パドリングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


香川県庄内半島シーカヤックツアー

Oct.06-08, 2001 シーカヤック二泊三日の旅

気候はすっかり秋。夏の間にぎわった海に海水浴客も居なくなり、シーカヤッキングには絶好のシーズンがやって来た。こんな事を言うのもなんだが、僕はシーカヤックは絶対に秋が良いと思っている。海水はまだまだ泳げる温度だし、うるさい蚊などの虫も少なくなり、夜になれば体は焚き火を有り難がり、ビーチはシーカヤッカーだけのモノになるのだ。(但し、釣り人だけは年中何処にでも居ますが...^^;)

続きを読む "香川県庄内半島シーカヤックツアー" »

仁淀川川下り

Oct.06-08, 2001 子供と遊んだ仁淀川

カヌーに乗って二泊三日で仁淀川を遊んで来た。川人間が沢山生息する高知県下では「四万十川ばかりが有名になって」と仁淀川系川人間の嘆く声をそこかしこで耳にするが、同じ高知県下にあるカヌイストの聖地「四万十川」に負けず劣らず仁淀は良い川であるのは間違いない。京阪神からも、高速道路の開通によってアクセスも楽になり、無理をすれば一泊二日でも楽しむ事が出来る。今回は出掛けたタイミングがまた良かった。秋晴れの空の下、前日までは台風21号が秋雨前線を刺激して結構な雨を降らし水量は申し分無い。更には鮎漁が一ヶ月程の禁漁期間に入っていた為に、何かとトラブルの元になる鮎釣り師に気を使う事も無く、川は僕たちの独占状態である。

続きを読む "仁淀川川下り" »

直島諸島シーカヤッキング

Jul.20, 2001 夏本番

直島諸島シーカヤッキング:イメージ1

太陽はギラギラ、鮮やかな青い空の隅っこには入道雲がモクモクと立ち上がる、とんでもなく正しい夏空の下、直島諸島へシーカヤックキャンプツアーに出かけた。カヤックの準備をしているだけで汗だくのフラフラだ。準備もそこそこにPFDを着込んで海に飛び込んでクールダウン。プカプカと水面に浮かびながら、あっちにもこっちにも見える島々を眺めれば気分は盛り上がざるを得ない。20近い数の有人無人の島で構成される直島諸島は、日帰りから一泊でも二泊でも好みによってツアーコースは幾つでも用意出来る。更に体力や時間があれば豊島や小豆島、四国側へと漕ぎ出すのもかなり面白い。『シーカヤックでの島巡り』と言う「らしい」キャッチフレーズを鵜呑みに出来る良いフィールドだ。

続きを読む "直島諸島シーカヤッキング" »

庵治の島々シーカヤックツーリング

May.26, 2001 庵治で島巡り

翌週は牛窓で盛大なシーカヤックイベントが開催される。Gofieldスタッフとして、「いやぁ、今年初めての海なんですよー」というわけにもいかないので、スタッフの稲毛君と近場の庵治町で今年最初のシーカヤックを楽しむことにした。というか、練習ですね。R11を県道36号庵治方面に入り、石材屋さんの並ぶ道を北進。やがて庵治町の中心街になり、そのまままっすぐ。庵治温泉を越えると江の浜海水浴場にいたる。四国最北端の竹居観音岬はこの先だが、浜の終点のところの路肩に車を止めてここから海に出る。夏場は通行量もそこそこあるので、車の運転は注意が必要だ。

続きを読む "庵治の島々シーカヤックツーリング" »

千羽海岸パドリング

Dec. 2- 3, 2000 シーカヤックミーティング

千羽海岸パドリング:イメージ1

徳島県日和佐町の千羽海岸、圧倒的な断崖絶壁がそびえ立ち太平洋の荒波に浸食されて出来た洞窟や美しい浜が無数にある、シーカヤッカーにはたまらない海である。今回は毎年この時期に行われる鳴門のシーカヤックプロショップ「ホライズン」主催のシーカヤックミーティングに参加した。このようなミーティングの面白い所はたくさんのシーカヤッカーと知り合える事もそうだが、シーカヤッカー同士酒を飲みながらのカヤック談義バカ話と相場は決まっている。特に今回は、関東からミスター・シーカヤッカーの柴田丈宏氏も参加されるとあって、夜は柴田さんの遠征話などを聞きながらさぞかし楽しい酒が飲める事だろうと実に楽しみにしていたのだ。

続きを読む "千羽海岸パドリング" »

鳴門市島田島

Sep.1, 2000 シーカヤック潮流ツアー

鳴門市島田島:イメージ0

徳島県の鳴門へ潮流ツアーに出かけようと言う事になった。渦潮で知られる鳴門海峡をパドリングするのではなく、鳴門海峡すぐ横の島田島のパドリングだ。周囲約10㎞のこの島は堀越海峡と小鳴門海峡といった潮の流れが特に速い場所があり、この潮の流れに乗ったパドリングをすればそれはそれは気持ちの良い川下りの様なシーカヤッキングを楽しめるというワケである。今回のメンバーはわたくしごうと、相棒のショウジ、この夏めきめきとカヤックの腕を上げた紅一点のなおこだ。一年中海山川を遊びまくっている仲間である。

続きを読む "鳴門市島田島" »

銅山川

Apr.29, 2000 やや高水位?

銅山川:イメージ1

松山自動車道の三島川之江で下りて、11号を西へ走る。しばらく行くと幅の狭い124号に入りさらに西へ進む。124号が川之江市街方面と金砂湖、翠波高原方面へ別れる319号を南に折れると、そのまま319号が山道になり峠の法皇トンネルを抜ければ金砂湖に行きあたる。金砂湖からは、赤い平野橋を渡って右に折れ富郷渓谷方面へ向かう。谷の道は2車線で綺麗に整備されているのでとても走り易い。富郷橋を渡り2kmも行くとトンネルの脇へ入る細い道がある。そこが富郷キャンプ場の入り口である。

続きを読む "銅山川" »

吉野川 (貞光~穴吹)

Oct.8, 1998 刺激を求めて・・・

公務員のMさんがふらりと店にやってきた。「刺激が欲しい!」最近つまらないことでもあったのだろうか?そこで提案。「明日店休みなんでカヤックツーリングでも行きますか?天気良さそうですよ。」「いいねぇ!」ということで、有給を取ってもらって平日に吉野川に向けて出発。

続きを読む "吉野川 (貞光~穴吹)" »

ページのトップに戻る