温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 養老牛温泉「からまつの湯」温泉レポート:トップページ雲見温泉『赤井浜露天風呂』 »

石部温泉『平六地蔵露天風呂』

Aug.21, 2000 お地蔵さんが見下ろす海辺の露天風呂!

温泉で満たされた岩肌の露天の湯船にざぶ~んと体を沈めて、思いっきり手足を伸ばせば気分は極楽極楽!!こんな無料露天風呂が石部にあるらしいので行ってみる事に・・。

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:イメージ1

松崎町石部は岩地温泉の南にある温泉。関東方面からも名古屋方面からも東名高速道路の沼津ICで降りる。県道83号線、国道246号線を経て国道1号線に出る。約4kmで国道136号線との交差点があるので、右折。136号線・下田街道をひたすら南下。早く行きたい人は、伊豆中央道(200円)、修善寺道路(200円)を使うと30分ほどカットできる。進路を西に変えて駿河湾に出て、またひたすら南下。西伊豆町を越えると、次の町が松崎町だ。町並みを抜けてしばらく行き、岩地温泉の看板を越え、右コーナー左手に『cafe&launch おさんぽ』が見えたらもうすぐ。下り坂を下った右側に石部海水浴場がある。その手前の右に曲がる道を右折すると、奥に石部漁港がある。その奥が目指す『平六地蔵露天風呂』だ。

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:イメージ2

漁港入り口で有料駐車場となっており、おじさんに1000円払う。そこにトイレもある。温泉の前でテントを張ってキャンプをしている人がいた。ここなら海も近く海水浴できるし、温泉もあるし、ゆっくりキャンプしたい人にはいいかも。温泉の入り口に平六地蔵の由来の看板があり、その奥が温泉だ。一応脱衣所もある。完全に隠れる脱衣所もある。と言う事はここは水着のままの利用はいけないのか?岩肌のなかなかいい感じの温泉である。少し高いところには平六地蔵がいる。その横から温泉が流れ落ちている。ん??ふと見るとおじさんが寝ているのだが、なんとすっぽんぽん!温泉でのぼせたのかな?

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:イメージ3

さてと、僕も入ってみることに、「う~~~~ん、気持ちいいぃ~~!」誰もいない、この露天風呂を独り占め。なんともいい気分だ。セミの鳴き声がまたいい感じに聞こえてくる。しばし、まったりタイム。泳いでみたりする・・・。でも、今は夏。やっぱり熱い。出ると体がカッカする。ズボンをはき、上半身は裸で港の方へ歩いてみた。潮風が熱い体を静めてくれて気持ちいい。暑い夏に熱い温泉に入るのもなかなかいいもんだ。

ここの温泉は地元の人達の手作り温泉らしく、地元の人達の利用が多いらしい。夏場は海水浴客がやっぱり多いみたいだ。温泉の温度が高く一年中利用できる。寒い冬に一度訪れてみたい・・・。

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:イメージ4

岩部は昔ながらの漁村のたたずまいを残し、シーズンは多くの海水浴客で賑わうらしい。でも石部海水浴場は岩地海水浴場に比べて小さいし、人もあまりいない。家族連れが何組かいただけだった。まぁ平日だから当然か。しかし、綺麗な白い砂浜と青い海が広がり、いい感じだ。海の家が一軒あり、いろいろある。この海水浴場ではキャンプは禁止、10時以降の花火も禁止らしい。気をつけよう。

-DATA-

場所:
静岡県賀茂郡松崎町石部
温泉名:
石部温泉
名称:
平六地蔵露天風呂
泉質:
含塩化土類 食塩泉
源泉温度:
混合56~57℃
浴用適応症:
リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹、虚弱児童、女性性器慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症及び月経障害、更年期障害
飲用適応症:
慢性消化器疾患、慢性便秘
浴用禁忌症:
全ての急性疾患、熱性疾患、進行性結核、悪性腫瘍、重い心臓病、出血性疾患、高度の貧血その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中特に初期と末期は原則として禁忌、高度の動脈硬化症
飲用禁忌症:
腎臓炎、ネフローゼ、高血圧症、その他一般に水腫傾向のある時
料金:
無料
時間:
24時間OK
期間:
一年中
交通:
南伊豆、西伊豆東海バス「石部温泉」下車
駐車場:
石部漁港に有料駐車場(1000円)あり。バス停前にも有料駐車場あり。
トイレ:
漁港にあり。
民宿:
27軒
問合せ:
松崎町観光協会(0558-42-0745)

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:map

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る