温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 由布院~下ん湯ほか温泉レポート:トップページ蓼科・横谷温泉と横谷峡 »

早太郎温泉郷「こまくさの湯」

Oct.14, 2002 中央アルプス・千畳敷カールのふもと、駒ヶ根高原に湧く温泉

中央アルプスと南アルプスのはざまに抱かれた駒ヶ根市。その中央アルプス側の山麓、駒ヶ根高原に「早太郎温泉」があります。今回はそこの日帰り温泉施設「こまくさの湯」をご紹介します。

早太郎温泉郷「こまくさの湯」:イメージ1

駒ヶ根へのアクセスはJRのほかに、東京・横浜・名古屋・大阪から毎日高速バスが出ています。高速バスの到着する「駒ヶ根バスターミナル」からJR「駒ヶ根駅」までは歩いて5分の距離。早太郎温泉のある駒ヶ根高原へは、駅前のバス停から、30分に1本の「駒ヶ根高原方面・終点しらび平行き」のバスに乗りこみます。駅を出たバスはほどなく町を抜け、なごやかな田園風景を走って20分ほどで、駒ヶ根高原の拠点「駒が池」に到着します。駒が池の周辺には公園やJA の施設があり、地域の物産も売られているので、散策にはうってつけの場所。めざす「こまくさの湯」はそこから歩いて5分です(温泉の前まで行きたい場合は、もうひとつ先の停留所で降りてください)。時間に余裕があるなら終点の「しらび平」まで行き(30分)、ロープウエイで「千畳敷カール」へ登って雄大なアルプスのパノラマを眺めると最高!・・・ただし、シーズンはロープウエイが混みますので、あらかじめバスの運転手さんにその日の状況を聞いておいてください。

早太郎温泉郷「こまくさの湯」:イメージ2

さて、「こまくさの湯」です。緑の木立の中に建つロッジ風の建物に入ると、吹き抜けの明るいロビーが迎えてくれます。広々としたロビーの片隅にはソファーとテレビのコーナーがあり、湯上りの「くつろぎタイム」にはうってつけです。1階の奥には食堂があり、食事のほかにもビールやちょっとしたツマミなどが楽しめるようです。大広間の休憩所もあって、いたれりつくせり。まずは券売機で入浴券を購入し、受付に券を渡して温泉へ向かいます。脱衣場にはロッカーがありませんから、入口にある「貴重品用ロッカー」に貴重品をいれておくのをお忘れなく。

「立ち寄り湯」というと、場所によっては「清潔感がいまいち・・・」といったことがままありますが、ここは脱衣場も洗面所も清潔で、気持ちよく利用できました。浴場に入ってまず気づくのは、「天井が高い」ということ。私が行ったのは午前中だったのですが、前面と側面に大きなガラス窓があって、明るい陽光がさしこんでいました。広い洗い場にはカランの数も揃っていて、多少混んでも余裕がありそうです。内湯には大きな浴槽がひとつと、サウナ、水風呂、ハーブ風呂がありましたが、何といってもオススメは露天風呂。ここの露天はなんと、お湯につかりながら「千畳敷カール」と中央アルプスを眺めることができるのです!囲いの向こうには清流「大田切川」が流れ、木々を渡る清浄な高原の風を受けながら、のんびりと湯につかる・・・ああ、なんという贅沢・・・。これだから温泉はやめられません。泉質はアルカリ性単純泉。サラリとした透明なお湯で、肌触りもよく、ついつい長湯をしてしまいました。

早太郎温泉郷「こまくさの湯」:イメージ3

湯上りのお楽しみは、なんといっても冷たいビールですね。当地の自慢は、「長野県第一号地ビール」の誉れも高き「南信州ビール」です。「こまくさの湯」の食堂でも地ビールは飲めますが、駒が池近くのJA施設「駒ヶ根ファームス」まで行くと生・地ビールがいろいろ揃っている、という情報を聞きつけ、ビール好きの私もさっそく行ってみました。「駒ヶ根ファームス」の2階には、南信州ビール直営のレストラン「味わい工房」がありますが、わたしのような「とりあえずビール!」派には、レストラン入口のバー・スペースがうってつけ。生・地ビールの「立ち飲み」ができるのです。定番ビールは3種類。加えて、低アルコールの「よわないビール」というのもあり、運転する人でも楽しめます。また別に、2ヶ月ごとに入れ替わる「季節のビール」もあるので、興味のあるかたはカウンターで聞いてみてください(お願いすると、レストランにあるサーバーから特別に注いできてくれます)。味の楽しみは、旅の楽しみ。お腹がすいたら、駒ヶ根名物「ソースカツ丼」もぜひ、お試しを。

-DATA-

場所:
〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂759番地4
交通:
鉄道・バス:JR飯田線駒ヶ根駅下車しらび平行きバス15分
車:中央道駒ヶ根ICをおり右折、県道75号線を駒ヶ根高原へ
駐車場:
「こまくさの湯」駐車場ほか、駒の池付近に多数
泉質:
アルカリ性単純温泉
効能:
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、皮膚炎、冷え性、打ち身・くじき、関節のこわばり、疲労回復、病後回復、痔疾、慢性消化器病
料金:
大人500円 小人300円
営業時間:
10:00~21:00 第2・第4水曜定休(祝日の場合営業、翌日休 / 11、12月に変則休あり)
主な施設:
大浴場2・露天風呂2・薬湯2・サウナ2・ジェットバス2・食堂・売店・大広間(男湯・女湯は1ヶ月ごとに入れ替え)
電話:
早太郎温泉「こまくさの湯」
0266-28-0823
宿泊:
なし。ただし、近辺には宿多数。詳しくは、駒ヶ根市HPもしくは、駒ヶ根市観光案内所(TEL:0265-82-4263 0265-81-7700 9:00~6:00土・日も営業)へ

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る