パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2000年10月パドリングレポート:トップページ2001年01月 »

テニソン・インレット

Dec.27-31, 2000 マルボロ・サウンド再訪

テニソン・インレット:イメージ1

南半球のニュージーランドでは当然ながら12・1月といえば真夏。無論シーカヤック・ガイドにとっては「超」のつく繁忙期。「週6日はあたりまえ。時には週7日海に出る」という激務となり、まとめて休暇を取るなんて夢のような話。ところが!ある事情によって今シーズンは長い休みがポンと取れてしまった!しかも一番忙しいはずのクリスマス休暇中に。この仕事をしている限り、真夏に他のエリアに漕ぎに行くなんてことは絶対に無理と諦めていたので、これぞ千載一遇のチャンスだ。さぁ、どこに行こう?『パドリングレポート No.9002、No.9003』でマルボロ・サウンド最大の島、ダーヴィル島のカヤッキングの様子をお届けしたが、この時の旅で我々夫婦はすっかりマルボロの魅力にとりつかれていた。よしマルボロだ!ただ、2度続けて同じ場所を漕ぐのも能がない。そこで今回はダーヴィル島より弱冠南にある『テニソン・インレット』を巡ることにした。ここはマルボロのシーカヤック・ツアー会社が拠点としてよく利用する場所。ならば美しさも保証付きだろうし、初心者向けの比較的易しいフィールドでもあるはずだ。

テニソン・インレット:イメージ2

というわけで、愛車の屋根にシングル艇を2艇荒縄でしばりつけ、妻と2人で一路マルボロへ。クリスマスを過ぎると、もうニュージーランドもすっかり真夏だ。オゾン・ホールの影響で恐ろしいほどの量の紫外線が降り注ぐため、空は絵の具の青をそのまま塗りつけたよう色合いとなり、水は自ら発光しているかのごとく輝く。まるで空気そのものが青く染まっているかのようだ。その日も目的地に到着する直前まではそんな美しい夏の一日だった。しかし、12月は荒れやすい春の天候の名残もまだ色濃い。この日も到着直前になって突如として暗雲がたちこめ、かなりの強風が吹き始めた。テニソン・インレットの一番奥、出発点となるダンカン・ベイに到着した時は、空も海も相当な荒れ模様。海面には無数の白波の兎が乱舞し始めていた。私一人ならば漕げないコンディションではないが、妻が一緒では無理だ。この日の出発は諦め、近くのキャンプサイトで停滞を決めた。夕方からは完全に嵐の様相を呈し、夜中に何度もテントを這い出してはテントやタープの張り綱を調整する羽目になった。翌日も嵐で停滞。残念ながらこのキャンプ場では携帯電話、AMラジオ、FMラジオ、VHFマリンラジオのいずれも役に立たず、天気予報を聞くことが出来なかった。翌日の天候回復を祈りつつ眠りにつく。張り綱はトコトン補強し尽くしたので、この夜はテントを這い出す必要はなかった。

テニソン・インレット:イメージ3

さらに一夜明けて3日目。7時前に起床。しかし雨も風も衰えていない。思わず溜息がもれるが、相手がお天気では愚痴を言っても始まらない。諦めて今回は一旦撤収し、また仕切り直すことを決める。ただ朝7時から撤収する必要もないので、せめて2度寝を楽しむことにし、再びシュラフに潜り込む。ところが10時ごろ目を覚ますと、雨も風もピタリと収まっており、雲も完全に切れて青空まで広がっているではないか! この劇的な天候の変化はやはり春の気候だ。ともあれ、これを逃すとまたいつ漕げるか分からない。手早く軽い朝食を頬張りつつ大慌てで撤収し、ダンカン・ベイに直行。桟橋には我々同様好天を待ち続けていたボートやカヤック、ヨットなどがひしめいていた。我々もようやくカヤックを車から下ろし、さっき車に積め込んだばかりの荷物をカヤックに移しなおす。出艇の前に再度観天望気で天候変化をチェック。当面天候は安定している様子なのを確認した上で、いよいよ漕ぎ出す。最後のパドリング(仕事)からわずか中4日しか空いていないのに、なぜか物凄く久しぶりのパドリングという気がした。パドルが重いのだ。丸々2日間テントに閉じ込められていたせいだろうか?

テニソン・インレット:イメージ4

数時間前までの強風のためだろう、残念ながらマルボロ名物の透明度の高い藍い海は濁っていた。ダーヴィル島より遥かに脆い赤土が主体の地質なので、おそらくこのあたりの海底は弱冠泥っぽく、濁りやすいのだろう。しかし透明度を差し引いても、やはりリアス式の複雑な海岸線は美しい。テニソン・インレットを囲む山々は殆どが保護地区となっているため、無粋な植林や牧場が見当たらず、ブナとシダの混在するNZ特有の自然林が目を楽しませてくれる。今は折りしもNZ ティートゥリーのマヌーカやカヌーカが花盛り。豆粒のような小さな白い花を満開にしている木は、粉砂糖をまぶし付けたかのように可憐だ。山全体が白くボゥっと煙ったようだ。緑を愛で、時折釣り糸を垂れ、のんびりと久々のマルボロを全身で楽しむ。しかしやがて北西の空にどうにも気にかかる雲が現れた。風も弱冠強くなり始めているようだ。釣りを中止してキャンプサイトへと急ぐ。テントとタープの設営が終わる頃、案の定また風が吹き荒れ始めた。やれやれ、これで翌日も停滞だ・・・。この日のパドリング、わずか10km弱。

テニソン・インレット:イメージ5

翌4日目。晴天ながら、やはり強風が吹き荒れ続けている。ふと見ると、隣りにテントを張っていたドイツ人カップルが漕ぎ出そうとしている。彼等はレンタルのタンデム艇を駆っているのだが、どう見ても海は初めてのリヴァーカヤッカーだし、このコンディションを漕ぎ切る腕を持っているようにも見えない。必死に止めるが、こちらの話を聞かない。仕方なく「オレは専業プロのシーカヤックガイドだ。命の保証は出来ないぞ。忠告したぞ。グッド・ラック。」と言うと、やっと諦めてくれた。ヤレヤレ・・・。この日は晴天なのでテントに篭っている必要もない。キャンプサイト側の清冽な小川で、小エビや小魚を追っかけ回して童心に帰った。本格的な道具を使って遊ぶのも楽しいが、子供の水遊びレベルの遊び方もまた物凄く楽しいものだと再認識。夕方から風が落ち着き始める。おそらく明日は好天だろう。

テニソン・インレット:イメージ6

翌5日目、20世紀最後の日。ようやくベタ凪快晴の朝を迎えた。しかし連日の強風の中のキャンプ生活で、我々はかなり消耗していた。もう1泊してここで新世紀を迎えるか、それとも帰るか。迷った末、帰ることにした。2km先の小島や、往路で覗けなかった小さな入り江などに寄り道しながら、出発地ダンカン・ベイを目指す。相変わらず透明度は低いが、森と空の対比は例えようもなく美しい。しかしこの日も時折突風が吹きつけるため、案外体力の消耗が早い。結局、悪天候と疲労のせいで距離的にも気分的にも不完全燃焼のままにダンカン・ベイに到着。美しい場所だけにちょっと残念だ。是非とも天候の安定している時を狙って再挑戦しなくては。

-DATA-

場所:
・マルボロ・サウンド海洋公園 - ニュージーランド南島北端部マルボロ地方のリアス式海岸線で構成される、非常に美しい海洋公園。拠点はピクトン、ハヴロックなど。
・テニソン・インレット - 公園内に無数に存在する入り江の1つ。公園西部にいちする。
交通:
・ネルソンより国道6号線をブレナム方面へ。
・ライ・ヴァレーの集落でロンガ・ロードへ左折。次の交差点を右折。あとは道なりにひたすら直進、行き止まりがテニソン・インレット。テニソン・インレット内にいくつか集落があるが、今回我々は本文中に記した通り、ダンカン・ベイを利用した。最期まで舗装路。アクセス道路の景観も素晴らしい。
・ネルソンより車で1時間半。
・公共交通手段の場合は、ハヴロックの町でアレンジしてくれる。
駐車場:
ダンカン・ベイの桟橋付近に駐車可能(無料)
トイレ:
ダンカン・ベイの桟橋のすぐ近くにキャンプ上があり、そこのトイレが利用できる。テニソン・インレット内にもDOC(NZ自然保護局)管理の小さなキャンプ場がいくつかあり、そこのトイレも利用できる。
地図:
DOC発行『Parkmap Marlborough Sounds』がお薦め。海図(マリン・チャート)は夜間航行する予定がない限り、あまり役に立たない。
ツアー:
ハヴロックの町を拠点とするシーカヤックツアー会社は、テニソン・インレットからのガイドツアーを運行している。

那珂川カヌー行

Dec.9-10, 2000 冬枯れの川もしっかり生きていた。

那珂川カヌー行:イメージ1

川旅をしなくなってどのくらいだろう。釣り人との軋轢や余りに多すぎるカヤッカーにうんざりしていた。まして関東地方屈指の人気を誇る那珂川なんて気乗り薄だ。研修でしばらく筑波住まいとなった相棒から強引な誘い。そりゃ、そっちではあまりフィールドに恵まれないかも知れないが、こちら群馬は晩秋から初冬の落ち葉かさこそ道マウンテンバイクやスキーももうできる。あれもこれもと忙しいんだ。まぁ、カナディアンカヌーでのんびり下るというのでつき合ってあげよう。言っておくが、俺は漕がないぞ。

那珂川カヌー行:イメージ2

仕事の終わった金曜深夜、R50をひたすら東へ走る。下館市でR294を北上し茂木町でR123に乗って那珂川に沿って走る。こう書くと簡単だが地図と道路標識とニラメッコ。相棒との待ち合わせは御前山那珂川大橋を渡った桂村「道の駅」。R50を笠間市まで走り県道61号線からR123を行った方がずっと速かったようだ。道の駅に着いたのは午前4時、慌てて眠ろうとしたが出入りする車がかなりあって落ち着かない。結局ほとんど眠れなかった。

那珂川カヌー行:イメージ3

この御前山那珂川大橋を今日のゴールとし、車一台でスタートの烏山に向かう。ゴールした後車を回収するシャクトリムシ方式で行くことにした。烏山の街外れ、宮境橋右岸に到着し早速カヌー(アーリー社製・フォールディングカヌー)を組み立てる。対岸の高い崖に遮られてまだ陽は当たらない。川の上はもっと寒いだろうとダウンの上下インナーを着込む。スキー用の目出帽やグローブも着けたので身体がぶくぶくになった。途中から日も射してきて組上がった頃にはうっすらと汗をかいていた。出発前のセレモニーでビールを飲んで漕ぎ出した。那珂川に舟を浮かべるのは10年ぶりだ。流れに乗ると快適に舟は進んだ。こういう感覚は海旅には無い。あらためて川も良いなと思う。早速最初の瀬が現れた。おそらくレベルでいえば 2級くらいだろうが久しぶりなので緊張する。舷側で跳ねた波が顔にかかった。しかしここですっかり自信を付けると、それ以降瀞場がじれったかった。

那珂川カヌー行:イメージ4

しばらくは峡谷を行く。たまに現れる川原に釣り人がいるが、心配した「あっち行け、コノヤロー」的なものはまったく無く、お互い笑顔で通り過ぎる。高畑集落を過ぎたあたりの岩肌にカワセミが 2羽止まっていた。川面を覗いているのはエサを狙っているのだろうか。静かに近づいたが跳ねるように逃げて行ってしまった。しかし今度は不釣り合いなほど頭のデカイ、毛の逆立ったヤマセミが現れた。川舟を操る漁師にも会った。那珂川は豊かな川なのだ。感動しつつ2本目のビール。

那珂川カヌー行:イメージ5

峡谷を抜けると川幅が広くなり視界が開けた。両岸に冬枯れの黄色い草原が続いた。振り返ると蒼い山々がかすんでいる。あの山々の雪もこの川に注いでいるのだ。川幅が増した分浅瀬が増える。舟底を擦ってしまい何度かポーテージした。仲良しキャンプグラウンドには誰もいなかった。立てかけられたカヌーが寂しそうだ。このキャンプ場はカヤッカーの集まることで知られている。赤い那珂川大橋が見えてくると、近づくにつれて次第に賑やかになった。釣り人、カヤッカー、川原を走る4WD。右岸の桂村道の駅には公園が併設されている。4駆雑誌のイベントらしく、テントも沢山張ってあった。こんな騒々しいのはごめんなので左岸に上陸した。こちら側も公衆トイレだけあった。それだけあれば充分だ。温泉の国民宿舎までも歩いてすぐ。対岸の喧噪を遠巻きに眺めながらテントを張った。

那珂川カヌー行:イメージ6

川面を霧が流れていた。カヌーにもテントにも霜がびっしり凍りついていた。昨夜の残りの鍋を温めてなおして朝食。北風に押されるように出発した。勿論今日もシャクトリムシ、あらかじめ千代橋の川原に車はデポした。今日はさらに瀞場の連続だがこの北風が幸いした。厚着をしているので漕ぐと暑い。身体を帆の代わりに、風を受けて下る。早速日本酒、さらに身体が火照る。小場江堰は開いていた。取水期には閉じていることもあり、その時は右岸をポーテージする。アシ原が続き、突然アオサギが飛び出して行った。川面に不自然な波が立ち、覗くとサケが泳いでいた。体側にはしっかりとブナ模様があった。ゴールの千代橋手前は岩盤の段差、水量が少なく舟を壊す危険があるので左岸をポーテージした。最後の数10mを名残惜しみながら漕いだ。那珂川はなかなかの川だった。

-DATA-

場所:
栃木県烏山町
交通:
JR烏山駅下車~タクシー(10分)~ 那珂川右岸宮境橋下
駐車場:
河川敷利用
トイレ:
那珂川大橋右岸桂村道の駅 同左岸御前山国民宿舎前 千代橋右岸に簡易トイレあり
温泉:
御前山国民宿舎 400円
参考:
「日本の川1001」 by Mr.Kugo

千羽海岸パドリング

Dec. 2- 3, 2000 シーカヤックミーティング

千羽海岸パドリング:イメージ1

徳島県日和佐町の千羽海岸、圧倒的な断崖絶壁がそびえ立ち太平洋の荒波に浸食されて出来た洞窟や美しい浜が無数にある、シーカヤッカーにはたまらない海である。今回は毎年この時期に行われる鳴門のシーカヤックプロショップ「ホライズン」主催のシーカヤックミーティングに参加した。このようなミーティングの面白い所はたくさんのシーカヤッカーと知り合える事もそうだが、シーカヤッカー同士酒を飲みながらのカヤック談義バカ話と相場は決まっている。特に今回は、関東からミスター・シーカヤッカーの柴田丈宏氏も参加されるとあって、夜は柴田さんの遠征話などを聞きながらさぞかし楽しい酒が飲める事だろうと実に楽しみにしていたのだ。

千羽海岸パドリング:イメージ2

集合は現地に昼の12時だとホライズンの尾崎さんから連絡を頂いたが、せっかくだからと大阪からの参加の我々四人は朝4時出発、集合までにひと漕ぎしようと太陽が昇ったばかりの海に浮かんでいる。少々うねりがあるものの、清々しい初冬の海もまた最高である。暖かい太陽が自分のパドリングしているカヤックの陰を海底に写し不思議な感覚。

千羽海岸パドリング:イメージ3

12月と言うと世間一般の人はカヤックなんぞ遠慮する人が多いのだが、実のところ天候とウエアさえしっかりとしていればこれからの時期は水の透明度は抜群だし気持が良いパドリングが出来ると言うのにもったいない話である。聞くトコロによると、真冬でもこの辺りの水温は北海道の夏よりも高いと言うし、シーカヤックにはオフシーズンなどは無く一年中遊べるアクティビティなのだと改めて思う。

きれいな無人の浜でバーナーに火を付け簡単な食事をしてみんなで昼寝。さっきから何度も言っているが本当に最高である。などと幸せに浸っていると、にわかに曇りだし風が吹きはじめた。いや~な感じだ。丁度時間も良いし、みんなが楽しみにしている洞窟は後にして集合場所へ行こうという事になった。出艇する際、相棒のショウジが大きな波に飲まれて沈。いや~、人の沈は面白い。

サンラインモビレージがあるスタート地に帰るともうたくさんのカヤックが集まってきていた。全部で20艇程か。西では滅多にこれだけのシーカヤッカーが集まるのを見る事はないのでとてもワクワクする。今日のスケジュールを聞くと今日は夕方まで試乗会だと言う。有名なフォールディングカヤック、フェザークラフトのNEWモデルやホライズンで取り扱っているカレントデザインのカヤック他がとっかえひっかえ試乗出来る。これからカヤックの購入を考えている人にはこのような試乗会はカタログを見ているよりはずっと参考になるので是非一度参加される事をお勧めします。

波が結構高くなってきてカヤックに乗り込む時に油断しているとすぐに全身びしょ濡れになるがこういうときにこの時期の宿泊まりは実に楽でよい。仲間からは堕落などと言われるが、部屋に帰ったら暖まれる風呂もあるし悪天候時のテント設営などの煩わしさも全くなし。特にビギナーが一緒の時は安心してシーカヤックが楽しめるのだから堕落でもOKなのだ。

千羽海岸パドリング:イメージ4

朝目覚めると小雨が降っている。昨夜は飲み過ぎで頭が痛い。みんな好き者ばかりだから雨の中でもパドリングするんだろうな~と思っていたら10時集合だと連絡が来た。渋々身支度をして海へ向かい、もうパドリングをはじめている好き者達に混じり海に浮かんだ。二日目は全員でショートツーリング。時折柴田さんのレクチャーを受けながら小雨の中を漕ぎ進む。残念ながら昨日からのうねり残っていて長い洞窟の中には入れなかったが小さな洞窟には入れたし柴田さんの講習も実に判りやすく為になり楽しいツーリングであった。年が明けたら穏やかな日を狙ってまた来たい。

-DATA-

場所:
徳島県 海部郡 日和佐町 千羽海岸
交通:
京阪神より明石大橋~淡路鳴門自動車道終点「鳴門」降りる。R55をひたすら南下。日和佐駅を過ぎ南阿波サンラインに入る。5分も走るとサンラインモビレージの看板あり。大阪から約200キロ、3時間強のドライブ。
宿泊、駐車場、トイレ他:
宿は海辺のサンラインモビレージが良い。駐車場もトイレもサンラインで。テント泊なら無数にある浜で可能。但しまったくの無人地帯。太平洋に面した海はひとたび荒れ出すと手に負えない。食料や水等の装備はキチンと用意する事。R55に戻れば温泉やスーパー、コンビニ、食堂等有り。

ページのトップに戻る