温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« サンシップ今井浜温泉レポート:トップページ奥津温泉「共同浴場」 »

本沢温泉

Oct.21, 2000 日本最高所の露天風呂

本沢温泉:イメージ1

八ヶ岳の中腹にある秘湯。標高2150mと日本で4番目に高度が高い温泉施設で、通年営業している施設としては、露天風呂と共に1番高い場所にあります。 10月中旬、アルプスの山々からは雪の便りが届き、雪が降り始める前に、紅葉と日本最高所の露天風呂を求めて本沢温泉に出かけました。

本沢温泉:イメージ2

国道141号線を南下し午前7時30分に松原湖に到着。事前に道路地図、登山地図を用意してなかったので、松原湖観光案内所に立ち寄って入口に置いてある周辺の地図を頂き、地図を確認してから稲子登山口に目指しました。登山口から本沢駐車場までは車で行けると書いてあったが、非常に悪路で4輪駆動車でも止まりそうです。まるで4輪駆動車のクロスカントリーをやってるみたいで「1度止まったら二度と動けない」そんな状態が1時間も続き、目の前に本沢入口駐車場が現れた時、やっと道を間違た事に気付きました。本沢入口駐車場からゲート前の駐車場に移動するには、徒歩か4輪駆動車のみが入れる場所なので気を付けたい。

本沢温泉:イメージ3

ゲート前駐車場に到着してから、車に乗せておいた登山道具を取り出して目的の本沢温泉へ。整備された山道はそれほど傾斜がきつくなく、適度に出る汗と秋風が爽快でした。途中、下山してくる人達と挨拶を交わしながら目的の本沢温泉に無事到着。温泉の店主と色々話しながらパンフレットと飲料水を購入し露天風呂を目指します。

本沢温泉:イメージ4

宿から5分ほど登った場所に露天風呂が設置されており、露天風呂から見える硫黄岳と湯川渓谷の景色は、秘湯にふさわしいと言っても過言ではありません。熱いと思っていた湯も丁度よく、今まで入ってきた露天風呂とは一味違います。誰もいない露天風呂と雄大な硫黄岳を独占し、聞こえる音は川の流れと鳥の鳴き声だけ。いつまでもこんな時間が続けばと思い露天風呂を後にしました。

本沢温泉:イメージ5

本沢温泉だけの予定だったが、登山の用意もしてきたので硫黄岳2760mに登頂してから帰る事にした。帰り道では本沢温泉に向かう登山者と挨拶を交わしながら来た道を帰ります。今度は間違えないように、本沢入口駐車場でしっかりと地図を確認してから本沢温泉林道を15分ほど走り、松原湖に向かう道に戻りました。

日本最高所の露天風呂だけあって、アクセスは非常に悪いです。乗用車で行かれる方は必ず本沢入口駐車場で置いていきましょう。4輪駆動車でも悪路が続きますので運転に自信のない方は遠慮する事をお勧めします。また山の天候に左右されやすい場所なので、雨具、水、食料、地図などは必ず持参する事をお勧めします。

-DATA-

場所:
長野県 南佐久郡 南牧村
温泉名:
本沢温泉
泉質:
(野天)酸性含硫黄カルシウム・硫酸塩泉
(内湯)カルシウム・ナトリウム・硫黄炭酸水素塩泉
源泉温度:
(野天)45℃~60℃
(内湯)60℃
効能:
高血圧、婦人病、神経痛、冷え性
入浴料:
露天風呂:500円 内湯:700円
交通:
中央自動車道 須玉ICから国道141号線、野辺山、松原湖入口信号を左折、松原湖、本沢温泉林道を経由して、各駐車場
駐車場:
本沢温泉入口駐車場、ゲート前駐車場、山の中
料金:
無料
トイレ:
本沢温泉
問合せ:
本沢温泉:090-3140-7312
事務所:0266-72-3260 

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る