温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2001年06月温泉レポート:トップページ2001年10月 »

蓼科温泉公衆浴場

Aug.16, 2001 信州の名湯

蓼科温泉公衆浴場:イメージ1

さて、タイトルに「名湯」としたのは筆者の判断ではなく、この温泉の看板に誇らしげに掲げられている一節である。(写真参照。これは冬季の表情である。)温泉の楽しみも様々だが、例えば山歩きで自然に親しんだ後、大地の恵みである温泉に浸り、疲れた体を休める。そういう時の温泉は、どちらかというとお客さん扱いの所よりも山里の方の憩いの風呂場、そういう雰囲気の所が良い....そういう場所があれば、より山歩きも楽しくなる、というものだ。蓼科温泉はそんな場所のひとつ。地理的には長野県、八ヶ岳の懐に位置しており「ビーナスライン」と呼ばれる観光道路を入り車で20分程の所にある。アクセスはこの道路一本なのでまず迷う事はないと思うが、国道20号線から茅野有料道路経由で蓼科方面を目指せば確実。バスならばJR中央本線茅野駅から横岳ロープウェイ経由白樺湖行きで45分、蓼科プール平下車。その名の通り温水プールが隣接しているこじんまりとして落ち着いた雰囲気で高原というよりは草深い山里といった様相である。今回は、幾度となく訪れている蓼科温泉と、周辺の四季の様子についてもレポートします。なお、バス路線図、時刻表は文末にてご参照ください。

蓼科温泉公衆浴場:イメージ2

この温泉浴場はハイキングコースに隣接していて、案内図を見ると周囲の野山を散歩するのに適当な歩道が整備されている。可憐な野山の草花などを眺めながら白樺の群生する林を歩いていると、清浄な空気に木の香気を感じる事ができ、「森林浴」などという言葉に相応しい経験をお手軽に楽しめる。もう少し本格的に山を楽しみたいという方は、そのまま大滝キャンプ場方面まで歩くか、バスで横岳ロープウェイまで行き、横岳に登山するのもまた一考か、とも思われる。

蓼科温泉公衆浴場:イメージ3

写真は、横岳ロープウェイ山麓駅から山頂方面を望んだものだ。山頂を目指すというのではなく、ロープウェイ周辺を歩くだけならばハイキングという感覚で楽しめる。ちなみに横岳ロープウェイは通念営業、火曜日定休。山頂駅から下りは徒歩で下る事も出来るが、およそ4kmの歩程で、スキーの中級コース..という程度の斜面だから、少々下りは辛いかもしれない。筆者は冬場にスキーで下った事もあるが途中に何ヶ所か20度程度の斜面があり、初心者の方が難儀していた事を記憶しているから、足に自信の無い方は下りもロープウェイを利用した方が良いかもしれない。

蓼科温泉公衆浴場:イメージ4

写真は、横岳ロープウェイバス停留所から、蓼科方面を望んだものだ。草深い山間である、という表現が適当であるかもしれない。ここから、バスはかなり頻繁に茅野まで往復しているので便利である。バスに乗車して概ね20分程、「蓼科温泉プール平」で下車する。バスの停留所から路地を入るとおよそ50mほど左手の所に、こじんまりと落ち着いた雰囲気の浴場の建物がある。その奥手がハイキングコースだ。対面は郵便局で旅行貯金などをされるのもまた旅の思い出として楽しいかもしれない。さて、温泉に入るとしよう。以前は番台で料金を払っていたが、最近入浴券方式になったので入浴券を求める。350円。温泉の入り口はいたって素朴な昭和50年代的な木造の銭湯で、ただ、下駄箱が開放式でそこに登山靴などが散見されるあたり、やはり山間の温泉なのである。番台で入浴券を渡し、これまた懐かしい感じの引き戸、を引き男湯へ。内部は最近改装されて、脱衣場などはすこし観光地っぽく無垢の木地木目を生かした綺麗な板張り、となった。以前は「山男立寄り湯」といった雰囲気で、木床に染み込んだ湯の花の匂い、くすんだ天井などが実に鄙びた良い雰囲気であった。ロッカーは無料で、コインロッカーもあるが。昔ながらの銭湯風の鍵つきロッカーもあるので、安心して湯に浸かる事が出来る。肝心の泉質だが、かなり温度も高くやや硫黄の匂いのある湯。ここは源泉だけあって流石に温度も高く、水で薄めなくてはとても入る事は出来ない。おそらく50度程ではないか、と思われる湯が源泉らしく水道管と思しき鉄パイプから豪勢に流れ放しになっていて、パイプには凝固した温泉の成分が白く、固まっていた。石鹸の泡だちは良くはないが、固形石鹸が備えられているのは嬉しい。(タオルも購入はできる。)浴場はコンクリート、タイル張りで、昨年改装されて綺麗になったばかり。男湯の窓は何故か普通の透明硝子で、窓辺に立つと上半身が丸見えになるが、外は温水プールで、その向こうは山、だからあまり気にする事もないだろう。

蓼科温泉公衆浴場:イメージ5

温泉の裏手には、源泉井が湯煙を上げている。小道を挟んで対面には、郵便局のとなりに落ち着いた喫茶店、土産物屋、と、これもどことなく懐かしい観光地の風情だ。冬季のここはこのような雰囲気で周辺は深い雪に包まれる。筆者はもっぱらスキーの帰路に利用するが、冬季に自動車で来る場合はできればスタッドレスタイアを履いた方が無難である。温泉の帰路、そのままビーナスラインを下ると信州らしく蕎麦屋が数軒。好みもあるが、どの店でも水準には達しているあたりはさすがに蕎麦ところ、というべきか。地場の名産でもあり、土産に求めるのも良いかもしれない。他、ドライフラワー、味噌、漬物、などが土産物の定番、といった所。実用的な品物を土産物とする所は、このあたりの土地、の人柄を思わせる。

蓼科温泉公衆浴場:イメージ6

夏なお涼しい高原で、散歩などしているとすぐに火照りはおさまる。ビーナスライン、という言葉から連想されるような華やかな雰囲気の蓼科湖周辺もまたいいものだが、蓼科温泉のあるこのあたりは温泉保養地のようでもあり、どこか落ち着いた雰囲気の温泉旅館などが点在している。奥蓼科は秘湯、白樺湖周辺はファミリーリゾート、蓼科湖周辺、車山方面は若い方向け、と見事にカラレィションされていて、快い。ここ、蓼科温泉周辺はその穏やかな雰囲気がとても魅力的であり、その立地条件からも山歩きの帰路、スキー帰りなどに適当な場所だ、と思える。筆者の乗用車に積まれているタオルは、いつもここ蓼科温泉の湯の香り、がしている。

-DATA-

場所:
長野県茅野市蓼科温泉
泉質:
酸性低張性高温泉
泉温:
40~60℃
効能:
火傷、リューマチ、糖尿病、外傷
交通:
JR中央本線茅野駅からバス35分
バス経路/茅野駅-蓼科温泉プール平-ピラタス(横岳)ロープウェイ-白樺湖
[横岳ロープウェイ]
山麓駅=横岳坪庭 2.147km 往復1800円 20分間隔
最終は夏期17:00
駐車場:
あり。
トイレ:
あり。
参考サイト:
立科町
http://www.town.tateshina.nagano.jp/
蓼科温泉
http://www.lcv.ne.jp/~tatesina/
茅野市蓼科高原観光
http://www.tateshinakougen.gr.jp/

大鰐温泉

Aug.14, 2001 のんびりとした「温泉場」

大鰐温泉:イメージ1

「ひなびた温泉場」という雰囲気を味わいたい、と思う時この大鰐温泉は丁度いい感じの場所である。ここは800年の歴史がある古い温泉保養地で、かつては津軽藩の御用地であったと言われる。現在では近代化が進み昭和後期といった雰囲気であるが、現在でも湯治場として機能している地域に密着した温泉保養地である。交通のアクセスは、JR奥羽本線、東北自動車道と幹線が通っており、自動車ならば東北自動車道大鰐弘前ICから国道7号を南へ約5キロ、鉄道ならば奥羽本線で弘前より二駅ほどとそれほど不便な場所ではなく、また駅などから近いことからも立ち寄り湯としても有効である。今回はJR利用で大鰐温泉駅からのルートで御紹介致します。

大鰐温泉駅までの鉄路を東京起点で考えると3つの経路があり、第一は東北新幹線で盛岡まで、そこから東北本線で青森まで向かい青森から奥羽本線で大鰐まで。速達の場合、所要時間は6時間程(乗り継ぎ含む)。二つ目は、秋田新幹線で秋田まで、奥羽本線に乗り換えて大鰐まで。この例でも所要時間は6時間程(乗り継ぎ含む)。最後のルートは東北新幹線で盛岡まで、そこから花輪線の気動車で大館まで、大館より奥羽本線下りで大鰐まで。このルートでもやはり所要時間は6時間程(乗り継ぎ含む)。どのルートを選ぶかは好みだが、ローカル線の気動車で旅の情緒に浸りたい、という趣であれば花輪線ルート、乗り継ぎを少なくと思えば秋田新幹線ルート、列車運行本数が多く、制約が少ないのは青森ルートだろう。今回は、青森ルートを利用して大鰐温泉へと向かった。青森より JR奥羽本線特急列車だとほぼ40分程で大鰐温泉駅に到着する。山間の小駅といった風情で、目前に大鰐温泉スキー場が見える。このスキー場、ちょいとハイキングという気分になったら登ってみるのも良いだろう。観光登山地としての施設も整っているようであるし、それほど急峻なスロープでもない。今回は山歩きはせずに温泉街をぶらぶらしようか、と駅前から温泉街に向かう。

大鰐温泉:イメージ2

駅は、ご覧のようなこじんまりとした駅舎で、開放的な風景と相なって旅情をそそる。無人駅ではなく、ちゃんと出札窓口もあるが特急停車駅としては当然か。駅員に道順を尋ねたところ、駅前の十字路の角、青森銀行の前を左に折れてすぐ川向うが温泉街でいくつも外湯がある、と聞いたので早速歩いてゆくことにする。

大鰐温泉:イメージ3

500メートル程で川を越える。川、といってもご覧のような清流で流れの中で子供が水遊び、とのんびりとした田舎の風景がひろがっている。橋は3本かかっており、周囲は遊歩道に整備されているので湯上がりに川風でひと涼み、なども一興であろう。この橋を渡った所に一軒、共同浴場「若松会館」があり、ここでひと風呂浴びようか、と簡素な玄関をくぐり、200円の入浴券(プラスティックの、昔の食堂の食券のようなもので、なんとも懐かしい感じ)を求め、受付で渡す。「ごゆっくり。」と50代の女性係員さん、穏やかに微笑んでくれる。和やかな雰囲気に包まれて脱衣場に向かうと、なんと床暖房が入っている。温泉のパイプを通してあるようで、夏でもそのままになっているらしい。余熱利用だが、冬場はさぞかし有用なエネルギー利用となるに違いない。8月のこの時期では床がいささか暑かった。

大鰐温泉:イメージ4

脱衣場にはロッカーもあるが、ご覧のような下駄箱風の貴重品入れも備わっているのは有り難い。ごく普通の大衆浴場といった風情であるが地元の方のお国言葉を聞きながら湯につかるというのもこういった外湯の楽しみのひとつ。さて、肝心の泉質はというと、温度はかなり高く、透明で癖のないお湯。源泉がとうとうと沸き出しており、なんとも豪気なものである。

大鰐温泉:イメージ5

湯舟は、写真のように浴室の床に直接堀下げられており、東北地方によく見られる種類の「ふだん着の温泉」ふう。盛大に湯があふれているので、このような形態でも洗い湯が流れこむ事はないのだろう、と思える。普通のお湯っぽく、石鹸の泡立って良いが、しかし湯温が非常に高くて僕などは5分と入ってはいられなかった。地元の方はのんびりと湯舟に浸かっていたがかなりのぼせ気味となる。

大鰐温泉:イメージ6

心地良い火照りをお伴に温泉街をぶらつくと他にもいくつかの外湯が見つかる。この「羽黒湯」もその一軒で先程駅から歩いてきた道をまっすぐに進むと、温泉街の一番奥に位置する。このあたり、昭和50年代の頃の温泉場、といった雰囲気のこじんまりとした民宿が何軒も立ち並び、ゆったりとした開放感がとても魅力的である。この羽黒湯まで歩いたとしても駅から20分、といったところなので、平坦な舗装の道でもあり特に歩き慣れていない方でも移動は徒歩で十分だろう。川辺に出れば清流のせせらぎも聞こえ、気分も爽快、となることであろう。

大鰐温泉:イメージ7

これは何と読むのだろうか?字面通りに読むと....であるが、こちらは内湯である。硫黄の匂いが 微かに源泉の湯気から立ち昇っている。付近に人の気配は無く、この屋号の読み方は判らずに終い。川沿いを歩き、先程の若松会館前の橋まで戻ってきたが、時間にして30分程落ち着いて良い雰囲気の温泉である。橋のたもと他、道中に大衆食堂、そば店なども数軒あり、写真店、銀行、マーケット、と大方の都市的なサービスを受ける事は可能であるので、便利な温泉街であった。JRの鉄道ダイアでも青森県側からのアクセスは良好であり、一時間~二時間間隔で折り返しが可能だから、「途中下車、立ちより湯」としても適当で、気軽に温泉場の雰囲気を味わえるここ、大鰐温泉です。 

-DATA-

場所:
青森県南津軽郡大鰐町湯野川原
交通:
JR奥羽本線大鰐温泉駅より徒歩10分。
駐車場:
あり。
トイレ:
あり。
泉質:
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
泉温:
58~75℃
効能:
リューマチ、神経痛、皮フ病創傷
参考:
大鰐町ホームページ: http://hello.net.pref.aomori.jp/oowani/

酸ヶ湯温泉

Aug.13, 2001 湯治場の雰囲気を色濃く残す温泉。

酸ヶ湯温泉:イメージ1

リゾートという言葉が似合いそうな温泉もいいが、湯治場という雰囲気の温泉にも浸ってみたい、そう思うとき、この酸ヶ湯温泉は適当である。青森市に位置し、市街からそう遠くない位置にありながら山深い温泉湯治場の雰囲気を色濃く残し、バスならば青森駅から50分程であるので手軽であるところも魅力である。八甲田山スカイラインの中間に位置し、八甲田ロープウェイ駅からもそれほど離れてはいないのでロープウエイで山歩きを味わった後、温泉、などという時にも適当であるかもしれない。バス料金は青森->酸ヶ湯で1300円程だが、JR利用で来る場合、「周遊きっぷ」を利用されると良いであろう。周遊区間内にあるこの路線は乗り放題である。また、区間までへのJR運賃は2割引となるのでその意味でも旅費の節約になる。バスのダイアでいうと、青森駅発 7:30,7:50,8:50,9:50,11:05,12:10,13:10,14:30,15:30 で、酸ヶ湯発が8:50,10:40,12:10,13:40,15:15,16:10,16:45,17:15,18:05と本数も多く、折り返しで入浴して帰るとしても便利なダイアである。路線はJR東北バス、八甲田十和田ゴールドラインと愛称がついている。

酸ヶ湯温泉:イメージ2

青森駅前に降り立つ。駅前はロータリーになっており、正面は路線バスのターミナルだ。歩道沿い左手にJRバスのターミナルがあり、ここの舗道沿いが十和田北線のターミナルだ。なお、このバスは定員乗車制になっているので周遊きっぷを持っていても、発車前に案内所へ行き乗車の意思を伝えた方が良い(いきなり乗車も可能だが、席が確保できない可能性がある。)それでは、バスに乗車して酸ヶ湯温泉へと向うとしよう。

酸ヶ湯温泉:イメージ3

ご覧のような観光バスである(写真参照。)路線バスのようにテープで停留所の案内があるが、市内では路線バスとしても機能しているようだ。ちなみにこのバスは十和田湖まで行くが、観光スポットに入るとバスガイドよろしく観光案内や、名調子の民謡などが披露され、また英語のアナウンスなどもあるので、聞いていて結構面白い。バスは、市内の要所を回りながら八甲田山へ向う。ほんの30分も走ると、俄かに山深く、緑の香りに包まれるようになる。自動車やオートバイでドライブしても快適な道だろう。2桁国道程の道幅で、路面も荒れてはいない。

酸ヶ湯温泉:イメージ4

途中、写真のような休憩所[萱野茶屋]に停留する。ここは民芸品などの土産物、また軽食などを売店形式で売っている。どの商品も地方ムードがあり、例えばおにぎりなども手作りのものが普通の台所ようラップフィルムに包まれたソフトボール大のものが売られており、なんとも情緒的である。食してみると、腰のある米飯の中に、塩気の少い、身がしっかりとした鮭が入っていたりするが、海峡の海の幸であろうか。そういえば青森は海産物が非常に安価である。書き忘れたが、青森駅前を降り、そのまま真っ直ぐに進むと、最初の信号が新町通り一丁目で、そこの角。右手のビル地下に新鮮市場という生鮮食料品の市場があるので、帰路などその手の品を土産に、と思われる向きはそちらも便利かとも思える(ただし、閉店が早い。朝5:30から夜18:30まで。ご注意の程を。)

酸ヶ湯温泉:イメージ5

50分ほどバスに揺られると、酸ケ湯温泉に到着する。バスの停留所は温泉玄関の直ぐ前で、ご覧のような貫禄のある玄関がお出迎え、となる。最近改装されたようで二階の屋根などは板金仕上げになっていたりしてやや雰囲気は異なるが、玄関の裏手に回ってみると、昔ながらの木造の湯治客向けの宿が見える。この酸ケ湯温泉までは冬季も除雪が行われるのだそうで、そのため農閑期になると付近の農業従事者の方が湯治に訪れるそうである。この話を温泉そばの売店で聞いたのだが、ここの売店にも前述のような丸くて大きいおにぎりが売られていた。関東地方などではおにぎりは三角で手のひらサイズだが、どうやら丸くて大きいおにぎりというのはこの青森地方の伝来(?)であるようだ。コンビニエントなどでも売られているところからもそう思える。

酸ヶ湯温泉:イメージ6

さて、温泉に入浴しようかと玄関をくぐり500円で入場券を券売機で買う。玄関ホールも広く、この場所が気軽な立ち寄り湯として人気がある事をうかがわせる。コインロッカー、無料の貴重品入れなども多数設置されていてその方面の心配も無用。浴室は木造で、かなり使い込まれた単板の床は少々滑るので足元にご注意を。肝心の温泉だが、乳白色のにごり湯で、かなり温度は高い。「酸ケ湯」の名が示す通り、舐めて見るとかなり酸味があり、丁度ポタージュ・スープくらいの粘度がある。さて、ここは男性諸氏ご期待の(?)混浴温泉であるが、女性専用の内風呂もあるのであまりご期待なさらぬよう(笑)しかし、にごり湯のためか浴槽の広さのためか(幼稚園のプールほどの広さ)結構地元の方は平気で入浴しているのには少々驚く。なお、泉質のため石鹸はまったく泡立たないが、普通の湯が水栓から出るので石鹸を使用するには困らない。

酸ヶ湯温泉:イメージ7

浴室が広いためか雰囲気のためか、長時間の入浴でものぼせることはないようだ。浴室内に大きな掛け時計があるのでバスの発車時刻などを気にする事も無くのんびりと湯に浸かる事ができる。湯上りに周辺をちょっと歩いてみると、おそらくは自然林であろうかと思われる大樹が伸び伸びと生育している(写真。)真夏であってもなお涼しい高原の風に乗り仄かに森の香気が流れて来、湯上りの爽やかさもあってとても穏やかな気分にさせられる「ちょっと、立ち寄り湯」である。また、八甲田登山の基地としても有用であり、長期滞在には前述の湯治客向けの宿泊プランが格安で利用でき、魅力的である。3泊4日18,000円(食事付)である。

-DATA-

場所:
青森県青森市大字荒川字南荒川国有林小字酸ケ湯
交通:
JR東北バス十和田北線酸ヶ湯温泉停留所下車徒歩0分
駐車場:
あり。
トイレ:
あり。
泉質:
酸性含二酸化炭素・鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸・塩化物泉
効能:
神経痛、婦人病、創傷、美肌
料金:
外来入浴 500円、大広間休憩 1000円 (7:00~21:00)
電話:
0177-38-6400

ページのトップに戻る