温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 高根沢城温泉「元気あっぷむら」温泉レポート:トップページ別府明礬温泉 »

川治温泉と龍王峡スノートレッキング

Dec.24, 2001 テルマリズム・じぶん流

鬼怒川温泉の先、ちょうど鬼怒川と支流の男鹿川とが合流する山間に川治温泉はあります。享保八年(1723)、男鹿川の洪水により発見された川治温泉は、知る人ぞ知る温泉。山の温泉地の気候は、皮膚にほどよい寒冷の刺激を与え、血行に変化を出してくれるので、心臓や血管を鍛えるトレーニングになると聞きました。ならば、温泉地効果をあげるためにも、まずは近くにある美しい渓谷「竜王峡」でトレッキングをしてから、温泉にたっぷりと浸かろう、そんな計画を立ててみました。

川治温泉と龍王峡スノートレッキング:イメージ1

竜王峡は、鬼怒川沿いの約3キロに及ぶ渓谷で、自然の中を歩くのにはぴったりのところです。竜王峡入り口の駐車場に車をとめて、さっそく川沿いの竜王峡自然研究路を歩いてみることにしました。けれど、その日は、あいにく雪。ただでさえ、ここのコースは、アップダウンのある山道なので、用心をしてスノーブーツとヤッケなどを着込み、本格的なトレッキングスタイルで臨みました。最初に出迎えてくれたのは「虹見の滝」。鬼怒川・川治温泉の守護神、五龍王を祀っている竜王神社の背後から落ちている滝です。滝に陽が当たると虹が見えることから、そう名づけられたそうですが、今回は雪がちらつく天気なので、虹は見えませんでした。けれど、冷たく澄んだ空気の中で聞く滝の音に心が浄化されるようでした。

川治温泉と龍王峡スノートレッキング:イメージ2

枯れ葉の散る山道を川沿いに歩いていきます。ゆっくりと蛇行している山道は滑るので注意が必要です。なんといっても真下は渓谷なのです!スノーブーツは大げさかな、と思っていましたが、雪道はすべりやすいので助かりました。今年は雪が多いそうですが、雪から雨に変わったりもするので頭をすっぽりと包めるヤッケも便利でした。最初は、もっと気楽な物見遊山の気分も多少あったのですが、完全にスノートレッキングとなってしまいました。

川治温泉と龍王峡スノートレッキング:イメージ3

竪琴の滝は、とても小さな滝です。コースの途中に出現します。立て看板によるとこの滝は、「優雅な名のとおり、まるで竪琴の弦のように清らかな水が幾筋にも分かれて流れていく」ことから、名づけられたそうです。なかなかの命名の仕方ですね。ここにくると、ちらちらと降っていた雪の量が増えてきて、本格的に降り出してきました。雪はとても綺麗ですが、視界がさえぎられ、そんな中、川沿いの山道を歩くのは、少し緊張します。軽装備できた人は、引き返していました。

川治温泉と龍王峡スノートレッキング:イメージ4 川治温泉と龍王峡スノートレッキング:イメージ5

自然研究路のほぼ中間地点にあるつり橋は、むささび橋といいます。龍王峡の入り口から、このむささび橋までの1時間のコースを歩くのが一般的だそうです。しかし、この先こそが渓谷の核心部であり、「五光岩」「兎跳ね」などの奇岩群や白岩展望台があり、そこを通過すれば、川治温泉にまで出ることもできるのです。今回は、雪が降ったりやんだりなので、残念ながらむささび橋まで歩いて引き返すことにしました。けれど、ここまででも大満足な渓谷美でした。鬼怒川の流れが岩を削って作り上げた「白龍渓」「青龍渓」や見事な形の岩。そして、川の美しいグリーンの色と川岸に残る雪。ここは、新緑や紅葉の時期が有名ですが、雪の降る渓谷もたいへん美しかったです。

川治温泉と龍王峡スノートレッキング:イメージ6

そして、いよいよ川治温泉です。川治温泉の泉質は、無色透明、無味無臭の単純泉。神経痛、リュウマチ、皮膚病、切り傷に効能があります。わたしは、旅館に宿泊を予定していたので、湯めぐりをすることにしました。川治温泉にある旅館に宿泊すると、13時から16時までは加盟しているどの旅館のお風呂も利用することができる「湯行手形」というシステムがあります。泊まっている旅館以外の風呂も利用できるのは、同じ温泉でも気分に変化が出て楽しいものです。宿泊をする際は、早めにいくことをお勧めします。「湯けむりの里 柏屋」の露天風呂は、川沿いにありとにかく開放感がありました。寒さで冷えた体の筋肉がほぐされていく感じです。宿泊先の「東山閣」へは夜、入ったのですが、しんしんと降る雪の露天風呂の中、頭が濡れないように備え付けの笠をかぶって入りました。裸で藁で編んだ笠を被るスタイルはちょっと愉快ですが、江戸時代にタイムスリップしたようで風流でした。雪は音を吸い込むといいますが、本当に静かで安らぎました。いい泉質だと、とにかく眠くなるといいますが、温泉を出た後は久しぶりに熟睡。肌もつるつるぴかぴかです。ちなみに日帰りの湯の利用もできますので、是非、龍王峡とセットで訪れてみてください。なお、公共の露天風呂もあります。

-DATA-

~龍王峡~

交通:
電車の場合:東武鬼怒川線「鬼怒川温泉」駅下車。東武バス川治温泉行きで10分。「竜王峡入り口」下車すぐ
車の場合:日光宇都宮道路今市インターから国道121号線経由
駐車場:
無料駐車場あり 
食事処:
竜王峡入り口周辺にドライブインあり
問い合わせ:
藤原町観光課 0288-76-4111

~川治温泉~

交通:
電車の場合:鬼怒川温泉駅から東武鬼怒川線・野岩鉄道で川治温泉駅まで20分、川治湯元駅まで22分
車の場合:日光宇都宮道路今市インターから国道121号線経由、「竜王峡」の先

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る