温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 伏尾温泉「不死王閣」温泉レポート:トップページ日田琴平温泉-木の花カルテン »

大箇温泉

Aug.23, 2004 西宮の公衆天然温泉浴場 

大箇温泉:イメージ1

西宮の銭湯に温泉が出た。話しはさかのぼり阪神大震災になる。周りの古いアパートは軒並みに全壊し利用客が激減した。駅前で温泉を掘り一大レジャーセンターを作る話しが出ていた。このとき温泉を掘ろうとオーナーは思った。早速、準備に取り掛かった。2000年12月に掘削申請手続きを取り2001年2月末に許可が下り、4月に工事が始まった。6月には温泉が出た。成分分析の検査結果が8月に出た。泉質は予想通りの単純温泉だった。宮水の湯と命名し、 2002年3月に利用許可が出た。

大箇温泉:イメージ2

ここは元来、街の銭湯である。今風の銭湯だからお風呂で遊べるようになっている。ローリングバス・エステバス・遠赤外線サウナ・冷水風呂・露天風呂・すわり風呂・ボディジェットバス・スリムバス・打たせ湯など、いろいろなお風呂があり、この露天風呂が天然温泉になっている。

大箇温泉:イメージ3

天然温泉は無色透明で、源泉の持ち帰りOKと気前がいい。湯舟からは温泉があふれ出ており、湯の流れた後が濃い褐色に変色していた。温泉気分が味わえるところだ。湯上りの肌はサラサラになり、湯冷めしにくい。まさにオーナーの意図が的中している。

大箇温泉:イメージ4

阪神間の平野部では500mほどから25℃の単純泉が湧き出る。1,000mほどで45℃のナトリウム・塩化物系温泉がでる。1,500mほどで温泉はさらに濃くなり温度も60℃になるというのが一般的な地層となっている。そこでオーナーは毎日入ってもらう銭湯に相応しいアッサリした泉質として700mの掘削を決めた。単純泉というのは温泉法に定める成分を均一に含有し、かつ塩化物泉(塩分)や含鉄泉(鉄分)のように突出した成分がない温泉をいう。だから癖がなく湯あたりしにくく毎日利用するのにいい。また弱アルカリ性なので湯上りのすべすべ感も出てくる。

アクセスは民家の中にあるので初回は分かり辛い。近くから電話を掛けるのが賢明だと思う。国道43号線からは甲子園球場前を西へ1つ目の信号を右折。阪神電車を超え、3つ目の信号を左折したつぎの角。国道2号線からは名神高速高架下の「津門交差点」を南に、1つ目の信号を右折100m。電車ではJRなら西ノ宮駅、阪神なら今津駅、阪急なら西宮北口から徒歩10分程度。

西宮市の隣に高級住宅地で有名な芦屋市がある。従来だったら芦屋といえばフランス料理店とか高級ステーキ店というイメージだったのが、その芦屋市に阪神大震災の後頃からラーメン屋がつぎつぎと開店した。芦屋イコール高級というイメージと重ならない気がするのだが、いまやTVやマスコミでも報道されるほどの人気ラーメン店が数多くある。2号線を走ると「希望軒」、「日の丸軒」「ふうりん」など5分もしないうちに、つぎつぎと登場するほど乱立している。「商売繁盛でササ持って来い」と拍子をとるエビス神社の総本山が西宮にある。その西宮にアウトドア派のぶらり町歩きに好ましいラーメン店と立ち寄り天然温泉が今日登場したようだ。

-DATA-

住所:
西宮市津門大箇町7-17
電話:
0798-26-0217
入浴料:
大人(中学生以上):340円
大人サウナ込み:470円
中人(小学生):130円
小人(幼稚園以下):60円
手ぶらセット※670円
石鹸:
ボディーソープとシャンプーの備え付けはなし
時間:
午後3時30~午後11時30分
休館日:
毎週木曜日
駐車場:
11台
交通:
JR西宮駅、阪神今津駅、阪急西宮北口駅から徒歩10分。国道2号線「津門交差点」南。
源泉名:
宮泉(みやみず)の湯
泉質:
単純温泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)
湧出量:
最大650l/min
効能:
神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・五十肩・うちみ・関節痛・やけど・慢性皮膚病・冷え症・疲労回復

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る