温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 草枕温泉温泉レポート:トップページ黒川温泉 »

月廻り温泉

Mar.30, 2001 新くまもと百景第一位の景観

月廻り温泉:イメージ1

広い駐車場と緑の芝生、それに大きな水車が目印の月廻り公園。ここは、「新くまもと百景」の第一位に選ばれたほどの景観のよさに加え、温泉・草スキー・ゴーカードなどが楽しめる絶好の娯楽スポット。芝生にはヤギや羊が放し飼いになっており、ちょっとした「ふれあい動物園」といったところ。そんな広大な敷地の一番奥に、目的地である「月廻り温泉」がある。

高森町までの一般的なルートと言えばR57からR325のコースだが、春という気持ちのいい季節なので、ちょっと別のルートから行くことにした。
熊本市内から電車通りを真っ直ぐ益城方面へ。県道28号線(熊本高森線)に入り、そのまま阿蘇・高森方面へ。交差点もあるが、看板通り28号線を進むとよい。この道は、途中からかなり急カーブと起伏が激しくスピードなどには注意が必要だが、ライダーには高度なワインティングが楽しめる道でもある。
そのまま県道39号線→国道325号線→国道265号線を案内板通り(阿蘇山上方面)に進んでいくと、道沿いの左側に「月廻り温泉」の看板が見えてくる。景色もよく、この季節には絶好のルートだが、遠回りになるので急ぐ時なら国道57号線のルートがいいだろう。

月廻り温泉:イメージ2

そのまま温泉へ。。。とも思ったが、あまりの景色のよさに手前に車を止め、しばらくその雄大な阿蘇五岳を眺めることにした。平日にもかかわらず、意外に人も多い。中には、デート中なのか、手をつなぎゆっくりと芝生を散歩するカップルもいる。
これを見ていても仕方がないので、こんどこそ温泉へ向かうことにした。

温泉の入口では、木製の大きな門が向かえてくれる。車でもそのまま中へ入れるので、不精な私は、そこまで車を走らせることにした。(距離は数十メートルなのだが…)
車を降りると、鳥のさえずりや風の音が聞こえてきて、なんとものどかな雰囲気。温泉に入るのが、ますます楽しみになってきた。早速、入口へむかい入場料を支払う。

脱衣所は全体が板で作られているせいか、どこか懐かしさを感じさせてくれる作りとなっている。中には観光のついでに寄った人や常連らしき先客が数名いた。
噂では、ここの温泉に入ると肌がすべすべになるとか。。。いそいそとタオルを持って浴室へ入ると、目の前に根子岳の姿が飛びこんできた。「ほ~っ」と思わず、感嘆の声が漏れる。内湯も大理石張りでかなりゆっくりしている。露天風呂へ行く前に、内湯へ入ってみると、ちょっとぬるっとした感触。肌がすべすべになるという噂にも頷ける。先に入っていた女性としばらく世間話をした後、お待ちかねの露天風呂へ。。。
もちろん内湯からの眺めもいいのだが、外へ出ると心地いい風が吹いてきて、目の前に見える根子岳も近くなったような気になる。その景色を眺めながらゆっくりと湯船につかる。内湯と同じく無色透明だが、ぬるぬる感はこっちの湯のほうが強いようだ。ちなみにこの露天風呂、立てば外から見えるので注意!!

湯上りは、ゆったりと体のほてりを冷ますため、隣接した大広間の休憩所へ。(有料)
ここでも雄大な根子岳が出迎えてくれた。実はこの大広間のある食事処で食事をすると、入湯料200円割引チケットが貰えるのだとか。食事をする予定なら、要チェック!!
浴場には特になにも置かれていないが、入口で販売されているので安心だ。また、お得な回数券も販売されており、公園内にも各種売店が並んでいる。

-DATA-

場所:
熊本県阿蘇郡高森町
交通:
ルート.1:熊本市内よりR57→阿蘇大橋を渡りR325→R265
ルート.2:熊本市内より県道28号線→県道39号線→R325→R265
ルート.3:竹田方面よりR57→古閑の滝方面へR265
駐車場:
大型有り
トイレ:
あり
泉質:
アルカリ性単純温泉(ラドン含有)
効能:
神経痛・五十肩・うちみ・くじき・疲労回復他
入泉料:
大人 500円 小人 300円(3才未満無料)
大人回数券 11枚綴り 5000円
営業時間:
10:00~20:00
問い合わせ:
09676-2-0141

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る