温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2000年07月温泉レポート:トップページ2000年10月 »

蔦温泉

Aug.22, 2000 静かなところでのんびりしたい、という方にオススメ。

蔦温泉:イメージ1

静かなところでのんびりしたい、と思う方にはお勧めのこの場所。そうかといって秘湯というほど不便なところでもなく、微妙につりあいが取れているあたり、都会人には丁度良い。アクセルルートは二通りあり、JR東北本線青森駅から、もう一方はJR奥羽本線大館駅にてJR花輪線に乗り換え、十和田南駅にて下車。どちらの場合でもJR東北バス青森-十和田線で蔦温泉まで。今回は花輪線ルートで行く。この路線は単線非電化路線であり、旧式のディーゼルカーが走る様は昭和的である十和田南駅で気動車を降り、十和田-八甲田-青森を結ぶJRバスに乗る。このバスは「バス指定券」が必要なので観光シーズンは注意が必要だ(現地購入も可能だが)。十和田方面から向うと奥入瀬渓谷の翠の流れが美しく、渓谷沿いにバスは走っているので途中下車をしては歩いてみるのも良いかもしれない。バス停一つ歩いたとしても1Kmもないから、普段歩き慣れていない方でも臆する程の距離でもない。流れは思いの他激しく、鬱蒼と昼なお暗い渓谷にはカッコウの声、キツツキが幹をつつく音なども聞こえることがあったりもし、ここが深山なのだと思い返すこととなりより旅の実感を感じられるかと思われる。JRバスの場合、この区間はフリー乗降なので特に便利だ。バスの本数は一時間に一本ほどなのでトレッキングには丁度良い。

蔦温泉:イメージ2

渓流を離れ道路は山深く登ってゆく。30分程も走ると幹線を離れ蔦温泉へと道路は分岐する。さらに数分、山間に風格のある木造の建物が見える。そこが蔦温泉だ。最近、鉄筋の新館が併設されたので、山間でも快適なリゾート気分を味わいたいという方はそちらを選ぶもよし、本館は木造建築の古い旅館風なので、大正情緒を味わいたい方はそちらを選ぶもまたよし。二人部屋は概ね個室形式で、襖仕切りなどということは無いので安心である。

ここの温泉は、透明なお湯で純水に近い成分のようで、かなり熱い湯が浴槽の底からじかに沸きだしている。東北地方によくある形式で浴槽の底に間隙がありそこから湯が沸きだしてくるという他の地方ではあまり見られない形式である。旅館玄関脇に旧大浴場があるが、最近、奥手に新しく浴場が新設された。[泉響の湯]と名付けられている浴室に入ってみると、青森ヒバを使用しているかと思われる天井の高い浴室は吹き抜けがあり、深夜などは多少怖くなる程の静寂..時々木々が風に揺れる音なども聞こえ旅情をそそる。広さは、新浴場の方はスカッシュのコートくらい、旧の方は小学校の教室くらい。なお、混浴ではないので女性はご安心を。また、旧浴場の方は日帰り入浴も可能。荷物は帳場で預かってくれるが、ロッカーというか昔の銭湯のような鍵つきの物入れがあるので、特に細心な方でも安心であろう。

蔦温泉:イメージ3

さて。湯上がりに火照りを冷やす..などと興ずるのも良い。旅館周辺は小高い丘になっており、散策路というにはすこし険しいハイキングコースがある。およそ 3km程だが、一周するには一時間くらいは見ておいた方が良い。旅館裏手から出発するとすぐに「ひょうたん沼」に着く。ここは春の時期には水芭蕉の群生が楽しめるそうである。湿原の植生などを楽しみながらしばらく歩くとおよそ20分程で周囲100m程の池に達する。旅館のパンフレット表紙写真にもなっているこの池が「菅沼」で(写真参照)春の時期には多数の稚魚、オタマジャクシなどが群生しており、また野鳥などの声も聞こえたりもする。なぜかアヒルが棲んでいたりもして不思議にも思えるが..そのまま歩くと蔦沼というやや先ほどよりも広めの沼、というよりは池に近い景観の水辺には広葉樹が生い茂り、秋には紅葉が美しいそうだ。いずれの時期も軽いハイキング気分が旅館周辺で味わえるのは、なんとも贅沢なものである。しかし、水場はないので水は用意しておいた方が良いようだ。ちなみに、蔦温泉自体が冬季は閉鎖される(概ね11月~)なのでご注意を。

蔦温泉:イメージ4

館内に目を向けて見ると、本館も改築、増築が行われていることに気づく。本来の建物は帳場と二階部分までのようで、斜面沿いに屋内階段で昇る三階部分は昭和になってから増築されたもののようだ。この旅館は食事も部屋で取ることが出来るが、長い階段を使って給仕するのはかなり苦労が伴うのではないかと少々気の毒な気もする。新館の方は鉄筋作りのホテル形式なので、特に温泉情緒を味わいたいというのでなければそちらをの方が適当だ。階段も長く、エレベータ等も本館には無いので一階の温泉から三階の部屋までは階段を使ってかなりの距離を歩くことになるから、足に自信の無い方、お年寄りなどの方は避けた方が無難である。しかし、この階段を昇りながら、湯上りの素足に木の感触を感じつつ深山の風を味わうというのもまた乙なものではあるが...

蔦温泉:イメージ5

ご馳走という言葉がある。走り回って集める、という意であるようだが、この旅館の料理もその語感に相応しい者である。写真は少々見難いがお許しの程を。ゼンマイ、ワラビ、じゅんさいなどの山菜も地物だそうであるし、山奥であるのに「このわた」、「なまこ」なども食する事ができる。写真の料理は普通のコースで、宿泊代込みのもの。特に追加料理は頼んではいない。

蔦温泉:イメージ6

以上にご紹介したような山間の懐古的な温泉旅館であるので、静かな場所で落ち着きたい、または気軽にトレッキングなどを楽しみたいという方にはお勧めの場所である。八甲田山、十和田湖などの観光の時に立ち寄って数泊、などというのも興であろう。明治の文人、大町桂月が晩年を過ごした、とあるがなるほど文章を書くには適当な場所である。前記したが、冬季は道路が積雪で閉鎖されるのご注意の程。蔦温泉もその時期は閉鎖される。

-DATA-

場所:
青森県上北郡十和田湖町
交通:
JRバス東北 青森十和田線 蔦温泉 下車 徒歩0分
駐車場:
あり。
トイレ:
あり。
泉質:
単純泉。42℃~48℃、石鹸は使えます。
効能:
外傷、擦過傷、各種慢性疾患など。

岩地温泉『ダジュール岩地』

Aug.21, 2000 夏季限定!ユニークな廃船温泉!

伊豆半島、ここは温泉の多い所で有名だ。約73もの温泉がある。その中で無料の露天風呂は無いかと探したら、西伊豆の松崎町にユニークな露天風呂があると言うので行ってみる事にした。

岩地温泉『ダジュール岩地』:イメージ1

松崎町は西伊豆町と南伊豆町の挟まれた駿河湾に面した町だ。関東・名古屋方面ともに東名高速の沼津ICを降りて、国道1号線を東京方面へ。三島市で国道136号線に入り南下。韮山町、修善寺町を抜けて南下。途中、伊豆中央道(200円)、修善寺道路(200円)を使うと早く、30分ほど短縮できる。国道414号線との合流点を過ぎ、西に進路を変え土肥町に出てひたすら南下。賀茂村、西伊豆町を抜ければ、松崎町だ。町の中心部を抜けて、南伊豆方面へ。トンネルを越え、左手に昭和シェルのガソリンスタンドが見えたら、もうすぐ。左手に『東洋のコートダジュール 岩地温泉・海水浴場』と大きな看板があるので、そこを左折。左に大きく曲がり国道をくぐり、クネクネと下っていく。途中有料駐車場あり。すると、突き当りが岩地海水浴場で、そこに噂の温泉?と言うか、ヨット風の船があった。

岩地温泉『ダジュール岩地』:イメージ2

岩地海水浴場は、なかなか大きな砂浜で月曜日の平日にかかわらず、沢山の海水浴客がいた。その砂浜の中に白いヨット風の船がある。この中に、温泉を引き込んでいるのだ。海水浴に来ている子供達が沢山、温泉に浸かっている。ちょっと、手を入れてみた。「あっつぅ~!」そうなのだ、この炎天下の中、海水浴でもしないと熱いだけだ。利用する人のほとんどは、海水浴で冷えた体を温めたり、疲れた体を休めているのだ。

岩地温泉『ダジュール岩地』:イメージ3

僕はこの炎天下の中、クーラーの効かない車で来て、体の温度は上がっている。ので、ひと泳ぎする事にする。こっちの海は、瀬戸内海に比べてやっぱり冷たい。寒がりの僕はすぐに寒くなり、船に駆け込む。子供達の中に混じって、温泉を楽しむ。1口舐めてみた。「塩っからぁー!」当たり前である。この温泉は食塩泉。でも、海から上がって入るので塩分濃度は高いかな・・?しかし、子供達がはしゃぐのでゆっくりと温泉を楽しめない。やっぱり温泉はゆっくり静かに楽しむものだと、僕は思っている。熱くなってきたので、上がった。食塩で引き締まった感じがこころなしかする。

そこで、僕は思った。朝一番とかに入るとどうだろう?誰もいない砂浜で、船の形をした温泉に入る。う~~ん・・・。夕方も夕日を眺めながら入るのもいいかも。でも夕方は人がまだ居るか・・。また今度ゆっくり入ろうと、海水浴場あとにした。

海水浴に来て水着のまま利用できるこの温泉は、5月~9月末までの夏季限定。オフシーズンは見るだけになっている。

-DATA-

場所:
静岡県賀茂郡松崎町岩地
温泉名:
岩地温泉
名称:
ダジュール岩地
泉質:
含塩化土類 食塩泉
源泉温度:
70℃
浴用適応症:
リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹、虚弱児童、女性性器慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症及び月経障害、更年期障害
飲用適応症:
慢性消化器疾患、慢性便秘
浴用禁忌症:
全ての急性疾患、熱性疾患、進行性結核、悪性腫瘍、重い心臓病、出血性疾患、高度の貧血その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中特に初期と末期は原則として禁忌、高度の動脈硬化症
飲用禁忌症:
腎臓炎、ネフローゼ、高血圧症、その他一般に水腫傾向のある時
料金:
無料
時間:
24時間OK
期間:
5月~9月一年中
交通:
J南伊豆、西伊豆東海バス「岩地温泉」下車
駐車場:
有料駐車場あり。
トイレ:
海の家、旅館等。
民宿:
43軒
問合せ:
松崎町観光協会(0558-42-0745)

岩地温泉『ダジュール岩地』:イメージ4

雲見温泉『赤井浜露天風呂』

Aug.21, 2000 海原望むロケーション最高の露天風呂!

雲見、ここはダイビングスポットで有名。アーチやケーブなどの複雑で豪快な地形が楽しめるらしい。また黒潮の影響をモロに受けるので魚種も豊富。沖は回遊魚の宝庫らしい。そんな、ダイビングスポットの近くにダイバーに人気の露天風呂があると言うので、早速向かった。

雲見温泉『赤井浜露天風呂』:イメージ1

雲見は松崎町の南端に位置し、岩地、石部の南側である。車で東名高速の沼津ICを降りて、国道1号線を経て、国道136号線をひたすら南に。伊豆中央道(200円)、修善寺道路(200円)を経て、松崎町へ。岩地、石部を越える。右カーブにさしかった所の左側に『夕日と海の魅える展望露天風呂 赤井浜荘』を過ぎるとすぐだ。ゆるい左カーブを曲がると制限速度30kの標識の右側に『雲見温泉露天風呂』の看板がある。

雲見温泉『赤井浜露天風呂』:イメージ2

近くの路肩が広くなっている所に車を止めて、道を下って行く。下り道は未舗装なのでサンダルなどでは危ないかもしれないので、靴を履いた方が無難。特に雨降りや降った後は特に気をつけるべし。しばらく下ると目の前に海が見える。青く綺麗な海だ。瀬戸内海育ちの僕は、太平洋はなんて青いのだろうといつも驚く。下りきると目の前に、ポンプ小屋か何かの建物が見えた。道なりに行くと、白い建物に入って行く。ん?何処に露天風呂が?建物に入ると、入り口付近は脱衣所になっている。中を通り階段を登ると、「あった!」かわいらしい、ちょっと小さ目の露天風呂が。でもここは目の前に青い海原が広がり、ロケーション最高!夕方やったら美しい夕日を眺めながら、温泉を楽しめそう。

さてと、温泉に浸かってみることにした。多分、ここの温泉は水着のまま入るのだが、僕はすっぱだかで入る事にした。やっぱり温泉は裸で全身で湯と戯れたい。幸い誰も入ってない。って言っても、人がいても全然気にしないのだが・・。「おぉ~~~、気持ちいぃ~~~~!」目の前の綺麗な海原といい湯加減の温泉がマッチして、とってもいい感じ。これは、実際に入ってみないと分からないだろう。ほんといい!6月~9月の間だけって言うのが、残念。

雲見温泉『赤井浜露天風呂』:イメージ3

目の前は小さな砂浜と、磯場があり、素潜りダイバーが何人かいた。沖にはボートダイビングらしい船がいた。ここの赤井浜は水深が最大でも10mで、クマノミ、イザリウオ、ヨウジウオなど多種多様魚が見られるらしい。是非潜ってみるべし!素潜りでも充分楽しめると思う。今度ゆっくり来て1日かけて素潜り、磯遊びと温泉を楽しみたいなぁ~。

-DATA-

場所:
静岡県賀茂郡松崎町雲見
温泉名:
雲見温泉
名称:
赤井浜露天風呂
泉質:
含塩化土類 食塩泉
源泉温度:
41℃
浴用適応症:
リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹、虚弱児童、女性性器慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症及び月経障害、更年期障害
飲用適応症:
慢性消化器疾患、慢性便秘
浴用禁忌症:
全ての急性疾患、熱性疾患、進行性結核、悪性腫瘍、重い心臓病、出血性疾患、高度の貧血その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中特に初期と末期は原則として禁忌、高度の動脈硬化症
飲用禁忌症:
腎臓炎、ネフローゼ、高血圧症、その他一般に水腫傾向のある時
料金:
無料
時間:
24時間OK
期間:
6月中旬~9月中旬
交通:
南伊豆、西伊豆東海バス「赤井浜」下車
駐車場:
特になし。
トイレ:
特になし。
民宿:
82軒
問合せ:
松崎町観光協会(0558-42-0745)


雲見温泉『赤井浜露天風呂』:map

石部温泉『平六地蔵露天風呂』

Aug.21, 2000 お地蔵さんが見下ろす海辺の露天風呂!

温泉で満たされた岩肌の露天の湯船にざぶ~んと体を沈めて、思いっきり手足を伸ばせば気分は極楽極楽!!こんな無料露天風呂が石部にあるらしいので行ってみる事に・・。

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:イメージ1

松崎町石部は岩地温泉の南にある温泉。関東方面からも名古屋方面からも東名高速道路の沼津ICで降りる。県道83号線、国道246号線を経て国道1号線に出る。約4kmで国道136号線との交差点があるので、右折。136号線・下田街道をひたすら南下。早く行きたい人は、伊豆中央道(200円)、修善寺道路(200円)を使うと30分ほどカットできる。進路を西に変えて駿河湾に出て、またひたすら南下。西伊豆町を越えると、次の町が松崎町だ。町並みを抜けてしばらく行き、岩地温泉の看板を越え、右コーナー左手に『cafe&launch おさんぽ』が見えたらもうすぐ。下り坂を下った右側に石部海水浴場がある。その手前の右に曲がる道を右折すると、奥に石部漁港がある。その奥が目指す『平六地蔵露天風呂』だ。

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:イメージ2

漁港入り口で有料駐車場となっており、おじさんに1000円払う。そこにトイレもある。温泉の前でテントを張ってキャンプをしている人がいた。ここなら海も近く海水浴できるし、温泉もあるし、ゆっくりキャンプしたい人にはいいかも。温泉の入り口に平六地蔵の由来の看板があり、その奥が温泉だ。一応脱衣所もある。完全に隠れる脱衣所もある。と言う事はここは水着のままの利用はいけないのか?岩肌のなかなかいい感じの温泉である。少し高いところには平六地蔵がいる。その横から温泉が流れ落ちている。ん??ふと見るとおじさんが寝ているのだが、なんとすっぽんぽん!温泉でのぼせたのかな?

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:イメージ3

さてと、僕も入ってみることに、「う~~~~ん、気持ちいいぃ~~!」誰もいない、この露天風呂を独り占め。なんともいい気分だ。セミの鳴き声がまたいい感じに聞こえてくる。しばし、まったりタイム。泳いでみたりする・・・。でも、今は夏。やっぱり熱い。出ると体がカッカする。ズボンをはき、上半身は裸で港の方へ歩いてみた。潮風が熱い体を静めてくれて気持ちいい。暑い夏に熱い温泉に入るのもなかなかいいもんだ。

ここの温泉は地元の人達の手作り温泉らしく、地元の人達の利用が多いらしい。夏場は海水浴客がやっぱり多いみたいだ。温泉の温度が高く一年中利用できる。寒い冬に一度訪れてみたい・・・。

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:イメージ4

岩部は昔ながらの漁村のたたずまいを残し、シーズンは多くの海水浴客で賑わうらしい。でも石部海水浴場は岩地海水浴場に比べて小さいし、人もあまりいない。家族連れが何組かいただけだった。まぁ平日だから当然か。しかし、綺麗な白い砂浜と青い海が広がり、いい感じだ。海の家が一軒あり、いろいろある。この海水浴場ではキャンプは禁止、10時以降の花火も禁止らしい。気をつけよう。

-DATA-

場所:
静岡県賀茂郡松崎町石部
温泉名:
石部温泉
名称:
平六地蔵露天風呂
泉質:
含塩化土類 食塩泉
源泉温度:
混合56~57℃
浴用適応症:
リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹、虚弱児童、女性性器慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症及び月経障害、更年期障害
飲用適応症:
慢性消化器疾患、慢性便秘
浴用禁忌症:
全ての急性疾患、熱性疾患、進行性結核、悪性腫瘍、重い心臓病、出血性疾患、高度の貧血その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中特に初期と末期は原則として禁忌、高度の動脈硬化症
飲用禁忌症:
腎臓炎、ネフローゼ、高血圧症、その他一般に水腫傾向のある時
料金:
無料
時間:
24時間OK
期間:
一年中
交通:
南伊豆、西伊豆東海バス「石部温泉」下車
駐車場:
石部漁港に有料駐車場(1000円)あり。バス停前にも有料駐車場あり。
トイレ:
漁港にあり。
民宿:
27軒
問合せ:
松崎町観光協会(0558-42-0745)

石部温泉『平六地蔵露天風呂』:map

ページのトップに戻る