パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 久米島シーカヤックパドリングレポート:トップページ御池 »

ダーヴィル島一周シーカヤッキング 前編

May. 18-28, 2000 ガイドの休日 『難所通過』

サーフ!!
ご存知の通り、沖から寄せるウネリが波打ち際の浅瀬で盛り上がり、泡を立てて崩れる白波。では、ディープウォーターのど真ん中で立ち上がるサーフをご存知だろうか?そんなものあるわけがない?あるのだ!海流、潮流、ウネリなどが互いにぶつかりあえば、水深に関わらず海面は立ち上がり、白波が砕ける。こうした変則的なサーフは、動かない事も少なくない。その場で立ちあがり、その場で崩れるのである。私が今漕いでいる『地獄の門』の名を持つ難所は、そうした変則サーフゾーンだった。

ダーヴィル島一周シーカヤッキング 前編:イメージ1

ニュージーランド(以下NZ)南島北端に位置するマルボロ・サウンド海洋公園。リアス式の複雑な海岸線と、幼い日に理科室で目を奪われた硫酸銅の色を思わせる、鮮やかで澄み切った藍色の海を持つ、素晴らしいマリン・フィールド。公園西端に位置するエリア最大の島ダーヴィル島は、全長140kmの海岸線と40,000haを超す面積を持つが、人口は50人を切るという。さらに一帯の海域は人気フィッシングスポットゆえ人の出入りは絶えないものの、一般の観光ルートからは大きく外れるため、この島を訪れる外国人旅行者はほとんどいない。だから自然豊かなNZの中でも、特にバックカントリー気分を満喫できる島だ。残念ながら島中が原生林というわけにはいかず、実際には大半の土地がNZ名物の牧場になってはいるのだが、それでもやはり『ウィルダネス気分』は対岸の本土とは比較にならない。本土からわずか数百mしか離れていないし、適度な間隔で野営適地が点在するので、シーカヤック・フィールドとしても天国である。実際パドリングレポートでご紹介した、我がエイベル・タズマン国立公園を拠点とするガイド達も、ダーヴィル島と聞くと例外無く「あぁ、いいなぁ、オレも行きてぇなぁ・・・」と遠い目をして溜息を漏らす。人気No.1フィールドで毎日漕いでいるプロ連中をも魅了する島なのだ。

ダーヴィル島一周シーカヤッキング 前編:イメージ2

「さすがGofield.com!スゴイ穴場情報!じゃ、ちょっとオイラも!」と思ったパドラーの皆さん、ちょっと待って下さい。世の中そうそう美味い話ばかりではない。実はこの美しい島にもキチンと『トゲ』があるのだ。まずトゲその1、公共交通機関がないこと。つまりカヤックと車を調達して自走していく必要がある。トゲその2、島に渡ってしまうと食料や浄水の補給施設が皆無である事。トゲその3、整備されたキャンプ施設もほとんど皆無に近い事。一周するには最低でも1週間は要するはず。本格的な野営技術が必要だ。トゲその4、限りなく無人島に近い島ゆえ、文明から隔絶される事。怪我、病気などの場合も深刻な事になるし、パドリング中の事故は致命的な結果に繋がる惧れが大きい。天気予報などのニュースも入手し難いので、それらを視野に入れた危機管理テクニックは必須だ。

そしてトゲその5が、お決まりの『難所』だ。島と本土の間に横たわる幅数百mの海峡『フレンチ・パス』は、速い潮流が渦潮を生み出す悪名高い難所。過去に藻屑と消えた命は数知れず。今年に入ってからもすでに3名のダイバーが命を落としている。「柄杓を貸せ」と船幽霊が現れかねない魔の海峡なのである。島を一周すれば初日か最終日に、必ずこの難所を通過することになる。そして北端の『ヘルズ・ゲイト』は、島の東西の海岸を北上してきた潮流がぶつかりあい、オーストラリア方面から寄せてくるウネリも加わって『動かないサーフ』が立ち上がる場所。サーフゾーンを避けて沖に出れば、強い潮流や風に流されて漂流する危険がある。ここも避けて通る事の出来ない場所なのである。双方とも停流時しか通過のチャンスはない。潮流の速い時刻に突っ込めば、我々プロ・カヤッカーといえども命の保証はない。

ダーヴィル島一周シーカヤッキング 前編:イメージ3

私と妻の乗ったタンデム艇は、今まさにそのヘルズ・ゲイトの真っ只中。もちろん今は満潮時、潮は止まっているはずの時刻だ。ところがどっこい、しっかりとサーフが立ちあがっている!流石に『地獄の門』という名は伊達ではない!我々はサーフゾーンの中でただ1箇所サーフが崩れない、幅5mほどのポイントを狙って通過を試みている。崩れないといっても高さ1mのグリーンウォーターが突然立ち上がる。艇はその度に天を突き、次の瞬間藍色の谷底に向かって滑り落ちる、天然のジェットコースターと化す。しかし派手な動きとは裏腹に、艇は実際には亀のような速度でしか進んでいない。このサーフには恐ろしく重量感があるのだ。莫大な量の水の恐ろしいほどの質量感が、パドルや艇底を通じて伝わってくる。粘度の高い重油の海を漕いでいるかのような錯覚さえ受ける。こうなると前方から迫りくる波は、さしずめ巨象がのしかかってくるような圧迫感だ。すぐ左では1.5mのサーフが派手な白いスープとともに崩れ、右側の岩の側にはエディというより渦潮といった方が相応しいようなワールプールが口を開けている。こうなると、正面から迫り来るの象の群れを中央突破するより他に手はない。もちろんここで沈すると、いかにプロといえどもレスキューは難しい。前席の妻は恐怖に駆られて必死のパドリングだ。もちろん表情は伺えないのだが、半ベソ状態だろうことは容易に想像がつく。

しかし私の方はといえば、実はアドレナリンが急速に脳内を充たし始めているのを意識していた。普段の生活では完全に眠っている『己の野生』が目を醒まし始めているのだ。そして一瞬の後、緊張感溢れるこの状況下で、私は完全にハイになっていた。油断できる状況ではないのだが、それでもこの程度ならまだまだ余裕がある。そして、こんな珍しい海面はそうそう体験出来るもんじゃない。!すぐ前を漕ぐ後輩ガイドとともに"Yahoooooo!"と絶叫する。巨象の群れに向かうドン・キホーテだ!奇声はサーフの崩れる音にかき消される。負けじと声を張り上げる。血沸き肉踊る難所通過。我々が狂ったように奇声を上げて喜んでいる事に気付き、妻もようやく少しリラックスしたようだ。おっと、前方では通過し終えた連中が心配そうに見守ってくれている。早い所通過してしまうか。一周ツアー4日目の出来事。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る