パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2000年05月パドリングレポート:トップページ2000年07月 »

日向灘某所

Jun. 21, 2000 サーフィンの楽園で波に挑む!

日向灘某所:イメージ1

宮崎県は初めて、もちろん宮崎の海もはじめて、シーガイアもまだ見ていない。霧島国立公園を満喫して、宮崎市内に入ったのは午後3時すぎ。ライターのゴンタさんと待ち合わせた後、早速宮崎の海を見せてくれると言うことで車に乗り込む。宮崎市内からは、宮崎南バイパス(220)を南に8kmほど下ったところから、海に向かって細道を入っていく。真横には熊野町運動公園が見える。川沿いの細道から潮の香りのする海岸の道へ折れると、そこはサーファーの楽園と言ったところだろうか。大きく広がる空らしい空と、海岸線をまっすぐに伸びる広い道、ずらっと並んだ車の中にはサーフボードが恭しく横たわっていたりする。

日向灘某所:イメージ2

きょろきょろとサーファーの雄姿を眺めながら、人の少ない奥のほうへと進んでいく。サーフィン主体の海岸で、人が少ない=波が良くない?かと車から飛び降り、低めの防波堤に登る。真っ白な砂浜のだいぶん向こうに波打ち際がある。空はいっそう広く見える、目の前が、空と砂浜と海だけになる。ゴンタさんとひとしきり海を見た後、カヤックでの波乗りを、成功させようということになる。カヤックでの波乗りは通常は、比較的長さが短く水はけの良い(もしくは水の入らない)ファンボート系のものを使用すると聞いていたがあいにく車の屋根に乗っているのは5mを越えるシーカヤックだった。

日向灘某所:イメージ3

サーファーの少ない海岸と言っても波は高いものだ、すぐに車からカヤックを降ろして、それを担ぎ水際まで歩く・・長い、これまでこれほどの幅のある海岸を歩いたことが無かったので海にカヤックを浮かべた時にはもう息も絶え絶えだった。サーフボードを小脇に抱えて、というのはむしろ栄えるのだが、5mもの鯨を背負って歩くと、さすがに風景を壊したのか皆がチラチラと見ている。そうなると、しんどくてもカヤックを途中では降ろせなかったのだ、自分を結構意地っ張りだと思う。

日向灘某所:イメージ4

1m~2m程の波の間を縫って、カヤックを漕ぎ出す。まずはカヤックを沖にやることが目標なので必死で大きな波に向かってパドルを動かす。ゴ~、と大きな音とともに目の前に水の壁ができる、一瞬慌てるが次の瞬間にはバシャ~ッと頭のてっぺんから水を浴びせられる。ここで戦意喪失だが、なんとしても波に乗らなければいけない。その頃、ゴンタさんはウェットスーツに着替え、サーフボードを小脇に抱え海の上で波を待っていたらしい。僕はと言えば、沖に出るとすぐに浜の方へ180度向きを変え、チラッ、チラッと後ろを見ながら大きな波を待っていた。沖のほうで、ユラッと大きな波の予兆が見えると、すぐに全力でパドリングを始める・・水の塊が山になって押し寄せてくると、瞬間自分の体と船が勢い良く水面を走り始める、もちろんパドルは目一杯動かして波頭が白くあわ立つのと同じ速さで砂浜に向かって、突進していく。「おおっー!」波のスピードを味わった後は後ろから水を浴びせられ沈してしまった。情けないが、これが精一杯だ波の上で艇を右へやったり左へやったりと言うのはかなりの神業に思えてくる。

しかし、何度も(何度かは思い出せない程)沖へ行っては浜まで打ち上げられ沈するのも、楽しくなってくる。もうこの頃には人の目など気にせずに、転んでは乗って、漕いでは水をかぶってと、一人遊びに興じている。さんざん楽しんだ後、夕日に近づいた太陽が広い砂浜と、遠浅の海に映え始めるとカヤックを上げて体を乾かせて引き上げることにする。これは大変面白い遊びを体験してしまった、ゴンタさんがサーフィンを愛することも波を楽しむ遊びを通して実感したような気がした。カヤックに乗っている間も、帰る間際も、波はサブ~ン、ザブ~ンと唸っていた。なぜか、こっちへ来い、来いと聞こえてしまう。

-DATA-

カヤック:
ペンギン
場所:
宮崎県宮崎市
タイム:
時間を忘れてしまう面白さ
交通:
宮崎市内から宮崎南バイパス(220号)を約8km
駐車場:
海沿いの道は広く駐車可(マナーは守って)
トイレ:
海沿いに綺麗なトイレ、シャワー、ボード洗場あり
ビール:
途中のコンビニがベスト
自販機:
なし
公衆電話:
なし
食事:
コンビニでの買出しをお勧め
携帯:
圏内
水:
食堂
注意:
海岸は地元のサーファーの人の手で美しく保たれていますゴミ等、マナーなどは十分守って遊ぶ!

御池

Jun. 21, 2000 高千穂峰を望みながらの火口湖周遊カヤック

御池:イメージ1

真っ青というにふさわしい透けるようなエメラルドブルーの湖面に船を出せると聞いて少々舞い上がっていた。九州は、宮崎県、宮崎自動車道の高原町に入ってすぐ、高原ICを下り223号(霧島バードライン)を西(山側)へ登っていく。8kmほど登ると、御池少年自然の家の真向かいに御池がある。皇子港という、静かなな港へ下りる道は看板もあるので分かりやすい。港と言っても、貸しボート屋と船を出せるような岸があるばかりだ。周囲が3.9km水深が105mの火口湖でまん丸の形のいい湖面とそこに映る高千穂峰の雄大さには言葉も出ない。

港は閑散としていて、人も少ない。小さな土の駐車場とその周りに3件ほどの食堂兼、休憩所がある。休日は人が多く、駐車場にも入れるか入れないかと言うから平日の今日のような日は最高なのだろう。看板には、「動力付きのボートは禁止」とあるので、カヤックは問題なさそうだ。事前に食堂のおじさんに確認はとっていたので何も気にせずに、後は船を浮かべるだけだ。

御池:イメージ2

天然の浜からカヤックを漕ぎ出す。周囲には遊歩道が池を一周する形でつけられているので徒歩でも散策できる。カヤックもまた岸沿いを一周するつもりで岸すれすれの所を行くのが面白い。日頃見慣れない風景と、変化にとんだ岸の様子をじっくりと見ることが出来る。まん丸の池の対岸にはキャンプ場があり、テントが小さく見えている。その真上には高千穂峰がそびえており、カヤックに乗り込むとさらにその風景が間近になる。港をでて左回りにカヤックを進める、すぐに森の中の緑色の小さな岸が見えてくる。流木とじゅうたんの様な草の浜辺はカナダの湖(行ったことは無いけれど)にでも来たような気分になる。ふと、寄り道をしに岸に上がり裸足のままで小川のそばへ行ったり、うろうろする。裸足の気持ちよさを久しぶりに感じた瞬間だった。

御池:イメージ3

裸足でも問題ないのは、ゴミやガラスなどが落ちていないことである。岸はもちろんだが、湖面にも発泡スチロールなどのゴミは見当たらない。気持ちのよさを感じるのは、風景や天気かも知れないが、そこへやってくる人たちの意識の高さもまたこの場所を気持ち良いものにしているよう思えた。まぁ、そんなことよりも、さらにパドルをこいでいく。いくつかの美しい天然の岸を過ぎてキャンプ場へと向かっていると、何処からかザーッというかすかな音が聞こえる。ゆっくりと岸によって見ると、木々の中に小さな流れ込みがあり岩の間にちょっとした滝があった。水の流れる音を聞いると、からだもひんやりと涼しくなる。不安定なカヤックの上で、少し眠くなる。

キャンプ場の横に一番大きな流れ込みがあり、そこではブラックバスを釣る人影が見えた。邪魔をしないように、ゆっくりと岸から離れ沖のほうをトラバースする。キャンプ場を過ぎるとあと半周、前半の山側とは異なり湖の水が流れ出る側になるので水もすこし落ち着いた感じだ。静かな水面に森の木々が映っている、岸の際で魚がバシャバシャやっている。のんびりとパドルを漕いでいると、鴨と並んだ。4羽の鴨が気持ちよさそうに泳いでいる。その中を割って、大きなカヤックが進んでいる。「ボートともつかない、変なのが浮いてる」と思っているのか、ちらちらとこちらを見ながら鴨はそのまま、進んでいく私は少し緊張気味。ここから優雅な鴨との共泳!と思ったところで、ピンクの白鳥船の浮かぶ港に戻ってきてしまった。湖は優雅、鴨もいい奴、ただピンクの白鳥は少し?不自然な感じがしなくも無かった。

人がいなかったので湖面には白鳥は出ていなかったが、混んでるときは浮いているのか?次回は白鳥で挑戦!

-DATA-

場所:
宮崎県西諸県郡高原町
タイム:
湖一周約1時間
交通:
宮崎自動車道高原ICから223号を約8km
駐車場:
皇子港に有り(無料)
トイレ:
皇子港に有り
ビール:
食堂かIC付近で
電気:
無し
自販機:
皇子港にカップラーメン有り(動作未確認)
公衆電話:
皇子港
食事:
皇子港内に数件有り
携帯:
ドコモは完全圏内
水:
食堂
温泉:
付近に極楽温泉(\300円)いい湯!

ページのトップに戻る