温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 下諏訪温泉と上諏訪温泉温泉レポート:トップページあの世とこの世の狭間に湧く温泉 »

勝浦温泉

Jan.25, 2002 天然の大洞窟風呂「忘帰洞」

勝浦温泉は日本屈指の勝浦漁港に臨み、熊野詣の参拝前に身を清める湯垢離場(ゆごりば)として発展してきた。現在では熊野那智大社や那智の滝など南紀の観光の基点として白浜温泉と並ぶ人気を誇る温泉。新鮮な海の幸の食膳や複雑な入り江に落ちる夕日の景観など素晴らしい。また、宿の多くは半島の先や中の島に点在しており、送迎船に揺られて宿の玄関に行くという勝浦温泉ならではの風情も味わい深い。

勝浦温泉:イメージ1

「ホテル浦島」は勝浦湾にせり出す狼煙半島にあり、西日本最大規模を誇る老舗ホテル。忘帰洞や玄武洞など熊野灘の荒波によって浸食された天然洞窟風呂を楽しみたいなら勝浦温泉の中でもここしかない。黒潮香る名湯勝浦温泉「ホテル浦島」を目指して朝靄煙る京都を後にした。

西名阪自動車道、名阪国道、伊勢自動車道、国道42号線と乗継いで約6時間。勝浦町に入った頃には太陽は西に傾き始めていた。勝浦桟橋からはホテル浦島の送迎船が出ている。約10分ほど船に揺られると勝浦湾を渡って向こう岸にあるホテル正面玄関に到着するという段取りだ。ただ余裕があるなら隣の桟橋から出航している「紀の松島湾巡り」の船に乗ってみるのも良いだろう。無数に奇岩が点在する勝浦湾を一周してからホテル浦島玄関につけてくれる(大人1,430 円)。

勝浦温泉:イメージ2

勝浦湾の入り口には130余りもの小島が点在している。平維盛が入水したとされる山成島、動物に似る形から名付けられたラクダ島、ライオン島。船は滑らかに旋回し、それらの島々を掠めながら、湾を40分かけて一周する。冬の夕暮れの訪れは早い。太陽は西の地平線近くまでに傾き今まで区切りが不明瞭なほど青一色だった空と海の間にも、次第に色濃い境界線ができはじめる。燃えるような西陽は、太平洋の大海原に色鮮やかに映り出され、それを黄金色に輝かせた。

勝浦温泉:イメージ3

40分後、船は勝浦湾の入り江を一周し終えて、目的地「ホテル浦島」に到着した。太陽は既に半島の端に落ち、夕闇が、薄いピンク色に染まる秋空を静かに飲み込みはじめていた。到着後すぐに夕食を摂った。ホテル浦島の夕食は1階のレストランにてバイキング形式。マグロ、イカ、ハマチ等の刺身、握り寿司、海鮮チラシ寿司、鯨の鬚酢、サラダ、デザート。新鮮な海の幸をふんだんに使った海鮮料理が各コーナーに盛られ、選ぶだけでも満腹になるほど贅を尽くした内容。

夕食後、早速、風呂巡り。ホテル浦島は広大な館内に、内湯12、露天4つもの風呂場を持ち、一泊では廻りきれないほどなので、入りたい湯をあらかじめ定めておくのが良いかもしれない。中でも特に人気が高いのは、やはり大洞窟風呂「忘帰洞」。それは、熊野灘の荒波が長い年月をかけて造り出した洞窟をそのまま風呂場にするという斬新な構想から生まれた勝浦温泉屈指の見所。

忘帰洞に入ると、そそり立つ巨大岩石に間口25m、高さ15m、奥行き50の洞穴が熊野灘に向かって大きく口を開けており、その広さは1,000平方メートルというだけあって広大そのもの。そしてその先には太平洋の大海原が優雅に広がっているのだから、そのアイデアのダイナミックさには圧倒させられる。押し寄せるさざ波の音を耳にしながら、ゆっくりとその温かい湯に浸かっていると、1日の疲れなど遠い海原の彼方に消えてしまった。

「忘帰洞」の名の由来は、太守時代初期に訪れた徳川頼倫公の残した言葉にあるそうだ。巨大な岩窟風呂に入浴した頼倫公は勝浦の地を後にするのを惜しんで、「帰るのを忘れるほど」と述べたという。この自然の雄大さをそのまま描き出したような名湯、紺碧の大海原、磯風の香り、天然洞窟風呂・・・無理はない。

勝浦温泉:イメージ4

ホテル浦島では忘帰洞の他に主に5箇所の風呂場で湯を楽しむことができる。忘帰洞を小さくしたような玄武洞。7色に湯の色が変化する磯の湯、ごんどの湯。砂浜をイメージしたはまゆうの湯。紺碧の海を一望できる山上館の展望風呂。勝浦温泉の湯は食塩を含む硫化水素泉で、慢性関節リウマチ、神経痛、糖尿病などに効用がある。どの湯に浸かってもそれぞれ独自の個性が光り、海を舞台とする勝浦町の旅情を見事に体現している。

-DATA-

場所:
和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)那智勝浦町
交通:
車の場合:西名阪自動車道、名阪国道を抜けて関JCTで伊勢自動車道に入り、勢和多気ICから国道42号線に入って勝浦温泉へ。または、阪和自動車道海南ICから湯浅御坊道路御坊ICを経て、国道42号線を新宮方面へ140km。
電車の場合:JR阪和線、紀勢本線で那智勝浦駅下車。駅から車で5分。
駐車場:
ホテル浦島駐車場、勝浦港駐車場など
施設:
ホテル浦島

電話:07355-2-1011
宿泊料:一泊二食付き16,000円より
外来入浴:2,000円
風呂:湯は硫黄泉(疲労回復、リウマチ、神経痛などに効能)

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る