温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2000年06月温泉レポート:トップページ2000年08月 »

養老牛温泉「からまつの湯」

Jul.27, 2000 道東の穴場的露天風呂

養老牛温泉「からまつの湯」:イメージ1

地平線へ向かって気持ちよく一直線に延びる道をバイクを走らせる。最も北海道を感じさせる牧歌的な風景が広がっているのが道東地方、根釧原野であろう。ゆったりと草を噛む牧牛、緑が遙か彼方まで続く日本離れした広大なファーム群、どこまでも澄み渡る青い空、頬を優しく撫でる透明な風…ツーリングライダーなら誰でも一度は憧れるシーンである。

養老牛温泉「からまつの湯」:イメージ2

そんなドリームフィールドからほんの少し山側に足を伸ばした森の中、養老牛温泉はゆったりと湯気を上げている。北海道の温泉としてはメジャーではなく、大規模な温泉地でもないが、地元の人達や北海道フリークの間では養老牛温泉の「からまつの湯」は知る人ぞ知る存在となっている。地理的には根釧原野の真中にある中標津から東へ、直線距離にして20kmほどの場所にある。奥摩周展望台から霧の摩周湖を覗いた後、清里峠を越えて道道150号・摩周湖中標津線で中標津へ向かった。途中から養老牛温泉方面へ向かって左折、10分ほど走ると川を渡った左手に木造の質素な脱衣所が見えてくる。駐車場は広いが路面は石が多くデコボコなので、バイクを置く場所には注意しよう。

脱衣所の横から覗くと、サラサラと流れる小川の脇に岩を積んで造られた5~6人が入れる小さな露天風呂が見えた。湯船には地元の人らしき年輩者が3人にライダーがひとり、おしゃべりをしていた。湯に浸かる前に川で足を洗おうとしたら、強面のオジさんが「冷たいからお湯で洗いな」と洗面器を貸してくれた。その後もそこにいるとお湯が濁るからこっちに移動しろだとか、車がエンジンをかけっぱなしにしているとアブが寄ってくるからすぐに切れだとか…ことあるごとに注意する。歯の衣を着せないストレートな言い方だが、みんなが気持ちよく入浴するためには必要なことばかりだった。口は悪いが気のいい、自称「からまつの湯共の会名誉会長」のオジさんと次第に仲良くなり、温泉で入れたコーヒーをご馳走されるまでになった。「おおおんせんコーヒーって…うまいのか?」一瞬目が泳いだが、飲んでみるとこれが意外にも甘みがあっておいしかった。飲んでみないと分からないもの、何事も百聞は一見にしかずなのだ。一服すると釣り竿を出してきて、今度は川に釣り糸を垂らし始めた。「釣りして、温泉入ってれば幸せなんだぁ」と無邪気に笑うので、僕も釣られて?笑った。興味シンシンで眺めていると、次から次にウソのように魚が釣れるではないか。ほとんど入れ食い状態だ。サオを貸してくれるというので挑戦してみると、引くタイミングに少しコツがあるが、釣り音痴の僕でも面白いように釣れる。蚊に刺されまくっている尻をボリボリ掻きながら、時が経つのも忘れて夢中でサオを振り回した。北海道の一部にしか生息しないと言われるオショロコマも何匹か釣り上げ、大満足だった。

自然環境はもちろん素晴らしいが、こんな風に地元の人達と裸のつきあいができるのが「からまつの湯」のいいところ。この温泉に来たら気軽に地元の人に声をかけて欲しい。人との出会いは旅の醍醐味、きっと心に残る思い出ができるはず。さて、次の「からまつの湯」に訪れたときはどんな出会いが待っているだろう・・・

-DATA-

場所:
北海道標津郡中標津町
泉質:
弱食塩泉
交通:
弟子屈から国道243号、道道養老牛虹別線と道道養老牛計根別停車場線で30分位。中標津からは道道中標津標茶線と道道養老牛計根別停車場線を使って30分位。
駐車場:
あり。10台分位
トイレ:
あり
入浴料:
無料
近くの観光スポット:
開陽台展望台、摩周湖

御崎海浜温泉「浜の湯」

Jul.26, 2000 海岸にある庶民的な露天風呂

御崎海浜温泉「浜の湯」:イメージ1

フェリーのデッキに駆け上がると、北海道がもう手が届きそうなところにまで近づいていた。何度体験してもこの瞬間は新鮮な気持ちになる。心のトリップメーターを0にリセットして上陸、走り出すと風がパリッと冷たかった。やっぱり本州とは空気が違うなと感じる。北海道でまず最初に目指した温泉はハンマーのように付きだした渡島半島の東の先にある御崎海浜温泉。道南の温泉としては湯の川温泉が有名だが、大きな温泉街よりも素朴な露天風呂が好きな僕はスタートは御崎海浜温泉の「浜の湯」と決めていた。

御崎海浜温泉「浜の湯」:イメージ2

意気揚々と温泉へ向かっていると突然雨が降り出した。「これから温泉なのに…ついてないなぁ~」と文句を言いながら近くの道の駅へ飛び込む。軒先でレインウエアを着込んでいるとライダーが1台、2台と雨宿りに集まって来た。どうやら考えることは同じようだ。おしゃべりをしているうちに「一緒に温泉へ行こうか?!」と意気投合。旅は道連れということで連れ風呂(?)することになった。思わぬ仲間とバイクを3台連ね、恵山の懐で湯気を上げる浜の湯へと向かった。予想外の展開が旅らしい。「浜の湯」は海岸の防波堤の下にあるため見逃しやすく、5年前に来たときは見つけるのに苦労した記憶があったので、同じミスは犯さないように今回は慎重にバイクを走らせた。

「ここだーっ」今回はおよその見当がついていたので一発で発見する事ができた。大喜びでバイクを止める。ここなら防波堤があるため浴場から海を眺めることはできないが、屋根があるので雨でも安心して入れる。今日に打ってつけの温泉だった。湯船は6~7人位が入れる大きさ、脱衣所もキチンと整備されている。地元の人が管理しているのだろう、掃除が行き届いていて気持ちがいい。勢い良く脱いだ服を籠に押し込み、黄土色のお湯に身体を沈める。雨で身体が冷え切ったので体中の細胞がジワジワと蘇ってくる。やはり温泉に入るなら少し寒い位の気温が良いようだ。お湯はとろけるような気持ちよさだった。ライダーとおしゃべりをしていると、後から地元の人もやって来て露天風呂はさらに賑やかになった。地元の人はここができる前は山の上に共同露天風呂があったことや、地震の後しばらくの間お湯が濁って入れなかったことなど…温泉にまつわる話を色々聞かせてくれた。こんな話を聞くと浜の湯の愛着も一段と湧いてくる。ほとんどの無料露天風呂は下水道が完備されてないため、石鹸やシャンプーの使用は禁止となっているが、ここはOK。温泉ではお湯に浸かるだけではなく、できれば身体も洗いたい思っている僕とっては願ったり叶ったり。これといった大きな特徴がない露天風呂だが、逆にそんな素朴なところが「浜の湯」のいいところなのかもしれない。波の音が疲れた心を癒してくれる、いい温泉だった。

温泉を出るとそのまま3人で移動、キャンプ場で一緒にテントを張ることにした。夜遅くまでロウソクの明かりでおしゃべり、楽しい夜を過ごした。翌朝はそれぞれがそれぞれの目的地へ向かって出発。ライダー憧れの地は僕たちにどんな思い出をプレゼントしてくれるのだろう。今年の夏も北海道へ向かってたくさんのライダーが旅立って行く。

-DATA-

場所:
北海道亀田郡恵山町
泉質:
含土類-食塩泉
交通:
函館から国道278号で恵山方面へ、恵山町で御崎温泉方面へ右折、道道635号・元村恵山線に入って約10分
駐車場:
あり。5台分位
トイレ:
なし
入浴料:
無料
近くの観光スポット:
恵山ほか

カムイワッカ湯の滝

Jul.24, 2000 大自然に囲まれたダイナミックな天然露天風呂

カムイワッカ湯の滝:イメージ1

北海道の知床半島は日本で最後に残された秘境と言っても過言ではないだろう。21世紀を迎えたいま、半島を一周できる道路が通っていないのは知床半島ぐらいではないか。それだけに目を見張るような大自然がまだたくさん残されている。トレッキング、温泉、キャンピング、フィッシングなど、アウトドアが本格的に楽しめる、大自然豊かな知床半島の真っ只中にある、野性味溢れる温泉「カムイワッカ湯の滝」をご案内しよう。

カムイワッカ湯の滝:イメージ2

アプローチは羅臼とウトロを結ぶ知床横断道路(国道334号)から。国道沿いにある知床自然センターから知床五湖、岩尾別方面へ向かう道道93号へ折れ、しばらくは鼻歌が飛ぶほど快適な舗装路が続くが、知床五湖入口付近からは舌を噛みそうなダートに変わる。車が通る度に土埃がモウモウと舞い上がるので、全身埃まみれになるのは覚悟しておこう。また、道幅が狭く見通しが悪いにも関わらず、シーズンは対向車が多いのでスピードは抑えめに。知床横断道路からカムイワッカ湯の滝入口までおよそ20km、順調に行けば30~40分で到着する。駐車場は完備していないので交通の妨げにならないように路肩に寄せて駐車しよう。滝までは川が流れる岩場を登らなくてはならないので、濡れてもかまわない靴かスポーツサンダルに履き替えることをおすすめする。準備が整ったところで、さあ、滝を目指して出発だ!

カムイワッカ湯の滝:イメージ3

まずは橋の横にある歩道を通って川に出る。滝まで特にルートは明記されていないので、自分で歩きやすそうなところを選びながら川を遡って行こう。途中、滑りやすいところがあるので要注意。川の中をジャブジャブと歩いたり、岩場をズルズルとよじ登ったり、息を弾ませながら20~30分ほど歩くと、目の前に大きな滝壺が現れる。もしやここか…と思い手を浸けてみると「おおおっ熱~い!!」。ついに、超天然の露天風呂、カムイワッカ湯の滝に到着だ。周りをキョロキョロと見回すが、当然のことながら脱衣所などあるわけがない。ここは人の手の加えられていないワイルドな露天風呂温泉というのがウリなのだ。こんな山の中でセコセコしていても仕方がない、豪快に服を脱ぎ捨てて滝壺に飛び込む。「ふ~っ、ゴクラク…」。湧き出した温泉のお湯と川の水が滝壺で絶妙に混ざり合い、適当な温度になっている。私的にはややぬるめな感じがしたが、緑豊かな森林を眺めながら青空の下で入る露天風呂は格別だった。水深が深いため、のんびりと浸かれないのは残念だが、この大自然と開放感は何物にも代え難い大きな魅力だろう。温泉まで道程は少々キツかったが、お湯に浸かった途端に疲れもどこかへ吹き飛んでしまった。

カムイワッカ湯を初めて訪れたのは84年、それから訪れる度に入浴者は増加、今では秘境温泉とは呼べなくなってしまった。シーズンの休日には車が渋滞するほど混雑。また最近はほとんどの人達が水着を着ているため、露天風呂というよりも天然の温泉プールのようになってしまった。この温泉を取り巻く環境はガラリと変わってしまったが、温泉の魅力は16年が過ぎても全く色褪せていない。カムイワッカ湯の滝こそが究極の天然露天風呂だと思うのである。

-DATA-

場所:
北海道斜里郡斜里町
交通:
国道334号の知床自然センターから約30分。ダート11km。冬期閉鎖
知床五湖とカムイワッカ滝の湯の間、7月下旬~8月上旬車輌規制あり
駐車場:
なし
トイレ:
なし
入浴料:
無料
近くの観光スポット:
知床五湖、岩尾別温泉、知床峠、羅臼岳

屈斜路湖湖畔の露天風呂

Jul.23, 2000 屈斜路湖湖畔の露天風呂

北海道は温泉の宝庫。特に道東の屈斜路湖周辺は「湖畔を歩けば温泉に当たる」というくらいバラエティに富んだ温泉がひしめき合っている。温泉好き人間にとってはたまらないエリア。その中でもアウトドアマンにイチオシなのがコタンの湯の露天風呂。それでは極上の露天風呂を案内しよう。

コタンの湯・露天風呂:イメージ1

世界一の透明度を誇る摩周湖をため息混じりに眺めた後、屈斜路湖へ向かってバイクを走らせた。九十九折れの坂道を下り切ると、前方に白い蒸気をモクモクと上げる黄色い岩山が姿を現す。アイヌ語でアトサヌプリと呼ばれる硫黄山だ。硫黄独特の匂いがツーンと鼻を突く。硫黄山を左手に見ながら川湯温泉を抜けると視界が開け、雄大な屈斜路湖が目に飛び込んでくる。霧に包まれ神秘的な雰囲気が漂う摩周湖に比べて、何と大らかで開放的なのだろう。このふたつの湖を見ると、陰と陽、月と太陽、といった言葉が浮かんでくる。屈斜路湖では海水浴やボート遊び、キャンプ等北海道の短い夏を楽しむファミリーや若者で賑わっていた。

コタンの湯・露天風呂:イメージ2

そんな屈斜路湖を眺めながら道道52号・屈斜路摩周湖畔線を南に向かって走っていると、右手にコタン温泉が現れる。川湯温泉街からゆっくり走って20分くらいだろうか。民芸展示場と大きな駐車場が目印になる。駐車場を湖へ向かって歩いて行くと湖畔に造られた小さな露天風呂が見えてくる。湯船の真ん中に仕切の岩があり一応右側が男湯、左側が女湯となっているが、お互い丸見えなので混浴と変わらない。脱衣所で服を脱ぎ捨てると、意気揚々と湯船に向かった。湯に足を浸けると、先客が温度調節をしてくれたのだろうか、ちょうどいい湯加減になっていた。小さなことだが嬉しい。身体を湯に沈めると屈斜路湖が手に取るように近いので、まるで湖に入っているような気がしてくる。湯船と湖の間は2mもないだろう、これほど湖に近い露天風呂も珍しい。6~7人も入れば身動きが取れないほど小さな湯船だが、箱庭的な雰囲気がとても心地いい。シーズンだったせいか入浴客が多く、入れ替わり立ち替わり観光客が見物にやって来るのには閉口したが、それでももう一度来てみたいと思わせる、素晴らしい温泉だった。

この露天風呂は無料で開放しているのだが、管理人はここ数年入浴者のマナーが悪くなったと嘆いていた。砂が付いたまま平気で湯船に入ったり、石を持ってきてお湯の流れをせき止めたり…。最後に犬を連れて入っていた人がいたと聞いたときは、呆れて開いた口が塞がらなかった。公共の場であることを全く理解していないらしい、困ったものだ。これからもルール違反が続くようならば、露天風呂の閉鎖も考えていると言う。何とも悲しい話ではないか、みんなから愛されている露天風呂が、一部の心ない人達のせいで閉鎖されるなんて…。ルールをキチンと守って、露天風呂を楽しみたいものだ。

-DATA-

場所:
北海道川上郡弟子屈町
泉質:
含食塩一重曹泉
交通:
国道243号から道道52号・屈斜路摩周湖湖畔へ折れてすぐ
駐車場:
あり。20台分位
トイレ:
あり
入浴料:
無料
近くの観光スポット:
屈斜路湖、摩周湖、硫黄山、美幌峠

吹上温泉「露天の湯」

Jul.04, 2000 十勝岳にある雲上の露天風呂

吹上温泉「露天の湯」:イメージ1

冬はスキーを始めとするウィンタースポーツ、夏は香り豊かなラベンダー畑やカラフルな美瑛丘陵の散策など、一年中ツーリストで賑わう道央随一の観光スポット富良野。人気TVドラマ「北の国から」のロケ地としても知られる、ここ富良野が今回おすすめの吹上温泉アクセスの起点となる。

門別から日高を経由して旭川まで南北に伸びる国道237号。門別方面から噴煙を上げる十勝岳を右手に望みながら国道237号を北上、富良野市内に入ると北海道屈指の農業地らしい伸びやかな風景が広がる。上富良野町から道道291号・吹上上富良野線へ右折。交通量の少ない緩やかな上り坂を十勝岳温泉方面へ向かって15分ほど走ると、白金温泉・美瑛方面は左折という標識が現れる。ここまで来れば目的地はもう目と鼻の先。左折してから5分も経たずに吹上温泉「露天の湯」の駐車場に到着する。駐車場と言っても草が生えていないだけの空き地、スピードを出していると見逃してしまうので注意しよう。ここに車やバイクを止め徒歩で温泉へ向かうのだが、この駐車場は盗難が多いと聞いているのでドアロックは忘れないように。ライダーも手荷物は温泉まで持って行った方がいいだろう。

木々に囲まれた狭い歩道を5分ほど歩くと、山の斜面に岩をくり抜いて作られた湯船が現れる。一度に10人以上が入れそうな大きな湯船がひとつ、少し離れた高台に5人位が入れる湯船がひとつ。ユラユラと気持ちよさそうな湯気がおいでおいでと手招いている。人気のある露天風呂なのでいつ行っても混んでいると聞いていたが、僕が行ったときには運良く先客は5、6人いるだけだった。こんなところに来てまで、ギュウギュウ詰めの満員電車は御免だと思っていたので、ひと安心。空を見上げると標高1000m以上もあるせいか、空が近く感じる。正に「雲上の温泉」といった雰囲気である。山中にある露天風呂の割にはゴミも少なく、清潔に保たれていた。

吹上温泉「露天の湯」:イメージ2

お湯に体を沈めていると珍しく水着の若い女性が目に留まった。隣の男性と親しそうに話をしているのでカップルなのだろう。こんなに素晴らしいシチュエーションの露天風呂に彼女と一緒に入れるとは羨ましいなぁ…と思って声をかけてみたが、どうやらそうでもないらしい。他の男は全員スッポンポン。年寄りは前も隠さずに辺りをブラブラ?と移動するので、目のやり場に困ってしまうというのだ。確かに一方だけが水着を着ていると何だかおかしな感じだよな。最近は女性も混浴を積極的に楽しむようになってきたが、まだまだ問題は多いようだ。さすがに全裸では入れないからな。この問題は難しいがここはいっそのこと浴場ごとに男女共に水着着用、水着入浴は不可とキッチリと決めて明記した方がいいのではないか。そうすればお互いが気兼ねなく入れると思うのだが…どうだろう。

吹上温泉は近くに十勝岳温泉、白金温泉等もあるので温泉のハシゴも楽しめる。少し足を伸ばせば旭川で本場の旭川ラーメンを味わうこともできる。富良野周辺は美瑛、羽衣の滝、麓郷等…風光明媚なところが多い上に、快適に過ごせる無料のキャンプ場がいくつもあるので、お金はないが時間だけはたっぷりある、という人には特におすすめ。

-DATA-

場所:
北海道空知郡上富良野町
泉質:
酸性緑ばん泉
交通:
国道237号から上富良野駅の南を走る道道291号・吹上上富良野線へ折れ、十勝岳温泉に向かって15分ほど走ると白金温泉方面との分岐点に出る。そこを左折して5分。または、国道237号の美瑛町扇町の信号を東に折れ、道道966号・十勝岳温泉美瑛線を白金温泉に向かって30分。
駐車場:
10台位
トイレ:
なし
入浴料:
無料
近くの観光スポット:
富良野のラベンダー畑(見頃は7月中旬)、美瑛の丘陵、麓郷の森(北の国からのロケ地)、羽衣の滝等

ページのトップに戻る