パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 伊豆三島スーパースパカヤッキング(中編)パドリングレポート:トップページ島旅へのイントロダクション »

伊豆三島スーパースパカヤッキング(前編)

Aug. 1995 アイランド・シーカヤッキング

今回のIsland Hoppingは、首都圏からもなじみの島々である伊豆諸島だ。地図を広げてみると、比較的距離が近い神津島、式根島、新島という三つの島が目に入る。さらに伊豆半島は下田からこの島への定期航路である神新汽船は、なんとカヤックも運んでくれるのだ。これは行くしかあるまい。

平成元年、その年結成したばかりの「関東シーカヤッククラブ」のメンバーと行った初の本格的島渡り遠征と言えるカヤッキングであった。

しかし!黒潮がぶつかるこれらの海の状況は、決してシーカヤッキングに適しているとは言えない。さらに日々変化しているこの海を横断することは、皆さんに勧められるわけではない。僕自身もこの当時のこの横断は、自分なりには調べて来たものの、センパイである鈴木俊太郎さんや佐藤潤二さんの力に負うところも大きい。つまり正直なところある意味恐いもの知らずであったところもあることは否めない。

さらに実はこの時、独断専行して我々の視界から消えたあるメンバーがいる。再三にわたる注意も効果無く、その後致し方なくそのメンバーをクラブから追放したわけだが、その後、案の定、遭難未遂事件(たまたま運良く見つかったに過ぎない)を起こしたようである。ただ楽しいだけではなく、海象の厳しい海を漕ぐ場合の、チームとしての行動を深く考えさせられたツーリングであった。

この時の様子は「カヌーライフ」誌6号、カヌーライフ増刊「カヌーで旅する本」に掲載されている。文はそのオリジナルとなっているもので、なんとも恥ずかしいレベルなのだが、我慢してくださいまし。

平成12年7月15日、このあたりを強い地震が襲った。しかし現在は普段の海と島をとりもどしている。この当時はキャンプをしながら、という形をとったが、それぞれの島で宿でゆっくりしながらという旅も面白いと思うし、次僕がやるとしたらそうするつもりなのです。


 <95年執筆>

「シーカヤックで島々を渡ってみたい」

伊豆三島スーパースパカヤッキング(前編):イメージ1

多少シーカヤッキングをかじった人ならば、その無限の可能性に気づき、コースタルツーリングから大海原に出て行きたいと思い始めるだろう。そしてキャンプ道具を積んでの島から島への旅ガラス。しかし、瀬戸内海ならいざ知らず、この関東圏にそんなことができるところはあるのだろうか。それも7、8時間も漕がねばならないようなハードなものではなく、かといって30分も漕げばはい到着というものでもなく、さらに美しい海で、島は適当な大きさがあって、自然が豊富で、海の幸がうまく、キャンプにも困らないところ。そのうえ、旅の疲れを温泉で癒せ、海が荒れたら早々に船でひきあげられる所、と、ことさらかように日程と予算が限られたサラリーマンカヤッカーは条件にうるさいのであった。

伊豆三島スーパースパカヤッキング(前編):イメージ2

「ウーム」腕組みして関東付近の地図をにらみつける。かの南アメリカの東海岸と、アフリカ大陸の西側が割ったような形であることを発見して、大陸移動説を唱えたウェゲナーのように。すると、あった、あった、ありましたよ。神津島、式根島、新島がひとつのラインとなって浮かび上がった。ここであれば先にあげた条件をバッチリ満たすではないか。それに下田から出ている神新汽船ならカヤックも運んでくれるのだ。

早速関東シーカヤッククラブのメンバーに声をかける。応えたのは佐藤潤二氏、鈴木俊太郎氏、その奥方道代ちゃん、そしてこの私。(実はこの当時このクラブの会長を名乗るものもいたのだが、本文からは削除しています)

伊豆三島スーパースパカヤッキング(前編):イメージ3

もう晩夏となる8月25日、前日の夜のうちに下田港の駐車場に車を入れた。神新汽船は前述したようにカヤックを運んでくれるが(95年当時)、一応事前に連絡を入れた。「カヌーを五艇お願いします」というのだ。シーカヤックという言葉はまだ馴染まれていないようなのだ。片道1600円也で五m超のシーカヤックを載せてくれる(95年当時)。係りの人にその旨を伝えれば、向こうも慣れたもの。指示に従えばよい。そこで、加藤隆司、塩島敏明両氏率いるカトーカヌーイングスクールのご一行とご一緒することとなった。我々の分も含め、十数艇のシーカヤックがデッキに並べられたのである。

船は定刻、九時二十分に出発。式根島で加藤さんら一行とわかれ、我々は神津島に向かう。船は次第にピッチングが強くなり始めた。「うーむ、この船でこれだけ揺れるのに、シーカヤックで本当に渡れるのだろうか」不安がよぎる。

伊豆三島スーパースパカヤッキング(前編):イメージ4

十三時二十分、神津島に到着した。太陽が真上からコンクリートの桟橋に、これでもかこれでもかと光線の圧力をかけている。上陸と同時に噴出す汗。手早く艇を降ろすと、船は下田に向かって去っていった。ハッチからスターンカートを取り出し、防水バックに詰め込んだ荷物をコックピットに放り込むと、ゴロゴロと港の付け根にある漁港に向かってシーカヤックを引っ張っていった。港での移動が多いのでこのカートがあるのと非常に重宝する。しかし、海に入る前から既に汗まみれだ。全員スロープに到着したときにはもう腹が減って死にそうだ。せっかく来たのだから、ここでこその食べ物で前途を祝したい。「よし!島寿司を食べに行こう!」先日、伊豆諸島エクスペディションにのぞむため、僕らに先立って島に入り、ほとんど一時的住民になっていた鈴木俊太郎氏に連れられて、くねくねと細い道を入っていった。島は港からすぐ上昇歩行となるのである。軒が連なる白く狭い道、人は少なく、木陰との強烈なコントラストをつくっている。駐車場の車は、全て窓を開け放している。ここには泥棒などというのはいないのだろうか。振り向けば海が太陽の光をいくつも受け止めて輝いている。島のけだるい夏の午後。

我々が目指した「美家古寿司」は準備中だった。引き戸を開けて何時から開けるのかと聞くと、三時には始めるから、と言われたので、先に買い物を済ます。これから行く島はどれも観光地。非常食は十分に揃えるが、キャンプでの食料は最低限でいい。買い物のあと、寿司屋で念願の前「昼」まつり。とにかくビールで乾杯。汗でからからのなった身体の隅々までビールがしみこんでいくようだ。我々はしばし自動寿司食い&ビール流し込み機と化した。これを永遠に続けていきたかったのだが、持ち前の強靭な意志で抑えて(単にお金がなかっただけだが)、港に戻ってきたときにはすでに日が傾きかけていた。しかし本日の野営予定地はここから北1kmにある沢尻湾だ。式根島への横断のためには、北端にある返浜もいいが、もし荒れたら身動きがとれなくなるのである。準備を済ませると我々は神津島からの第一歩、海へ滑り出した。

- 西沢あつし プロフィール -
フリーライター・フォトグラファー。主に日本各地のシーカヤッキングにまつわるいろいろなシーンを撮影・レポートして各誌に寄稿してきた。写真は梅田正明氏に師事。昭和41年生まれ、東京都在住。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る