温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 湯原温泉「砂湯」温泉レポート:トップページ川原湯温泉 »

三朝温泉「河原露天風呂」

Nov.07, 2000 24時間入浴可能な青空露天風呂

三朝温泉「河原露天風呂」:イメージ1

中国地方にトライアングル状に点在する無料露天風呂をめぐるバイクの旅もいよいよ佳境となった。ダイナミックな露天風呂が自慢の湯原温泉、「洗たく場」の風習が残る庶民派の奥津温泉をめぐり、最後に残られた三朝温泉へ向かった。三朝温泉はラジウム含有量世界一と言われる療養温泉で「山陰の名湯」と謳われている。奥津から国道179号を北上、中央分水嶺となる人形トンネルを抜けて鳥取県へ入る。さすがに一日三湯を制覇するのは無謀か!?と途中で一度は諦めかけたが、温泉でふやけた身体にむちを打ち、どうにかこうにか夕が暮れる前に三朝温泉へたどり着くことができた。

三朝温泉街の真ん中を悠々と流れる三徳川、その河原につくられた露天風呂は三朝のシンボル的存在となっている。露天風呂の上に架かる橋にさしかかったところで、路肩でバイクの荷物を解いている人の姿が目に留まった。声をかけると山口県をツーリングしてきた帰り道で、丁度今から露天風呂に入るところだという。それなら一緒に入ろうと意気投合「お湯は道連れ」と相成った。この露天風呂、人通りの多い橋や周りのホテルから丸見えだというのにキチンと囲われた脱衣所もない、簡素なよしずがポツンと立っているだけというシンプルさ。でも、中途半端に隠れているよりはこの方が開放的で露天風呂らしいし、健康的でいいと思う。水着の着用が禁止されているので女の人が入るには勇気がいるが、どうしても入りたいという女性やシャイで裸を見られたくないという男性は日が暮れてからの入浴をおすすめする。露天風呂は岩を重ねて造られた湯船がふたつ連なっており、橋側から見て奥の方が熱くなっている。一度に入れるのは10人くらいだろうか、湯船はあまり大きくない。

僕たちは恥じらいのない野郎2人組だが、周りに迷惑をかけてはならないので一応タオルを一枚腰に巻き付けてから湯船へ向かった。時間が早いのかそれとも日中は入る人は少ないのか、僕たち以外に入浴客はなく、嬉しいことに貸し切り状態だった。足をゆったりと伸ばし、大空を眺めながら浸かる露天風呂は格別だ。気分の良さに調子に乗って大阪の大学生T君と海外旅行の話を長々としていたら、「ゴホゴホ…」と T君が咳を始めた。どうやら長湯で咽せてしまったらしい。時間が経つのも忘れてしまうほど、気持ちのいい露天風呂だということだ。30分ほど温泉を楽しむと、ふたりは大満足でそれぞれの目的地へと向かっていった。

これで一日三湯無料温泉のはしごを達成。が、さすがに一日で回るのはきつかった…。三回も服を脱いだり着たりしてるんだからな、勿論バイクで移動もしているし…。疲れを癒すための温泉で逆に疲れていたのでは本末転倒だが、たまにはこんな日があってもいいだろう(笑)。何事も度が過ぎては行けない、ということを身を持って知ることとなった。北海道以外で無料の温泉が集中しているのはこの近辺ぐらい。とても貴重な存在なのでみんなが気持ち良く、そして末長く温泉を楽しむためにマナーを守って入浴しよう。また、これをきっかけに個性派の3湯、湯原、奥津、三朝にも是非訪ねて欲しい。この3つの温泉に浸かればきっと「中国地方に名湯なし」という誤った固定観念は吹っ飛ぶはずだ。

-DATA-

場所:
鳥取県東伯郡三朝町
交通:
中国自動車道路の院庄インターから国道179号に入り倉吉に向かって北上、インターチェンジから約60km。若宮の信号を右折して県道21号・鳥取鹿野倉吉線に入り三朝温泉方面へ向かって約4km。
駐車場:
なし
<トイレ:/dt>
なし
入浴料:
無料
近くの観光スポット:
倉吉、東郷湖、鳥取砂丘

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る