に美しい海洋公園。拠点はピクトン、ハヴロックなど。
・ケネプル・サウンド - 湖の海域を構成する2本の巨大入り江のうち、西側に位置するペローラス・サウンドの付け根付近から東に枝分かれした中規模の入り江。
交通:
ネルソンより国道6号線をブレナム方面へ。
ハヴロックの町を過ぎたら、景観の美しい事で有名な『クィーン・シャーロット・ドライヴ』へ左折。
途中、リンクウォーターの集落で『ケネプル・ロード』へ左折。『ポーテージ』まではネルソンより車で2時間弱。ポーテージまでは舗装路だが、それ以上先に行くとやがて未舗装路となる。
公共交通手段はないので自家用車、レンタカーで。
艇を下ろせる場所はポーテージに以外にも何ヶ所かあるが、私が見た限りここが一番便利そうだった。
駐車場:
ポーテージのリゾートホテルの駐車場を利用
トイレ:
ポーテージのリゾートホテルを利用。その他にも沿岸沿いにいくつかDOC(NZ自然保護局)管理の小さなキャンプ場があり、そこのトイレが利用できる。しかし、数はさほど多く無いので、小休止の場合はワイルドトイレットとなる。また北岸にはほとんどビーチがないため、大潮の満潮時には上陸ポイントを探すのも難しくなる事にも留意したい。
地図:
DOC発行『Parkmap Marlborough Sounds』がお薦め。海図(マリン・チャート)は夜間航行する予定がない限り、あまり役に立たない。
食料調達:
ポーテージのホテルの売店でかなりのものが入手出来る。釣り道具も揃う。しかし一度漕ぎ出すと海沿いに買い物が出来るような場所はまず無い。
水:
DOCのキャンプ場の水道を利用。しかし生水飲用は厳禁。浄水器、浄水剤などが必要。
その他の危機管理:
・事前の情報収集は微に入り細に入り徹底的に。
・沿岸には多くの民家があるが、おそらく基本的にはホリデーハウスだと思われる。今回はモロにサマーホリデー期間中だったので、たいていの家に人影があったが、シーズンオフとなると非常に人影がまばらになると思われるので、基本的には無人のバックカントリー対策が必要になる。詳しい危機管理対策は『パドリングレポート No.9003』参照。

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 前編

Jan. 6- 9, 2001 美風に出逢う

20世紀最後を締め括るシーカヤッキングは『パドリングレポート No.9004』でご紹介した通りだが、今回ご紹介する21世紀第1弾も、やはり同じくマルボロ・サウンドが舞台。何度かご紹介した通り、マルボロは非常に複雑な地形を持つリアス式海岸だが、大雑把に言えば東の『クイーン・シャーロット・サウンド』と、西の『ペローラス・サウンド』の、2本の細長く巨大な入り江で構成されている(「サウンド」は「入り江」の意)。これら2本のサウンドの中が細かく枝分かれし、複雑な地形となっているのだ。前回のテニソン・インレットや今回の『ケネプル・サウンド』は、ペローラス・サウンドの中の「支流」とも言うべき入り江だ。

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 前編:イメージ1

さて、大晦日にテニソン・インレットから戻り、そのまま年越し(世紀越し)の『カウントダウンロール』を敢行して『21世紀で世界初のエスキモーロール成功者』の栄誉を手にした大バカシーカヤックガイドは、元旦早々妻と額を突き合わせてマルボロの地図を覗き込み、次のツーリング計画を練り始めた。再びダーヴィル島へ、という案も捨て難かったものの、どうしても気になり始めたのが『ケネプル・サウンド』。これはペローラス・サウンドの付け根付近から東に伸びる入り江で、東西の長さが20km程度、南北の幅が広い所でせいぜい5km程度の、お手頃サイズのフィールド。地図を眺めるうちに何となく「ピンと来た」のだが、経験豊かなアウトドアズマン諸兄にはこの感覚もお分かり頂けるかと思う。ところが、知人にあたってみてもここを漕いだ事があるヤツが見つからず、どうも情報が集まらない。これを「面白くないフィールドの証拠」と見る事も出来るが、私は「カヤッカーが少ない穴場」と見た。よし、とにかく行ってみよう。年末のパドリングは天候に恵まれなかったので、今回は天候をかなり入念にチェックしてタイミングを計った。情報の少ないフィールドで悪天候に見舞われるのは真っ平ゴメンだ。

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 前編:イメージ2

1月6日出発。情報が無いので、カヤックを下ろせるビーチを探しつつの道程。カヤックやカヌーでのツーリングの際は、数日間車を安全に放置出来そうな駐車場の確保が必須。もちろん駐車場が水から遠いと話にならない。幸いにも申し分のない場所を発見。リゾートホテルを中心とした非常に小さな集落なのだが、車は海に面したホテルの駐車場に放置出来るし、カヤックを下ろすのに恰好のボートランプまである。しかし『ポーテージ』という地名だけは、カヤッカーとしては少々不吉なものを感じない訳ではない・・・(^_^;(*1) 出発地点を探しつつのノンビリ道中だったため、我々がポーテージから漕ぎ出したのは午後6 時を回っていた。こんな真似が出来るのも、NZの夏は日没が非常に遅いから。この時期なら暗くなるのは午後10時頃。6時というとまだ夕方のうちにも入らないのだ。穏やかなシーブリーズが吹く中、ゆっくりと水を掴む。釣り船が時々行き交うものの、非常に静かで落ちついた雰囲気が漂う海だ。一口にマルボロといっても、少々離れるだけでガラリと表情が変わる。流石に複雑な地形を持つだけのことはある。良い旅の予感。やはり勘は正しかったようだ。今回のツーリングでは、反時計回りにこのケネプル・サウンド内を巡ることにして、まずは東に進路をとる。この日は1時間ほどのパドリングでキャンプ場に上陸。鏡のようなベタ凪の小さな入り江を目の前にテントを張る。隣のテントのキウィ(NZ人)一家がシーカヤックを珍しがり、海からやってきた日本人を質問攻めにする。海を自由に闊歩し、好きな所に上陸出来る旅道具に、彼等は完全に魅了されてしまったらしい。「そうか、キウィでもシーカヤックを知らない人がいるんだ。」シーカヤックのメッカでプロカヤッカーに囲まれて生活しているため、ついついキウィは皆パドラーであるかのような錯覚をしてしまう私にとって、これはなかなか楽しい経験だった。南十字星の輝く空のもと、気持ちよく平和な眠りについた。

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 前編:イメージ3

翌2日目。抜けるような青空とはよく耳にする日本語だが、ここまでカツンと抜けた青さは流石に日本では滅多にお目にかかれない。水の上を渡ってくる乾いた微風に、脳味噌は芯まで蕩ける。あぁ、これぞシーカヤッキング、これを待っていたのだ・・・。本日は目的地候補を2つ3つ挙げておくにとどめ、パドルの向くまま気の向くままにさ迷う事とする。ここはテニソン・インレットと違って沿岸線は保護地区でない所の方が多い。NZの場合、保護地区は自然林だが境界線を外れた途端に植林地や牧場になるというのが常だ。ところがここの場合は、保護地区以外の場所も自然林が色濃く残されていた。この思わぬボーナスのような自然林を愛でながら、前日に引き続きしばらく沿岸沿いに東に艇を進めていたのだが、極上の微風をもっと満喫したくなって方向転換、サウンドを北に向かって横断することにした。ほんの2kmほどの横断だが、そのわずかな間に何度も何度もパドリングを止めて深呼吸してしまうほどの、それはそれは素敵な風だった。そう、この風に逢いたくて海に漂い続けているのだ。

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 前編:イメージ4

唐突だがNZではムール貝が大人気だ。英語でマッスルと呼ばれるこの貝、日本ではパエリアの具以外にはほとんど利用されないし、私自身も別段美味いモノだとは思っていなかった。しかし、NZでその実力に開眼してしまった。ホントに美味いのだ。マルボロはマッスルの一大産地、ここでも養殖ブイを方々で目にする。美風を満喫しつつ横断した我々を迎えたのも、大量のブイだった。前夜キャンプ場で仕入れた情報によると、鯛はマッスルが大好物でブイ周辺は極上の釣り場らしい。それを聞いては黙っていられない。カヤックの機動性を活かし、モーターボートで入り込むのと叱られるようなブイの隙間に滑り込み、ハンドラインを垂らす。確かにウジャウジャいる!糸を垂れて1分以内にアタリが来る。これで今夜は鯛飯か、それとも塩焼きか。鯛の本場瀬戸内の海辺で育った私は、釣ったその日に鯛を刺身に引いたって全く美味くないことをよぉ~く知ってるので、そんな事はしない。やはり鯛飯か。頭の中は数々の鯛料理の妄想でハチ切れんばかり。しかし・・・。全くフックしない。針の大きさを色々変えてみるが、どれもこれも全くダメ。あぁ、鯛飯・・・。カヤック修行は程々にして、釣りの腕をイチから鍛え直さなくてはならないようだ・・・。

ケネプル・サウンド一周 シーカヤッキング 前編:イメージ5

未練タップリに釣り糸を垂れ続けたため、陽も傾いてきた。既定のキャンプ場まで行くのは諦め、適当なビーチでテントを張ろうと思うのだが、これがなかなか見つからない。リアス式特有の急峻な地形に加えて海が穏やかなため、広いビーチがほとんど形成されないのだ。結局ミルズ・ベイという細長い湾の最奥の行き止まりに、テント一張がやっとの猫の額のようなビーチを発見。満潮線を観察するとテントから1m以内まで海水が来るようだったが、鏡のようなベタ凪だったし、各種天候情報を総合して今後も急激に天候が悪化することはないと判断し、上陸してテント設営。もちろんカヤックは木に繋留。あまりにも危ういキャンプサイトに、幼い日の秘密基地ごっこのトキメキが甦る。案の定、夕食中に水はテントから数十cmの所までひたひたと押し寄せ、2艇のカヤックは完全に浮いた。10cmの波が立っただけでテントは海水に洗われる事になっただろうが、水面は依然として鏡の如く滑らかで、テントを濡らす事はなかった。絶妙の見切りに自己満足。(*2)夕食後はテントの側を流れる小川で水浴び。そして焚き火をつまみに、ブランデーを垂らしたコーヒーを楽しむ。静かに静かに青い水面が濃さを増し、やがて闇に飲まれて微かな波音だけが残った。そして焚き火台の中の熾きが闇に沈む頃、我々も夢に沈んだ。

-DATA-

注釈
(*1)原義は『陸上輸送』だが、カヤック用語の場合は『堰堤、倒木、手に追えない激流などで漕ぐことが出来ない場所を、上陸して艇を担いで迂回する事』。主にリバーカヤックで使われる用語。
(*2)でも決して真似しないで下さい。今回は数日前から天気図を徹底的に調べ続けていたので、天候変化のスピードも頭に入っていた上に3日後の予想天気図まで持ってきており、さらにラジオの予報と自分の目で観天望気した結果も照らし合わせて全てがOKだったので、99.99%大丈夫という確信の元に、たまたま出来ただけの事です。私自身も、これだけ好条件が揃わない限り、こんな事はやりません。ちなみにこのビーチにはテントを移動させるスペースはなかったものの、もし海が荒れた場合には人間だけが高い場所に逃げるルートはありました。これもこんな無茶なキャンプを実行する際に計算に入っていました。もしここが断崖絶壁に囲まれたビーチで、エスケープルートがなかったとしたら、0.01%の危険性を考慮して諦めたはずです。

ページのトップに戻る