パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 宮古島カヤック一周パドリングレポート:トップページ鳴門市島田島 »

北海道渡島半島岩部海岸

Jul. 20-21, 2000 野生の断壁が続く岩部海岸ツーリング

今週は何処へ行こうか。久しぶりの4連休という事で、いろいろ作戦を立ててはいたのだが、嫁さんは4日とも仕事になってしまったので、少し遠出したいなぁ・・と、血が騒ぎ出す・・・。しかし連休後半、北海道全域で悪天候が予想されるので1泊もしくは2泊で我慢しよう。
北海道も7月中旬を過ぎると海岸は海水浴客で騒がしい。地図を開き、指で海岸線をなぞっていくと、道南で指が止まった。陸上からのアプローチの無い海岸線が10km程続き、山々が文明社会との接触を遮断しているような素晴らしい場所があった!
そこは北海道は渡島半島南端近くに位置する福島町から知内町までの岩部海岸である。1/200,000の地図では小川の注ぎ込む入り江も何箇所か確認できる。札幌からのルートは国道230号線から豊浦で37号線を西へ、長万部で5号線に変わり、函館から228号線で40分位である。札幌から函館までが5時間位なので6時間もあれば出艇場所の福島町岩部漁港に到着するはずだ。
水曜日に職場の同僚の錦織に「行くか?」と聞いたら「行きますよ!」と乗り気である。彼はカヤック歴2ヶ月だが、何処にでも貪欲について来て、もう1人前のシーカヤッカー?になりつつある。もう一人メンツが欲しいなー・・と考え、フライフィッシャーマンの滝沢に誘いをかける。早速、「海からしか行けない川に行く~?」と聞いたら二つ返事で参加することになった。滝沢はカヤックを持っていないので、僕の嫁さん用のアクアテラ・シミターを貸してあげよう。海からしか行けない=人が入っていない=お魚様がいっぱい!という事で彼は目の色が変わり、もう頭の中ではロッドを振っているのでしょう・・・・滝沢はパドリング歴1時間未満の初心者なので、地獄を見ないようにがんばってもらおう!!

北海道渡島半島岩部海岸:イメージ1

7月20日 海の日なのに、天候は良くない。朝7時に来るはずの錦織が8時になっても現れず、結局札幌を出発したのは9時になってしまった。途中函館を経由して買物しながらのんびり走っていたら、岩部漁港についたのは夕方4時であった。カヤックにパッキングして漕ぎ出したのが午後5時で曇り空のせいか、もう日が暮れたようである。漁港を出てすぐのツバクラ岬をかわすとそこから何キロもの大岸壁の海岸が目の前に広がった。スゴイ!こんな場所があったとは。人工物も全く無く、普段神経を使う観光船や漁船がまったくいない!!!

北海道渡島半島岩部海岸:イメージ2

1キロほど漕ぐとタタミ岩の入り江に到着。今夜はここにテントを張ることにする。ここは岩部海岸の唯一の人工物であろう、番屋がひっそりとたたずんでいるだけで、滝や小沢が流れ込んでおり、流木もいっぱいである。3人ともその景色に興奮状態である。僕は、沢山の流木を燃やし尽くすことに!滝沢は小川でのフライフィッシングに! 錦織は何に興奮しているのか海に向かって雄叫びをあげている。お~いだいじょうぶかぁ?テントを張り、流木を集めて宴会スタート。そのまま無人ビーチの夜が更けていく。

北海道渡島半島岩部海岸:イメージ3

翌朝、4時頃地面が揺れて目が覚める。地震だろうが、ほんの微震なので大丈夫だろう・・5時半頃テントから出て少し海を眺める。今日は凪なので気持ちいいツーリングが出来そうだ。滝沢も錦織も朝起きるのが遅いのを知っていたので、6時にたたき起こす!!朝は先週に続き、トムヤンクンにする。あと、昨日残った蛸で蛸飯を炊いて食う。8時には出艇してツーリングスタート! シタン島を越え、小さな岬を越えると船隠岩の入り江が見えてきた。入り江の右側には海に直接落ちる滝がある。早速錦織と2人でカヤック乗ったままシャワーを浴びる。気持ちイイーー。

北海道渡島半島岩部海岸:イメージ4

入り江に上陸して一休みしたあと、滝沢がフライロッドを出して釣りの準備を始める。何か釣れるかな・・と思いきや、岸から10mの所で岩魚がヒット!その後も落ち込みごとに型の良い岩魚が入れ食い状態!う~ん、素晴らしい!滝沢が上手なのもあるけど、魚影の濃さにビックリしてしまう。北海道は釣り天国だ・・と、よく耳にするが、そんなことは絶対無いと思う。釣りのガイドブックが出回り、人が山の中へどんどん押しかけて、北海道の渓流漁はいまや全滅寸前である。その中でこの名前も知らない沢は素晴らしく、美しい。どんどん山の中へ入っていく滝沢を追いかけながら、物音に振り返るとそこにはマムシがニョロニョロしていた。そのうち熊が出てきそうなので、早々に退散したほうが良さそうだ。

北海道渡島半島岩部海岸:イメージ5

釣りにも飽きて、再び出艇しマツクラノ岬を越えると風が強くなり、うねりが出始める。洞窟を発見して中へ入ると向こう側に光が差し込んでいて通り抜けることができた。うーん、海に直接落ちる滝あり、洞窟トンネル有りとは・・・良い場所だな、ここは。洞窟を抜け少し漕ぐとツヅラ沢の入り江へ。ここの景色は圧巻で、行った事は無いが知床を連想させる。矢越岬の手前からは強風とうねりが強くなり、滝沢にはキツそうなので引き返す。

腹が減ってきたのでテントを張ったビーチへ戻り、昼飯にする。少しのんびりしたあと、滝沢が海パンを履き、素潜りを初めたが、すぐに沖の方から、強いうねりと風が近づいて来るのが見える。このままでは水と食料の無いまま停滞することになりそうなので、初心者の滝沢が漕げそうなうちに戻った方が良いと判断して、泳いでいる滝沢を呼び戻し、出艇準備をする。準備している間にも、空はドス黒くなり、静かだったビーチがサーフゾーンと化してしまった。滝沢を艇に乗せ、安全な所まで押し出したあとなんとか出艇して岩部漁港まで急ぐ。上空では海上保安庁のヘリが心配そうにホバリングして見守っていてくれたが、強がって手を振ったら、さっさと行ってしまった。お~い、もう少しそこにいてくれーっ。
漁港までのたった2kmなのに、ツバクラ岬では強烈な向かい風とうねりで漕いでも漕いでも進まない。途中、何回も振り返って滝沢と錦織の無事を確認しながらなんとか漁港手前まで辿り着いた。滝沢いわく「結構恐~い」 僕と錦織は「物足りな~い」とはいえ、初心者連れだったので無事でなによりだ。やっぱりミドルクラスルールで中間のパドラーが一番楽だと思った。自分よりも経験豊かで上手な人と漕ぐ時はすごい気楽なのに、今回は心配ばかりしてちょっと疲れ気味であった。

地元の漁師さんから聞いた話では、福島町岩部漁港から矢越岬までのコースは比較的に凪の日が多いそうだが、矢越岬から知内町小谷石までの2km程は時化ている事が多いらしい。日帰りや一泊、初心者向けなら岩部漁港からのスタートをお勧めする。

尚、全体的にヒグマやマムシの棲息域らしいので、一人で沢を登っていくのは避けた方が良いと思う。とはいえ、手つかずの大自然が目の前に広がり、僕らも子供のように沢登りやシュノーケリングを楽しんで、そんな危険などついつい忘れていたくらい懐かしい記憶が蘇る2日間でした。

-DATA-

使用艇:
Shinji Tanaka 『NIMBUS TELKWASPORT』
Toshihiro Nisikiori 『AQUATERRA SHADOW』
Shin Takizawa 『AQUATERRA SCIMTAR』
場所:
松前郡福島町~上磯郡知内町
お勧めの出艇場所:
福島町の岩部漁港・・・寂れた漁港だが駐車スペース、出艇する斜路が広く漁師さんも良心的
交通:
函館から国道228号線で40分位
駐車場:
福島町岩部漁港
知内町小谷石漁港
トイレ:
特に無し
買物:
福島町にローソンや銭湯を確認!
持っていって楽しいもの:
フライフィッシングのセット
(浜辺から10mで岩魚の30cm級がヒットします。)
シュノーケル、水中眼鏡、足ヒレ
(注)魚介類、特にウニや鮑は豊富ですが密漁は禁止です。
海図:
第11号 他
距離:
岩部漁港~小谷石漁港 約10km
食材の買出し:
上磯町のスーパー魚長 魚介類が信じられないくらい安いです

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る