温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 黒川温泉温泉レポート:トップページ藤七温泉 »

網張温泉

Jun.09, 2001 大自然の懐、野趣満点の露天風呂

標高750メートル、岩手山麓の高原にある網張温泉は、和銅年間(708~715)から湧いている、みちのくの名湯です。太陽の光もまぶしく感ぜられるようになった今日このごろ、大自然を駆け抜ける緑の風を感じたくなって、車を走らせました。

網張温泉:イメージ1

東北自動車道、盛岡ICから、国道46号線を秋田方面に向かいます。しばらく行ったところで、繋十文字の交差点に出ますので、右折してください。直進で秋田、左折で繋、右折で小岩井方向に向かう旨の大きな標識が出ていますので、お分かりになると思います。岩手山を眺めながら、網張温泉線を直進。小岩井農場を通り過ぎ、緑の中の一本道を30分も走らせれば、網張温泉に到着です。

網張温泉:イメージ2 網張温泉:イメージ3 網張温泉:イメージ4

積雪避けのコンクリートのトンネルを抜けると、そこは温泉だった。見晴らしの良い高原地帯には、休暇村岩手の本館と、すぐ横に網張スキー場があります。かなり大きな駐車スペースが有るのですが、まずはここからの眺めが最高。眼下に雫石の平野とそれを囲む山々が見渡せますし、運がよければ、パラグライダーの飛び交う姿を楽しむこともできます。スロープを上って休暇村へ。目的の露店風呂は、建物の裏手、小さな山のただなかにあります。雑木林の中の狭い一本道を5分ほど歩いて行きますと、心地よい川音が聞こえてきます。丸木でできた階段を、おっかなびっくり下りて行くと、ありました。野趣満点の露店風呂「仙女の湯」です。山間に流れる渓流に、亀滝という小さな滝が水しぶきをあげており、そのすぐそばに湯壷がしつらえてあります。周囲は岩と樹々に囲まれた断崖。BGMは流れる川と滝の音、鳥たちのさえずりのみ。お湯は少し白濁した硫黄泉。脱衣場がありますが、景色にうまくとけこんだ感じの作りで、本当に自然の中にむき出しの温泉、といった感じです。(女性専用脱衣場も有り。ただし私の行った時には女性の入湯者はいませんでしたが……)

網張温泉:イメージ5

露天を楽しんだ後は、休暇村へもどって「白泉の湯」「やすらぎの湯」と二個所ある内風呂をはしご。露天のような豪快さは、さすがにありませんが、温泉独特の匂いと肌触りを十分に満喫することができました。入浴後に横になれる畳敷きの休息室もうれしいかぎりです。

網張温泉:イメージ6

なお網張温泉には、ホテル風の本館と、ロッジ風の網張温泉館があるとのこと。今回、私は本館の方のみの体験でしたが、露店風呂は双方から同じ位の時間でいけるとのことですし、温泉館の方には「帝釈の湯」という内湯があるそうです。内湯の日帰り入浴料は五百円。露天風呂は、つい最近まで無料だったのですが、今回行ったら金100円なりの募金箱が備え付けられていました。(清掃費用とのことです)もちろん宿泊も可能です。スキー、キャンプ、紅葉狩り、きのこ取りと、各人お好みのプランで温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

-DATA-

場所:
岩手県岩手郡雫石町
交通:
東北自動車道、盛岡ICから、国道46号線、県道219号線を経由して網張温泉
または盛岡駅よりバスで60分
駐車場:
有り
トイレ:
有り
泉質:
単純酸性、硫黄温泉
効能:
神経痛、筋肉痛、間接痛、五十肩、運動麻痺
料金:
内湯500円、露天100円
(ただし清掃費用として。無人の募金箱が設置してあります)
問い合わせ:
休暇村岩手 019(693)2211

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る