温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« しあわせの村温泉温泉レポート:トップページ神戸クアハウス »

太山寺温泉なでしこの湯

Jul.30, 2004 神戸の隠れ湯

太山寺温泉なでしこの湯:イメージ1

神戸は海と山がある街として有名だが、実は、それだけではないのだ。新と旧、そして自然と人口が奇妙に入り混じった街なのだ。神戸市は高速道路が何本も縦横無尽に走っている。さらには郊外のニュータウンと港に隣接した都心部を結ぶ見事な無料ハイウエイも走っている。ところが、旧態然とした昔ながらの入り組んだ細い迷路のような田舎道も未だに市民権を得て縦横無尽に走っている。ところが、その両者の奇妙な調和が美しい魅力となっているのを知る人は少ない。

太山寺温泉なでしこの湯:イメージ2

神戸の街は海と山が近い。だから、曲がりくねった細い山道を走っているとき、不意にコバルトブルーに輝く海が目に入ることがある。だが10分も走れば、そこはすでに街中のビルと雑踏に埋もれてしまう。ところが神戸の山側は大半が田舎のまま残っている。特に、西区や北区は、細い田舎の一本道でつながり田園風景が無造作に続く。そんな海側の街から一歩山側の田舎道に入ったところに、ここにも隠れた天然温泉がある。大山寺温泉「なでしこの湯」である。

太山寺温泉なでしこの湯:イメージ3

車でのアクセスは、三宮から山麓バイパスを経由し学園都市前から前回方面にハンドルを取り、前回交差点を右折2分で右手に「なでしこの湯」が登場する。同左手が100台の無料駐車場となっている。神戸長田からは阪神高速7号線神戸線白川JCT経由で布施畑JCT下車10分。布施畑JCTからは料金所を出て右へ、ひとつめの信号を左折(明石方面)。布施畑トンネルを抜けて3つ目の信号を左折。大山寺トンネルを抜けて左手すぐ。市営地下鉄「学園都市」駅よりタクシー5分、「伊川谷」駅、「名谷」駅よりバス「太山寺」停下車すぐ。

太山寺温泉なでしこの湯:イメージ4

田舎道の田園風景の中に「なでしこの湯」がある。入り口手前に水の溜まり場がある。これが源泉。無色透明のラドン泉で、泉温は24.3℃。入浴料は500 円。無料休憩所があり、コイン式のマッサージ機もあれば、人手によるマッサージ室も完備している。なでしこの湯の特徴は身障者用の浴槽があり、また身障者介護のスタッフが整っている点だと思う。

太山寺温泉なでしこの湯:イメージ5

なでしこの湯の裏手には天台伽藍の本堂が国宝に指定された由緒豊かな太山寺がある。天延元年(973年)12月8日の年紀をもつ「播州太山寺縁起」に藤原鎌足の子、定恵和尚の開山、霊亀2年(716)公の孫である宇合(不比等の子)の建立と伝えられる。この寺は、元正天皇(715~723在位)の勅願寺として、歴代天皇をはじめ一般民衆にいたるまで広く信仰を集めていた。

建武の中興(1334年)の時には、大塔宮護良親王の令旨を受け、朝敵北条勢を討つため衆徒のめざましい活躍があったと伝わる。その結果は、寺運が大いに栄え、この地方の一大法城として南北朝時代には支院四十一ヶ坊・末寺八ヶ寺・末社六ヶ社を持ち僧兵も大勢いた。ところが時代の流転変化は著しい。その後の幾多の戦火により興亡・浮沈が激しく、現在は龍象院・成就院・遍照院・安養院・歓喜院の五ヶ坊を残し、ひっそりと田舎の田園風景に沈んでいる。

なでしこの湯はいつも地元の年寄り連中が多く訪れているのが印象的だ。その分、のんびりと、くつろいだ空気がゆっくりと漂っている。そして、日課のごとく老夫婦たちが、それぞれの定時に来湯する今は数少なくなった立ち寄りの湯である。

-DATA-

住所:
兵庫県神戸市西区伊川谷町前開273-1
交通:
地下鉄 名谷駅または伊川谷駅からバス 太山寺バス停下車
名称:
太山寺温泉
電話:
078-977-0261
泉質:
単純弱放射能冷鉱泉(低張性・アルカリ性・冷鉱泉)
効能:
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
料金:
大人500円 子供300円 土日祝は100円アップ
高齢者・身障者400円
営業時間:
10時から22時
定休日:
年中無休
備考:
駐車場100台
身障者用の浴槽もあり

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る