温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2003年01月温泉レポート:トップページ2003年10月 »

ごてんば市・温泉会館

Mar. 02, 2003 御殿場にある富士の眺めのよい市営温泉

ごてんば市・温泉会館:イメージ1

東京・神奈川辺りに住む人たちにとって、箱根は庭先のようなもの。気が向いたらすぐ車で行ける距離なので、わたしもちょくちょく出かけます。けれどその手前、東名高速ICのある「御殿場」にも温泉があるのをご存知でしょうか?今回はそのひとつ、「ごてんば市・温泉会館」をご紹介したいと思います。

御殿場といえば、富士山。空気の澄んだ日、これほど雄大に富士を眺められる場所はそうそうありません。富士五湖のほうが富士山には近いのですが、富士五湖より標高が低い分、御殿場は裾野まで広がるダイナミックな富士が楽しめます。ここでいささか唐突ですが、私が御殿場周辺を走り回って発見した「富士山鑑賞スポット」を2~3ご紹介したいと思います。1.『御殿場平和公園』インドの故ネール首相の好意で釈迦の分骨が納められたという白亜の仏舎利塔が印象的な、山の斜面にある公園。仏舎利塔から見る富士は幻想的。2.『芦ノ湖スカイライン』芦ノ湖の西側・箱根外輪山の尾根を走る有料道路。富士山と、広い裾野の景観が見事の一言。芦ノ湖側の景色も一望できます。3.『足柄峠』東名ICのある大井町から御殿場方面へ抜ける道。金太郎さんで有名な「金時山」へ至る尾根を越えます。御殿場市と、その向こうにそびえる富士山がすばらしい。・・・以上すべて、空気のきれいな日なら裾野までさえぎるもののない雄大な富士が眺められます。そして、もう一ヶ所、きわめて穴場的な鑑賞スポットが、今回ご紹介する「温泉会館」の第二駐車場です。

御殿場ICから箱根方面へ向かう138号線を登ってゆくと、左手に「温泉会館」という標識があられます。標識に従って左折し、少し下った場所にあるのが「温泉会館」。手前の広い第二駐車場へ車を停めます。駐車場の奥にちょっとした松林のような場所があるのでそこへ登ると、すぐ向こうは御殿場市と富士の眺め・・・斜面に腰掛け、しばし富士鑑賞です。あたりは車通りもほとんどない静かな場所で、お弁当をひろげたり、スケッチしたりするのも良いかも知れません。駐車場でさえこの眺めなのですから、「温泉会館」もさぞや・・・という期待を胸に、さっそく中へ入ってみました。

玄関で入場券を買い、受付で靴ロッカーの鍵を渡し、更衣室ロッカーの鍵を受け取ります。入場券は出るとき渡すしくみなので、失くさないようにしてください。入ってすぐが売店、手前に浴場入口、奥に個室(8畳)4室と、大広間(78畳)があるという、シンプルな造り。大広間の窓からは富士の眺めが良いそうです。さて、さっそく浴場へ向かいます。更衣室はさほど広くないため、手早く脱衣してお風呂場へ。入って正面に、丸い浴槽がたっぷりと湯をたたえていました。まずは洗い場で体を流し、浴槽へ。浴槽の中心に造られた噴泉のような湯口から、お湯がこんこんと湧き出しています。ぬる湯好きな私には「ちょっと熱めかなぁ?」と感じる温度でしたが、浴槽の正面・大きなガラス窓の向こうに広がる御殿場と富士山を眺めているうちに、ついつい長湯をしてしまいました。お風呂の中には、「腰掛け」状の円柱の石がすえつけてあるので、半身浴に便利です。入っているうちに日が暮れて、御殿場の夜景が広がったのは感動的でした。ここ「温泉会館」はなんと、「乙女1号:ナトリウム塩化物硫酸塩泉」「乙女2号:アルカリ性単純泉」「乙女3号:単純温泉(弱アルカリ泉)」と、それぞれ性質の違う源泉を3つも持ち、日によって引き込み先が変わるのだそうです。私が行った日は、ほぼ無臭の透明なお湯だったので、「乙女2号」か「3号」の湯だったのでしょう。「ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉」の日は、グリーンがかったにごり湯になるそうです。

この施設には食堂がない代わり、持ち込みは自由で、お弁当程度なら買うこともできます。お酒・ビールも売っていました。地元の人の利用が中心ですが、眺めとアクセスがいい上、料金が安い事もあって、口コミでやってくる市外のお客も多いようです。そのため、日曜・祝日などには残念ながら入場制限されるほど混みあうとの事。混む日は午前中か夜にさっとひと風呂、半日のんびりが目的なら平日に、と使い分けるのが良いでしょう。日によって泉質が違うので、何度か通っても楽しめると思います。

-DATA-

場所:
静岡県御殿場市深沢2160-1
TEL:
TEL:0550-83-3303、FAX:0550-83-4719
交通:
車→東名御殿場IC南出口を左折(東出口は右折)国道138号を箱根方面へ約5分。看板を左折後すぐ右。
電車→JR御殿場駅及び東名御殿場ICから、箱根方面行バス(箱根登山鉄道)仙石原行き15分、温泉会館前バス停下車、徒歩5分。
料金:
時間券(2時間まで):大人500円/小人200円
半日券(6時間まで):大人800円/小人300円
1日券(10時間まで):大人1,000円/小人400円
※利用時間を超えたときは、1時間につき大人100円/小人50円
営業時間:
午前10時~午後8時(入館受付は、午後7時30分まで)
※混む日は入場制限あり
駐車場:
小型70台・大型2台
お風呂:
男湯1・女湯1(内湯のみ)
泉質:
ナトリウム塩化物硫酸塩泉・アルカリ性単純泉・単純温泉(弱アルカリ泉)の3種を、日によって入れ替え。
効能:
神経痛・リウマチ・運動器障害・虚弱体質・更年期障害・創傷など
他施設:
大広間(78畳)1室・和室(8畳)4室 ・売店
メモ:
飲食物持込可
参考:
http://gotemba.gr.jp/

ページのトップに戻る