パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 飛島紀行(中編)パドリングレポート:トップページ知床半島シーカヤック »

飛島紀行(前編)

May. 1998 アイランド・シーカヤッキング

飛島紀行(前編):イメージ1

東京はじめじめ、じわじわと暑く、ベタついた日々が続いていた。やはりこんなときは北に行くべきだと、いつのまにか義務のように思うようになっていた。ぱらぱらと島に関する本をめくっていると「飛島」のところで、ページがとまった。酒田から船だと…。おう、そうだ、むかし関東シーカヤッククラブにいた富樫(現佐藤)香奈ちゃんが酒田にいるではないか。彼女は今(その当時)実家である「とがしスポーツ」で働いている。

出発の当日、僕はビックサイトにいた。この当時、その年の秋には鳴り物入りで登場する予定であった某衛星携帯電話会社に在籍していたので、その展示説明のために奔走していたのだ。この当時も今と変らぬサラリーマン。過去最大の入場者となったビジネスショウにおいて、群がる人々をあれやこれやとなで斬りにし、ふらふらになりつつも週末のごった返す渋谷に、夜行バス出発ぎりぎりの時間にたどりついたのであった。酒田に行くには夜行バスが最もリーズナブルなのである。

そして長距離バスは、遅れた人を待って定刻よりも多少遅れての出発となった。電車ではこうはいかないだろうなあ。しかしシートは残念ながら人並みはずれた僕の体格にはあわず、疲れた体を癒す事ができないままに酒田まで運ばれることとなったのであった。

酒田駅前で今回飛島を一緒に漕ぐ、富樫香奈子嬢と合流する。彼女が東京にいたころ、今は無き(?)非営利非力シーカヤッククラブである関東シーカヤッククラブの門をたたいたのが運の尽き(?)、じゃなかった、成功への扉、それ以来の知りあいである。その後サラリーマン生活にずぶずぶと埋もれていった僕と違って、ニュージーランドでアウトドア修行をしたり、登山にカヤックにトライアスロンと、なんでもござれのアウトドアウーマンとなったのである。

朝食の後、酒田港へと向かう。出港の30分くらい前には着いたのだが、飛島へ向かうニュー飛島丸はすでに接岸され、その前は人でごったがえしていた。船の後部デッキはオートキャンプで使うような大きなクーラーボックスが所狭しと積まれている。船に乗り込んでみると、果たして乗客のほとんどが釣り客であった。

船は定刻通りに岸壁を離れて、ベタ凪の海をすべるように進んでいく。雪の残る鳥海山を後ろに見つつ、広い海にぽつんと浮かぶ島影に向かっていく。この時期イルカの大群に遭遇することもあるようだが、残念ながら今回は会うことができなかった。約90分の航海を終え、船はゆっくりと島の港に入っていった。たくさんのウミネコが僕らを迎える。海面を見れば、今まで見たことがないような緑色。そしてそれがゆっくりと揺れている。海底の海草がゆらゆらと揺れているのであった。

飛島紀行(前編):イメージ2

飛島、周囲約10km、人口は約700人。日本海にある東北唯一の有人島であり、縄文時代から人が住んでいた形跡がある。近世は北前船の寄港地として栄えた。島は鳥海山の一部が噴火で飛んで来たという説がある。また、トド島という別名もあり、これは大正時代には冬になると、トドが群れたという話しからである。その時代にシーカヤックで行けたらとどんなに面白かったであろうか。

宿に荷物を置いて、カヤッキングスタイルに変身するとシーカヤックにおいてあるスロープに向かった。(この時は雑誌の取材であったため、ある施設からシーカヤックをお借りしたが、通常はフェリーで運ぶか、漕いでくることになる)コンクリートのスロープに置かれた2艇の真新しいパフィンに、はやる気持ちを押さえながら荷物を積み込んだ。新しい海に出るときというのは、また特にワクワク感があるのだ。僕の場合。

飛島紀行(前編):イメージ3

一枚の板のようにべたっとした水面にカヤックを浮かべる。最近、管理不能になりつつあるダブついた肉体を、狭い(パフィンでさえ僕には狭いのだ)コックピットに押し込めると、ズブリと喫水が沈んだ。

ウムム、装備の軽量化の前に自分の軽量化が急務であるな。カヤックを世話してくれた人が「ここらの漁師はみんな口悪いけ、気をつけてき」と言って手を振って見送ってくれた。といっても、別にカヤックが嫌われているわけではない。夏の間は少年達に向けてのカヤック教室が行われるくらいなのである。

堤防の切れ目から外海に出る。遠くの水面が細かくふるえ、その震えとともに風が渡って来た。東京の、暑くて体にまとわりつくような大気と違い、冷たくも乾いた風が心地よい。

いいツーリングができそうな予感がする。舳先を南に向けた。

- 西沢あつし プロフィール -
フリーライター・フォトグラファー。主に日本各地のシーカヤッキングにまつわるいろいろなシーンを撮影・レポートして各誌に寄稿してきた。写真は梅田正明氏に師事。昭和41年生まれ、東京都在住。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る