温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 尻焼温泉温泉レポート:トップページ白浜温泉「崎の湯」 »

切明温泉

Nov.26, 2000 手掘りで作る河原の温泉

切明温泉:イメージ1

長野県と新潟県の県境に南北に走る深い谷を秋山郷と呼んでいます。切明温泉は秋山郷の魚野川と雑魚川の合流地点の川床から湧き出る温泉で、豪雪地帯に位置する秋山郷は冬になれば積雪が3m以上あり、交通が発達する以前は交流が途絶えるほど自然環境が厳しい場所でもあります。11月下旬に入ると秋山郷周辺は道路規制が始り、雪が降れば出かけるチャンスがなくなると思い、11月最後の休みに河原を掘って自作の野天風呂に挑戦です。

切明温泉:イメージ2 切明温泉:イメージ3

上信越自動車道を新潟県に向かって進み、豊田飯山ICより国道117号線を経由して秋山郷を目指します。長野県と新潟県の県境にある志久見川を渡ってからすぐに右折をして南に向かい、集落の中を通り抜け鳥甲牧場を目指して進みます。道端には小さい看板ながらも秋山郷の表示もされており迷うことはないです。峠を登り切った場所に鳥甲牧場があり、目の前に広がる谷が秋山郷です。ガードレールがない切り立った崖にそって車を進ませます。対岸に見える国道 405号線がありますが、谷が深い為、対岸に行くことができません。しばらくすると鳥甲山登山口が見えてきました。現在位置を確認してから目的の切明温泉に車を進めます。30分ほど山道を走った頃やっと目的の切明温泉が見えてきました。山の中を20Kmほど車を走らせ途中に出合った車は3台と猿1匹。もしもと思いながらの心細いドライブになりました。

切明温泉:イメージ4 切明温泉:イメージ5

保養センター雄川閣に車を停めさせてもらい片手にスコップを持ちながら河原に足を運びます。先客が結構いたようで河原はそれなりに穴が掘ってあり、源泉らしき場所の水温は約54℃ほどあります。約30mほど上流で穴を掘り水温を計測してみると約10℃。魚野川の水温が10℃だったのでこの近くでは湯が沸いてないようです。誰かが掘った穴に足を入れてみると少し熱いが川の水を入れながら温度調整をすれば野天風呂の完成です。しかしいざ入ってみると川の水の調整が非常に難しい。突然冷たくなったり、熱くなったり四苦八苦しながら体はポカポカしてきます。魚野川のせせらぎと野鳥の声が一体となって心地よい時間が過ぎてゆく。川の水面とほぼ同じ目線で見る光景は今までにない景色だったが、気になるのが次々と訪れる人達。「何処を掘る?」なんて声が聞こえ、スコップ片手に肉体労働をしている姿は何故か変です。

切明温泉:イメージ6

切明温泉を後にして国道405号線を進みます。来た道から見えた国道405号線は行きと違いカーブが多く、すれ違い困難なカーブが続いていきます。切明温泉から約7Kmほど下った場所に集落が見えてきました。お土産屋さんで団子を頂きながら話しを聞いていると、今年はまだ1cmほどの積雪が2回あったそうで、本格的に降り始めれば約3mほど積もるようです。

切明温泉:イメージ7

国道117号線を目指して車を進ませると突然目の前にカモシカが現れた。カモシカも不思議そうな眼でこちらを見ていますが、しばらくすると何もなかったように山の中に消えて行きます。久しぶりに見る野生のカモシカは意外と小さく、冬に向かって越冬する為に里に下りてきたのか?それともこの近くに住んでいて、たまたま出合えたのかは不明です。

切明温泉から約30Kmほど下ってくると秋山郷は終わりです。国道117号線が目の前に現れた時に何故かホッとしながら帰路に着きました。

国道405号線沿いにはガソリンスタンドが2件しか確認できませんでした。国道117号線から2Kmと23Kmの地点にありましたが、奥にあるガソリンスタンドは休みでした。往復で50Km以上あり急勾配の続く山道なので給油は万全にしたほうが良いでしょう。また閉鎖されている道路が多数ありますので充分確認してから出かけることお勧めします。

-DATA-

場所:
長野県下水内郡栄村
温泉名:
切明温泉
泉質:
カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
効能:
外傷、火傷、リュウマチ、婦人病、筋肉痛、胃腸病
交通:
上信越自動車道 豊田・飯山ICより国道117号線、国道405号線を経由して秋山郷
関越自動車道 塩沢・石打ICより国道353号線、国道117号線、国道405号線を経由して秋山郷
駐車場:
保養センター雄川閣(無料)
トイレ:
保養センター雄川閣(無料)
問合せ:
栄村観光協会:0269-87-3333
秋山郷観光協会:0257-67-2202

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る