温泉レポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« えびの市営露天風呂温泉レポート:トップページ吹上温泉「露天の湯」 »

別府鍋山温泉

Jun.22, 2000 ススキの中で、硫黄臭の中で

露天風呂の良さはその開放感にあるのではないか。温泉旅館に行っても、露天があれば露天の湯船にしか入らないという人は多い。雨が降っていても絶対露天でという人もいる。青空や星、雪景色を眺めながらの温泉はすこぶる気持ちいい。開放感というけれど、その実、開放、解放されているのは自分の頭の中だと気付く。

別府鍋山温泉:イメージ1

その朝僕は、徹夜で夜の国道をひた走り宮崎から大分までやってきていた。眠い。四国へ渡るフェリーの時間までまだかなりある。そこで別府の秘湯「鍋山温泉」にぜひとも行ってみようということになった。時間は朝の7時過ぎ。日帰り温泉には早い時間だが大丈夫。管理する人もいないワイルドな24時間OK の温泉。別府市の市内から湯布院方面へ抜ける国道500号を進む。「やまなみハイウェイこっち」の案内のある方だ。やがて明礬温泉街に入り、「泥湯」で有名な「別府保養ランド」なども見られる。明礬バス停を過ぎた所を山側に左折。道はかなり細くなり、そのうちダートになってくるが気にせず直進。ただし、普通車はスピードを落として進まないと腹を擦ったりするかも。

別府鍋山温泉:イメージ2

ダート終点はその気になれば10台ぐらい停めれそうな回転場兼駐車場。後から来た人に塞がれない様、回転しておいて、入り口に向けて入り口よりに停めておいた方が自分の為、皆の為。軽い朝食を済ませ、タオルだけ持って身軽なスタイルでGO!ゲートがあり、ここからは車の進入できないダートというか山道というか沢を10分程度登って行く。入り口には「鍋山湯源郷」の門柱が。

道はしだいに険しくなるが、視界が開けてきて気持ちいい。粗大ゴミが多少気になるが、伽藍岳(硫黄山)が前方に見えてきて、その黄色い岩肌と周囲の硫黄の匂いに期待が高まる。どうもあそこが温泉だなという方向に歩いていくと、岩の下の小さい祠の下に、「ここで温泉玉子作るべし」といったような噴気孔がある。玉子持参すると楽しみが増えますね。

別府鍋山温泉:イメージ3

で、その奥がいよいよ温泉!湯船は2つで上下二段。上の湯船に冷たい水と、源泉から噴きたての湯をパイプで引いて自分で調節する仕組み。さて入ろうと手をつけてみると「水!」。恐らく、前回入った人が、来た時「熱湯」だったので、水を引いて湯を入れないようにして調節し、「極楽、極楽・・・」と入ってそのまま帰ってしまったのだろう。逆の場合は「熱湯」になっているのだ。というわけで、しばらく熱湯(というほど熱くない)を入れっぱなしにして、かつ湯船の水を洗面器(有志備え付け)で掻き出して、調節開始。多少こけっぽいゴミも舞いあがるが気にしない。今回、帰る際には「ちょうどいいお湯」になる組み合わせでパイプを調節しておいた。次に来た人はすぐ入れただろう。皆さんもぜひその配慮を。

やがてちょうどいい温度になり湯に浸かる。更衣室はもちろんない。周囲は硫黄臭が立ち込めているが、湯自体は無臭のようだ。しかも透明。ただ、沸いている源泉部分は地獄への入り口のように硫黄まみれ。ちょっと近づいただけで咳き込んでしまう。湯船の中はまさに極楽。遠く別府の市内、別府湾も眺められる。夜は間違いなく夜景と星空が素晴らしいだろう。周りではセミが鳴いている。朝の8時、眠気はなくなっていた。

-DATA-

場所:
大分県別府市明礬温泉奥
料金:
無料
時間:
24時間OK
湯船:
露天(2)
泉質:
硫化水素泉
交通:
JR日豊本線別府駅下車亀の井バス明礬温泉下車徒歩30分
駐車場:
ダート終点が回転場兼駐車場(温泉までのダートは歩きましょう)
トイレ:
なし
連絡先:
特になし(スギノイパレスが管理しているらしい)

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る