パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 錦江湾・桜島(前編)パドリングレポート:トップページダーヴィル島一周シーカヤッキング 後編 »

母島シーカヤック一周

Dec.31, 1998 日本で一番早い初日の出

母島シーカヤック一周:イメージ1

1998年元旦我々は運良く父島を一周することができた。二匹目のドジョウを狙って同年末再び「おがさわら丸」に乗り込んだ。目指すは父島のさらに南50kmの母島。

母島シーカヤック一周:イメージ2

小笠原二見港で「ははじま丸」に乗り換える。「おが丸」に比べてはるかに小さい。乗客のほとんどが帰省客のようで観光客はわずかだ。2時間揺られて母島沖港に到着。人口わずか500人ほど、島唯一の集落が手に取るように見えた。岸壁には島民が勢揃いという感じで、あちこちで華やいだ声が上がっていた。

母島シーカヤック一周:イメージ3

12月31日。港への坂道から見下ろすと海は穏やかだ。防波堤の向こうでさざ波が揺れ、さらに沖には向島が浮かんでいる。8時10分、我々は3艇のカヤックを漕ぎ出した。港の防波堤を越えると長く延びる島の南部が見えてきた。それに続く鰹鳥島、二子島、平島、向島が我々を囲むように連なっている。緩やかに低くなる母島西海岸を左に眺めながら行くと、まだ続くと思っていた陸が切れて海がのぞいた。南崎だ。大瀬戸に集められた波が大きくひしめいている。真ん中を突っ切った。船は大きく上下するが波は素直だ。白い砂浜に徒歩でやって来た観光客に目をやる余裕もある。先行の2艇は波が暴れる大きな岩との間にさしかかっていた。そこを抜ければ島の東側に出る。遅れないように後を追う。島の南端を廻ると波はまた規則的になった。相変わらず高いがこの程度は父島で慣れっこだ。それよりも2艇は遙か先だ。早く追いつかなければとパドルに力を込めた。

母島シーカヤック一周:イメージ4

島の東海岸は断崖が続き見所のはずなのだが、曇り空が暗い影を落としている。裏高根の岩を越え東崎湾で最初の休憩。予定通り2時間で来た。カツオドリが頭の上を飛んでいった。東崎を廻ると大崩湾、一層高い断崖が続き一部が最近崩落して赤い地肌がむき出している。大きな湾を横切り石門崎を越えると東港の立派な防波堤が見えた。荒天時の避難港なのだろう。とりあえず逃げ道ができてほっとする。休憩3分。くわえ煙草で再び漕ぎ出すが渇いた喉にはちっともうまくない。しかし急がなければ。この臥牛角という岩を越えれば北港、戦前はここに集落があった。今もその学校跡がジャングルの中にひっそりと残っている。舟足が速くなってきた。潮に乗ったようだ。すぐに北港の深く切れ込んだ湾が見えてきた。

母島シーカヤック一周:イメージ5

北端の乾崎と鬼岩、先行艇はその間にかかろうとしている。あそこを廻ればもうすぐだ。波は音を立てて断崖にぶつかっている。今回初めての緊張が襲ってきた。コースの鬼岩との間には小さな岩礁もいくつかのぞいている。首を伸ばしてコース取りを見極め、力一杯漕いだ。このあたりは海中写真家が行方不明になっているところだ。どうにか抜けてほっとして気が抜けた途端、目の前の海が盛り上がり白波が横から襲ってきて頭から水を被った。一瞬自分の目が点になったのが解った。しかし自然に体がバランスを取りうまく切り抜けることができた。これも西表での沈が役立ったのだろう。

母島シーカヤック一周:イメージ6

島の西岸に回り込むと波がすっかり治まった。しかし潮が逆らしくなかなか進んでいかない。左前方10mの所を三角のヒレがこっちに向かって来る。しかしすぐに海に消えてしまった。イルカだ。それから辺りを何度も見回すが二度と現れなかった。遠くに四本岩(しほんいわ)が見える。中の二つが重なり洞窟のようにになっている。それを目指して重い腕を振る。単調で退屈な時間が続く。西に回っても日が当たらず島は相変わらず暗い。港の入り口の岩礁帯でまた波が高くなったが、岩のてっぺんに立った海鳥を見る余裕があった。港を出て6時間、穏やかな港に舟を着け、ビールを買いに走った。

母島シーカヤック一周:イメージ7

母島の正月イベントは初日の出ツアーから始まる。車で途中まで送ってもらい島の南海岸の小冨士山に登る。ジャングルの中のよく整備された道を2時間。鰹鳥島の向こうから日本一早い初日の出が登った。浜では日本一早い初泳ぎやカヌーレース、名物ウミガメ肉が振る舞われた。カヌーレースでは優勝候補にも上げられていたが、普段のカヤックとは違ったアウトリガーのカヌーに残念ながら6位と健闘及ばず。しかし小さな島の小さなお祭りは楽しくそしてとても長閑に過ぎていった。

-DATA-

場所:
東京都小笠原村母島
交通:
父島より船で2時間。島内はレンタルバイクのみ 一日2500円。
駐車場:
どこでもOKだが車で行く人はいない。
トイレ:
沖港、北港にあり。

※小笠原諸島は全島キャンプ禁止。お正月イベントが多数あり、家族的雰囲気の中で楽しめる。
宿泊 民宿「ママや」 一泊 6000円
母島一周にあたっては「ママや」の折田さんに陸上から監視していただいた。 感謝。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る