温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2002年11月温泉レポート:トップページ2003年03月 »

大磯温泉

Jan.4, 2003 大磯プリンスホテルにある穴場の温泉

空気が冷えて冴えわたった日。ぱーっと眺めのいい場所へ行きたくなりました。以前から気になっていた、大磯町にある「湘南平公園」へ行って、ついでに海のそばのあの温泉に浸かって・・・と、車を出す頃にはルートもほぼ決定。いつものように「お風呂セット」を積んで出発しました。

大磯温泉:イメージ1

国道1号線を南下、大磯方面へ向かいます。平塚を過ぎて「花水橋」を渡ると、正面にぽっこりとそびえる「高麗山」の景色が見えてきました。花水橋と高麗山の姿は、広重の「東海道五十三次(大磯宿)」にも描かれた由緒ある景色。その花水橋を渡ってすぐの「花水橋交差点」を右折、標識にしたがって湘南平へと向かいます。交差点から10分ほど、急な坂道を登りきったところに公園駐車場(60台・無料)があります。車を降り、展望台へ登りました。湘南平公園の標高は179m。あたりに高い山がないため、360度の景色が見渡せます。今日は絶好の高見日和。目の前には相模湾、遠くに三浦半島、大島、伊豆半島を望み、東には藤沢から横浜へと至る町並み、北には丹沢の山々、東には足柄連山、その向こうに富士山…と、文句なしの眺望でした。澄み切った青い空のもと、晴れ晴れとした気分で車へ戻りました。

天気は良いけれど、冬の展望台はやっぱり冷える…「景色を堪能した後は、温泉で温まる!」というのは、冬ドライブの醍醐味です。幸い、大磯にはおあつらえ向きの温泉がありました。大磯といえば、「大磯プリンスホテル」。夏になれば、海沿いの広いプールで有名な「大磯ロングビーチ」で賑わう場所ですが、ここに近年、温泉が湧出した事は意外と知られていません。混みあう夏の時期をはずせば立ち寄り湯も可能という事で、さっそく向かってみました。湘南平公園から、国道1号線を西へ5キロほど進むと、「大磯プリンスホテル」の看板が見えてきます。駐車場に入ったら一番奥、ホテルの入口近くに車を停めます。

大磯温泉:イメージ2

ホテルに入ると、左手にフロント、右手に売店があります。温泉は売店の奥なので、右手へと進みます。温泉入口で入湯料を払うと、タオルとカード・キーを渡されました。さすがはホテルの施設、脱衣場はこぎれいで、フィットネスクラブのロッカールームといった感じ。掃除も行き届いていて、水まわりも清潔でした。受け取ったカードはロッカーの内側に差し込み、ロッカーを閉じた後、暗証番号を入力してロックする仕組みです。慣れないとちょっと戸惑いますが、入浴中ずっと鍵の在りかを心配しなくて済むのは便利。お風呂場は、右手が洗い場、左手が内湯となっています。洗い場は一人づつゆっくり洗えるよう、それぞれのスペースが仕切られていました。体を洗った後、まずは内湯へ。内湯の前面はガラス貼りで、すぐ外に露天風呂があります。浴槽はどちらも6~8人くらいが入れるサイズ。決して広くはありませんが、内湯と露天は一体に見えるよう造ってあるため、さほど窮屈な感じは受けません。浴槽の中のタイルは爽やかなブルーと白の市松模様で、リゾートホテルらしいしゃれたデザインです。露天へ出てみると、外側に植栽がしてあり、すぐ下にあるプール・海岸からの視線をさえぎっていました。お風呂の中で立ち上がると水平線が見え、お湯に浸かると見えなくなる高さ。たとえ海の景色は見えなくても、清々しい潮風が吹きよせてくるので、湯船につかりつつ、「海べりの温泉なんだなぁー」という感慨をたっぷり味わうことができます。

大磯温泉:イメージ3

お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉で、無色・無臭。海べりの温泉らしく、かなり塩気がありました。よく温まるお湯で、ホテルを出た後も体は冷えず、ぽかぽかのままでした。ランチ付きの入浴プランなどもあり、海沿いのリゾートホテルへ避寒に来たような、ちょっと贅沢な気分で日帰り温泉を楽しむこともできます。

-DATA-

場所:
神奈川県中郡大磯町国府本郷546
電話:
TEL:(0463)61-1111 FAX:(0463)61-6281
交通:
車:東名高速道路厚木I.C.経由で小田原厚木道路大磯I.C.から2km(平常時5分)西湘バイパス大磯西I.C.から1分・国道1号線沿い
電車:東海道本線大磯駅から路線バス、またはタクシーで7分(約1,300円)二宮駅からタクシーで5分(約1,000円)
料金:
大人:1,000円
子供:800円
利用時間:
12:00~17:00
駐車場:
広い
お風呂:
男女別に、内湯各1・露天各1
泉質:
ナトリウム・カルシウム・塩化物強塩温泉(弱アルカリ性)
効能:
神経痛、筋肉痛、関節痛、関節のこわばり、うちみ、慢性消化器病、冷え症、疲労回復、健康増進など
他施設:
ホテル、レストラン、プール(夏季のみ)、ボウリング場、売店・おみやげコーナーなど多数
HP:
http://www.princehotels.co.jp/oiso/onsen/plan.html

ページのトップに戻る