温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2002年03月温泉レポート:トップページ2002年06月 »

広沢寺温泉「玉翠楼」

Apr.13, 2002 丹沢のふもとに湧く強アルカリ泉・山あいの一軒宿

東京から、「週末ちょっと温泉でも」といって思い浮かぶのは、伊豆・箱根でしょうか?いえいえ、そんな遠いところまで行かずとも、近くにいい温泉があるのです。今回は、丹沢山塊にひっそりと湧く一軒宿、「広沢寺温泉」をご紹介します。

小田急線本厚木駅・バスターミナルからバスに乗って40分。終点「広沢寺温泉」で降りれば、目の前が温泉宿。「そんなに簡単に行けちゃうんじゃ、風情もなにも…」なんて心配は無用。この路線、バスからの景色がご馳走なんです。「雨降り山」の異名を持つ信仰の山・大山の堂々とした姿を間近に眺めつつ、川あり田んぼありのひなびた山里をゆくバスの旅。車窓には四季それぞれ豊かな緑の風景が広がって、運がよければ、川で遊ぶアヒルの姿も見れるかもしれません。

終点でバスを降り、温泉の名の由来になった「広沢寺」へと続く階段を右手に見つつ、宿の入り口へ向かいます。わびた瓦屋根がしっとりとした湯宿らしい風情。玄関の引き戸をくぐると、年季の入った木の床がお出迎えです。入り口で入湯料1000円を払うと「次回半額」のチケットがもらえますので、大事にとっておきましょう。こちらでは、いのしし鍋、ソバ定食など、山の宿らしい味わいも楽しめますので、入浴と一緒に食事を取りたい場合は、入り口で申し込みます。

ロビーを抜けて中庭をのぞくと、池の脇に「男湯・女湯」ののれんが見えます。露天風呂に入るには、いったんこの中庭へ出ます。(内湯は宿泊客専用。ただし露天のほうが新しく、雰囲気もいい。)外の風呂にはトイレがないので、あらかじめロビーのトイレを利用しておきましょう。女湯は、古代檜に漆を塗った「古代檜風呂」と、洞窟の中でミストサウナ効果も楽しめる(?)「洞窟風呂」の2つ。男湯は豪胆な「岩風呂」です。

今回は、「古代檜風呂」のほうに入ってみましょう。のれんをくぐって女湯へ入ると、すぐ前が露天風呂。小屋のような脱衣場で服を脱ぎ、5歩で浴槽という感じです。まさに「小屋」といった脱衣場で、冬はかなり寒いのですが、そこがまた野趣満点。肌触りの優しい総古代檜の浴槽には、透明なお湯がまんまんとあふれています。こちらのお湯は、PH10.3という強アルカリ泉。湯船につかるとたちまちお肌がつるつるします。とろっと肌にまといつくような湯が、芯から体をあたためてくれるようです。浴槽からは、宿の瓦屋根ごしに裏山の緑が眺められ、浴槽のわくに腰掛けての「一休み」が、とってもいい気持ち。平日は人も少なく、鳥の声が聞こえるばかり…。土日なら、ハイキング帰りの人たちと世間話に花が咲きます(休日は早い時間の利用がオススメ)。ゆっくりお湯をつかった後は、中庭でほっと一息。池を眺めつつ、ベンチや椅子で休むことができます。中庭の入り口にはジュースとビールの自動販売機がありますので、湯上りの水分補給は忘れずに。利用時間は「1時間」とちょっと短か目ですが、広いお風呂ではないので充分堪能できます。

時間があれば、宿の付近を散策するのもおすすめ。宿のお隣には「広沢寺」がありますし、歩いて30分ほどのところには「大釜弁財天」という、岩屋の中を渓流が流れる珍しい祠があり、ハイキング気分で歩いてみるのもいいですね。近くにはます釣りや軽食が楽しめるバンガローもあり、家族づれでもいろいろ楽しめます。

「広沢寺温泉」行きのバスは本数が少ないので、帰りにちょうどいいバスがなければ、宿の前の道を15分ほど下って県道に出たところに本数の多いバス停(「広沢寺温泉入口」)があるので、そちらの利用をおすすめします。途中には行列のできるラーメン店(「ZUND-BAR」)や、野菜の露天スタンドなどもあり、景色のいい、楽しい道です。

-DATA-

場所:
広沢寺温泉「玉翠楼」
神奈川県厚木市七沢2607
TEL:0462-48-0011
交通:
鉄道・バス:小田急線本厚木駅下車・厚木バスターミナルよりバス40分、終点「広沢寺温泉」下車(もしくは、「広沢寺温泉入口」より徒歩15分)本厚木駅からバスターミナルまで徒歩7分ほどの距離あり。広沢寺温泉行きのバスは本数が少ないため、あらかじめ時間を調べておくとよい。(神奈川中央交通・厚木営業所 TEL: 0462-41-2626)。
車 :東名厚木ICから246号線へ出て南下、(伊勢原)市役所入口を右折して63号線→64号線を北上し、広沢寺温泉入口を左に入って5分
駐車場:
宿に駐車場あり
泉質:
強アルカリ性単純温泉
効能:
美肌効果・神経痛ほか
料金:
1000円(1時間まで)ほかに休憩つき、食事つきの料金もあり
営業時間:
11~16時・年中無休
主な施設:
露天風呂:男1女2
内風呂:男1女1(宿泊客のみ)

ページのトップに戻る