温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 藤七温泉温泉レポート:トップページ酸ヶ湯温泉 »

平山温泉

Jun.13, 2001 山鹿の奥座敷

平山温泉:イメージ1

かなり以前から、この温泉の評判は知っていたものの、なかなか訪れる機会には恵まれなかった。「山鹿の奥座敷」と呼ばれ、隠れた秘湯・湯の花・豊富な湯量など耳に入ってくる情報は、温泉好きの私を刺激するには充分なものばかり。その歴史もおよそ1200年前まで溯ると言われ、全国の温泉ファンを魅了しているそうだ。

平山温泉:イメージ2

熊本市内から車でおよそ1時間半。国道3号線をひたすら久留米方面へと上っていくと、左側に「平山温泉 3キロ」の看板が見えてくるので、指示通り左折。しばらくすると変形四差路にでるので、道なりに直進するのだが、かなり見通しの悪い交差点なので注意したほうがいいだろう。ほどなく、旅館などがポツポツと建つ平山温泉が見えてくる。

平山温泉:イメージ3

その「平山温泉センター」を初めて訪れる人は、おそらく「営業中?」と心配になるだろう。実際、私もそう思ったうちの一人だが、正面まで行くとしっかり番台に人がいて、何人かお客さんも出入りしていた。営業中ということを確認し駐車場へと向かったが、意外にも車は多かった。が、5~6台も止めれば満車状態になるくらいの広さしかなく、ちょうどスペースが空いてなかったので、少し待つことにした。しばらくすると軽トラックが出ていったので、すぐさまその後に駐車、念願の温泉センターへと向かうことにした。

平山温泉:イメージ4

番台で料金を支払い(なんと150円!)、昔の銭湯のような入口を入る。玄関はかなり狭く、大人二人でいっぱいというところだろう。左側にはちゃんと靴箱が用意されていた。 ガラスの引き戸を空けて脱衣所へ……。予想はしていたが、ロッカーがないので、荷物は番台のおばさんに預けることにした。常連さんだろうか?数人の先客もあり、隣の男湯からは大声で話す声が聞こえてきて、なんともいいムード。

浴室も、期待通りウレタンがむき出しで昔の湯治場を思わせるような雰囲気。硫黄の臭いが漂い、向かって右から熱い湯・ちょうどいい湯・ぬるめの湯と浴槽が分かれているので、手始めに一番広い真中の湯船につかることにした。さすが、評判のお湯だけのことはある。入った途端、体にしっとり馴染みなんとも心地よい。もちろん飲泉もできるので、お決まりの味見。口の近くまでもってくると、硫黄と鉄の臭いがかなりキツイ。申し訳ないが、あまり美味しいものではなかった。しばらくゆっくりしていると、「白い沈殿物は湯の香です」と書かれた板を見つけた。そういえば、なんか白いものが浮いているなとは思っていたが、これが湯の香なのか。最近はあまりお目にかかれないと聞くし、私も実際に見たのは初めてだった。

今回、本当は三つある湯船すべてに入る予定だったのだが、手さえ入れることが出来ないほどの熱い湯には入ることが出来なかった。しかし、脱衣所で着替えている時には、その熱湯に平然と入り、顔まで洗っている人がいたのには驚いた。さすがは常連さんというところだろうか。

平山温泉:イメージ5

この温泉センター、実は宿泊も可能でおまけにかなりの低料金。もちろん、休憩所も用意されているので、時間があればゆっくりくつろぐこともできる。
浴室には、とくに何も用意されていないので、タオル、石鹸、シャンプー・リンスなどは持ち込むといいだろう。女性が洗髪をする時には、入浴料+20円が必要になる。
また、湯の持ちかえりも可能で、1.8リットルのポリ容器(100円)も販売されている。

-DATA-

場所:
熊本県山鹿市平山
交通:
ルート.1:熊本市内→国道3号線→左看板にて左折(約3キロ)
ルート.2:南関IC→国道443号線→国道3号線→左看板左折(分かりやすいがこのルートはかなり遠回り)
ルート.3:南関IC→県道4号線→県道195号線(約30分)
駐車場:
有り(但し5~6台)
トイレ:
あり
泉質:
硫黄泉(単純硫化水素泉)
泉温:
49℃
効能:
リウマチ・神経痛・神経炎・慢性金属中毒症・皮膚病他
飲用:
便秘・痛風・糖尿病・気管支カタル他
入泉料:
大人150円 子供50円
宿泊料:
一泊ニ食付 \3200(但し要問い合わせ)
休憩料:
¥600(入浴料込み)9:00~15:00まで
営業時間:
夏(4/1~10/31)7:00~22:00
冬(11/1~3/31)7:00~21:30
問い合わせ:
山鹿市平山 0968-43-2041

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る